« 子ども英語:単語が読めるよ! | トップページ | 授業参観: 作文に差が出てきた… »

2007年5月26日 (土)

テキストの使用法は3通り

 

この前の日記で単語テストのことを書きましたが

ついでにもう一つ。

うちではリスニングテキストを、時間をあけて

下記のようなステップで繰り返し使っています。

教材はマクミランのスプリングボードという、

うす〜い絵本のシリーズ。

16レベルに分かれていて各レベル8冊で構成されています。

(↓Level1 "Where is Sam?" より)

テキスト1.JPGテキスト2.JPG

 

Step1.大量に家で聞いてくる。(ターゲット:英語耳をつくる)

1冊を3週間続けて聞く。宿題で内容に合ったプリントを毎回出す。

 

Step2.暗唱する。(ターゲット:発話を促す)

家で暗唱の練習をしてきて、レッスンでは絵をヒントに暗唱発表。

 

Step3.単語カードを並び替えて本文を作る。(ターゲット:単語を認識する)

私の読み上げる本文のとおりに単語カードを並べる。ペアで対抗。

文字カード.JPG

 

これを1冊ごとにやるのではなく、1レベルごとにやるんです。

まずStep1をレベル1のすべての絵本でやる。

8冊のインプットが終わったら、また最初の絵本にもどってStep2の暗唱をやる。

最初の本はだいたい半年前に聞いているので

久しぶりの教材に子どもたちの反応はなかなか良いです。

 

レベル1の8冊すべてで暗唱ができたら、次は同じテキストでStep3をやります。

これまたしばらくぶりに最初のテキストが出てくるので

子どもたちも楽しめます。もう暗記もできているし。

 

子どもたちが難なくこなせているようなら、

レベル2のテキストでStep1を同時進行。

そんな感じで進めていて、今2年生のクラスではレベル3の5冊目の

インプットと、レベル1の単語並べ替えをやっています。

暗唱はレベル2を終了してからはお休み中。

 

レベル3は結構難しいうえ、大量インプットも以前ほどできていないので

いかにたくさん聞かせるかが課題です......。

これは家での取り組みなので、お母さんの環境作りにかかってるのよね。

つまりは......難しい。

家庭によって優先順位が違うからね......。

 

ちなみに宿題のプリントや単語カードは自作です。

手間はかかりますが、子どもたちの反応が良かったら

「よっしゃぁ!」と内心ガッツポーズが出ます(*^_^*)

 

 

 

 

 

 




« 子ども英語:単語が読めるよ! | トップページ | 授業参観: 作文に差が出てきた… »

子ども英語」カテゴリの記事

コメント

TITLE: なるほど。
SECRET: 0
PASS:

中1の息子の英語の勉強法に取り入れてみようかな。
と言っても、自分の余裕のあるときしか出来ないのですが・・・

TITLE: fluency fun
SECRET: 0
PASS:

と言う取り組みがあります。知ってる単語で、始まりが一緒か、最後が似ている単語を、3−5個ずつ15個ぐらいを1分以内に言いましょう、というもの。ゲームのように取り組めます。

サイトワードリスト、ウォールワードのとりくみ
アメリカの子ども達でも、読むためにはいろいろしてるんだなーと最近思っています。

カードがあるなら15枚ぐらいのの速読みなども試してみてください。

ところで、ドンドン進んでくると、やっぱりおうちでの取り組み、または、性格で差が出てきてしまいますね。みんなができるようにしてあげるってのはほんとに難しいしいことですね。こつこつ楽しませながらやるって結構大変ですね。(見た目よりズーっと手間がかかるもんですよね)

お仕事、PTA,英語の会、児童英語のクラス、どうやって時間を作っているの仮、不思議です。

聞きとりプリント、いただきます。今度サークルでやってみます。(幼児から4年生混合レベルはもっと低いですけどね。)

TITLE: Re:なるほど。(05/26)
SECRET: 0
PASS:

pikurusu2225さん

テキストをそれぞれに購入してもらっていて、
聞き流しの確認だけじゃもったいないな〜と思っているうちにこんなふうになりました。
たくさん聞いていれば、あとの2ステップは
やりやすいし、子どもも楽しいと思います(*^_^*)
中学生にも内容を中学生らしくしたら
使えるかもしれません♪
うまくいったら教えてください\(^o^)

TITLE: Re:fluency fun(05/26)
SECRET: 0
PASS:

まるママ(ばーぶー)さん

fluency funというの、ググッたら結構
情報がありました。
まだしっかり見ていないのですがいつか読んでみたいと思います。
私も、ネイティブの子も、文字を読むために勉強するんだなと改めて思いました。
まぁ日本人だってひらがなから勉強するから
当たり前と言えばそうなのですけどね……。

時間ですか?
足りません〜〜!
でも家事をこれ以上手抜きしたら生活できなくなっちゃうかも!?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33355067

この記事へのトラックバック一覧です: テキストの使用法は3通り:

« 子ども英語:単語が読めるよ! | トップページ | 授業参観: 作文に差が出てきた… »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ