« 久しぶりに和訳してます | トップページ | PTA会長になって2ヶ月 »

2007年6月16日 (土)

和訳にチェック。く、くるしかった…

 

昨日やっと仕事が終わりました。

全部で7ページの英文を和訳するのですが、

私の担当は2ページ分で、あとの5ページは

別の人が訳したものを私がチェックするという仕事でした。

 

以前にも2回ほど担当させていただいたクライアントさんなので

予備知識は少しあります。2ページくらいスッとできるだろうと思ったら......

字は小さくて多いうえ、一文がなが〜くて、抽象的な単語がいっぱい。

この単語の意味はどれだろう? 辞書を見てもいっぱいあって、

解釈によってはどれも使えそう......

企業のHPとにらめっこしながら

あーでもない、こーでもないと読み解いていくのですが

む・ず・か・し・い〜〜 ToT

 

ここしばらくはパワーポイントの短文の英訳関係が多かったので、

今回の英文を精読してなんか久しぶりに「勉強した!」って感じです(笑)

 

和訳の後は、別の人の翻訳原稿のチェックですが、

チェックするときってなんだか緊張します。

和訳を一通り読んで「ん?よく分からん」と思ったとき、

それは訳がまずいからなのか、それとも

私の背景知識が不足しているからなのか、のどちらかです。

 

前者なら添削するのにものすごい時間と労力がかかりますし、

後者なら私がヘンな添削して「改悪」原稿を作ってしまいます。

 

今回は......良さそうな感じです。

分かりやすい文は、とてもこなれていました。

でも、分かりにくい文は何度読んでも???でした。

分かりにくいところをチェックするのですが、

チェックするほうとしても、

「絶対私の解釈のほうが正しい!!」と断言する自信はありませんし、

ほかの部分がとてもよくできている原稿ならなおさら、

「本当に訂正していいのかしら。私が誤解してるのかも」

という不安はいつもあります。

 

特に今回の仕事では、私は以前の経験から

「ですます」調で仕上げたのですが、

チェック原稿は「である」調で訳されていました。

「〜である」と言い切られると、

なんだか正しいことを言われてるような気がして

チェックを入れるのも勇気がいります。

まぁ印象の問題なので、しっかりと原文とつき合わせて

判断しているつもりですが。

 

そんなこんなで何とか締め切りまでに和訳とチェックを終え、

無事納品を済ませました。ほっ。

 

4月にPTAにかかわってから園に残っていたり

研修に出かけたりなどで

「どうしても仕事ができない時間帯」が急に増えたので

以前は余裕を持ってできた仕事量でも

今はかなりきついです。

うまく調整していかなくちゃ。

 

 




« 久しぶりに和訳してます | トップページ | PTA会長になって2ヶ月 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33355093

この記事へのトラックバック一覧です: 和訳にチェック。く、くるしかった…:

« 久しぶりに和訳してます | トップページ | PTA会長になって2ヶ月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ