« イライラの大敵その2:時間のなさ | トップページ | 最後のお弁当、いつもとおんなじ・・・。 »

2006年3月11日 (土)

イライラ対策? ちょっとやってみよー♪


前回、前々回と、イライラの大敵を「疲れ」「時間のなさ」だと勝手に決めて(笑)

記事を書きました。今日はその発展版……てとこかな。





『今日から怒らないママになれる本! 子育てがハッピーになる魔法のコーチング』(学陽書房)を読んでいて、

オッと思った箇所がありました。

著者とコーチ下向き矢印のやりとりで、「子どもがダダをこねたとき、どんな会話をしたか」

という話になったんです。

そうしたら著者は、自分のイライラやウンザリした気持ちははっきり覚えているのに、

自分子やどもが何を言ったかほとんど思い出せないと言うんです。

それで、自分の感情に巻き込まれて、子どもの言うことをまともに

聞いていなかったのだと知ったそうです。




私もハッとしましたショック。そういえば子どもを怒るときって、ほとんど怒鳴り調子だし、

子どもが一応理由らしきことをボソボソ言うときも「そんな言い方じゃ聞こえない!!」

とよけい子どもを怖がらせてしまって、結局はまともに何も言わせず従わせています。




著者は、このコーチに出会って「客観的な視点」で子どもの駄々コネを見られるようになりました。

コーチに子どもの駄々の様子を報告するという課題があったので、

駄々が始まると「お、来た来た」と思うようになったそうです。





なんかこれ、私がずーーーっと前にシリーズで書いた「今日のイライラ」に似ています

(良かったら日記のカテゴリをクリックしてねダブルハート)。

私も、自分のイライラをどう対処して子どもがどう反応したかをブログに書くと宣言し、

しばらくやってみたことがありました。

最初は効き目があってよかったです。

「おっ、愛情表現使えそうどきどきハート。どうやってやろうかな」って感じで。

だんだんマンネリ化しちゃって今はやってませんが。





すみません、話がそれましたが、

ポイントは「客観的な視点」

つまりイライラしたときに「距離を置いて子どもを見る」ということにあるようです。





今度子どもが悪さをしたり言うことを聞かなかったりしたときは、

「子どもはどんな理由があってそうするのか」を

会話の中でちゃんと聞き出してみるのがよさそうです。

口を開くと絶対怒鳴りそうなくらいイラついてしまっていたら、せめて、

子どもがどんな表情をしているか、まじまじと見るだけでも少しは距離を置けるかもしれません。

単に「怖そう」だけでなく、目の様子、眉や口の形など、それこそ子ども肖像画を描くつもりで。





とにかく、自分のイライラを爆発させないためにできそうなことは、何でもやってみるつもりです♪

(イライラしたり怒ったりする炎のは人間なら当たり前なので

それはそれでよいのだと思います。問題は、それをどう処理するか、ですよね。)





上向き矢印コーチ:子育てでいえば、愚痴を聞いてくれたり、親子に良い子育てができるよう導いてくれたりする人のようです。助言を与える先生とかよりは、聞き手に回っていろんな子育て方法を親が自ら考え出せるように手助けしてくれる感じ・・・かな。読書後の私の勝手な定義ですが。




雫雫ブログランキング・にほんブログ村へ雫雫

1クリックお願いします雫
 






« イライラの大敵その2:時間のなさ | トップページ | 最後のお弁当、いつもとおんなじ・・・。 »

今日のイライラ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: イライラしたり怒ったりするのは人間なら当たり前
SECRET: 0
PASS:

お子様に怒ったりするのは、育児に責任を持っているからだと思いますよ。ですから、それほど自己嫌悪したりすることもないのでは?おじいちゃん・おばあちゃんが孫のことを「可愛い」としか思わないのは、子育てに直接の責任がないからですよね?

TITLE: なかなか・・難しい
SECRET: 0
PASS:

私もイライラすることがあります。
それは、まままりもさんが書かれていたように
“とっても疲れている”時が多いです。

でも私の場合、子どもとふたりの時より、ダンナがいる時の方がイライラしてしまうかも。
1対1の時は穏便に済ませられるのに。

ダンナがいるから子どものフォローは任せられると、思ってしまうんでしょうね。内心では・・A(^ ^;)

全く怒らないのは無理だけれど、それ以上に楽しい時間を作れるよう、私も心がけたいです。

TITLE: Re:イライラしたり怒ったりするのは人間なら当たり前(03/11)
SECRET: 0
PASS:

j.elegansさん
>お子様に怒ったりするのは、育児に責任を持っているからだと思いますよ。ですから、それほど自己嫌悪したりすることもないのでは?

ありがとうございます。おっしゃるとおり、きっと無意識に責任を感じているのだと思います。立ち直れないほど自己嫌悪が強すぎたり長引いたりするのは良くないですが、ときどき落ち込んで反省して改善しようと努力する、というサイクルは必要だと思っています。よく「お母さんはがんばってるんだから、それでいいんだよ」みたいな話を聞きますが、それにかこつけて感情に走り過ぎないように心がけたいです。はぁ、子育てって…大変です。

TITLE: Re:なかなか・・難しい(03/11)
SECRET: 0
PASS:

かいとまとさん

>でも私の場合、子どもとふたりの時より、ダンナがいる時の方がイライラしてしまうかも。
>1対1の時は穏便に済ませられるのに。

分かる気がします(笑)。私の場合、疲れて帰ってきている旦那の機嫌が気になって、旦那の帰宅後は子どもによけい口うるさくなります、「おもちゃを片付けろ」「さっさと歯磨きしなさい」って。そう、それに旦那が子どもの相手をしてもらえると期待していたのが外れたとき、旦那に直接言えばいいのに怒らせたくなくて、子どもに「もうさっさと寝なさい」なんていっちゃったりします。わが子よ、ごめん!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33354800

この記事へのトラックバック一覧です: イライラ対策? ちょっとやってみよー♪:

« イライラの大敵その2:時間のなさ | トップページ | 最後のお弁当、いつもとおんなじ・・・。 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ