« 「なんだッその言い草は!」と言いたいとこだけど…… | トップページ | 大爆発しない方法あったら教えて〜〜(泣) »

2006年9月19日 (火)

子どもの怖い「怒っている」の顔……

夕食後、小1の息子がオットとオセロゲームをして、負けました。

2回やって、2回とも。

息子にとって、どんなゲームでも勝つことがいちばん大切なことのようです。

相手がどんなに年上であろうと、どんなに強かろうと、

「ぼくが勝つ」ことが絶対必要なこと……のように見えます。

だからほぼ毎回、悔し泣きしてます涙ぽろり



今夜も……と思ったら、なんとか泣かずにこらえていました。

私の顔を見て泣きそうになったので、すかさず私は

「だってさ〜、お父さんとゆうくんさ、年がどのくらい違うと思ってんのよ〜〜スマイル

と、励ますつもりで言いました。



すると




息子の顔が急に曇り、うつむいてすごい形相で私をにらみました。

目の下半分が白目になるくらい、鋭い視線だけ私に向けています。

こんな表情、小学校に入ってから出るようになったのですが、

まさしく「ふつふつと心の底で怒っている」の顔に見えます。

今までの幼い怒りの顔とは全然違う。

この怒りが心の中に積もり積もって、思春期を迎えたら……

と思うとぞっとするような、そんな表情。




このとき、息子のそんな顔を見て、私はすぐに、やばっ!と思いました。

かける言葉が間違っていたようです。

励ますより先に、悔しい気持ちを認めてやらなければいけなかったのです。

もちろん、年の差を言ったところで小1の息子にはその意味が理解できないだろうし、

そもそも上のセリフは、息子には励ましには聞こえなかったのかもしれません。




でも、とにかく先に

「負けて悔しいね。ゆうくんは勝ちたかったんだもんね」と

言ってやるべきでした。

それに気づいたとき、すぐに悔しいねと言い、

「早くお父さんみたいに強くなりたいね、なれたらいいね」と言ってみました。



すると息子のあの険しい表情は消え、気がゆるんで涙がポロリ涙ぽろり

それからもしばらくは悲しげでしたが、ま、今夜寝れば大丈夫でしょう。






それにしてもあの怒りの顔。

自分の言動を振り返るきっかけとなるあの表情。

子どもの機嫌を取る必要はまったくないけれど、

子どもの気持ちはあなどれません。

何につけても「たかが」とは思わないようにしなくちゃ。










« 「なんだッその言い草は!」と言いたいとこだけど…… | トップページ | 大爆発しない方法あったら教えて〜〜(泣) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:子どもの怖い「怒っている」の顔……(09/19)
SECRET: 0
PASS:

おはようございます。

お子さん、繊細なのですね。

うちの子は、じぃじと将棋をして負けますが、
『じぃじみたいにいっぱい練習しないと、勝てないよ!』
というと、
『あ、そうか!』
と答えます。

最初の頃は、負けることがものすごくいやだったようですが、練習いっぱいしないと!
の一言で、負けても『しょうがないか、じぃじのほうが練習してるから』と言うようになりました。

この手のゲームは、集中力が必要ですね。それから、継続は力なり ですよね。

TITLE: Re[1]:子どもの怖い「怒っている」の顔……(09/19)
SECRET: 0
PASS:

Barbeeさん

リンクとコメントをありがとうございます(*^_^*)
うちの子は人一倍負けん気が強いようです。
これは幼稚園のときからだったのですが、
成長するにしたがって勝ち負けの意識がよけい強くなってきたようです。
本当は「一生懸命やることが偉いんだよ」と分からせてやりたいのですが、そういう理屈はまだ通じそうにありません(^_^;)
負けん気の強さを、粘り強くがんばるエネルギーに変えてやれるよう、見守っていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33354595

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの怖い「怒っている」の顔……:

« 「なんだッその言い草は!」と言いたいとこだけど…… | トップページ | 大爆発しない方法あったら教えて〜〜(泣) »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ