« だって仕事に没頭してたんだもん! | トップページ | 木曜までガマンできるかな »

2007年8月31日 (金)

どんな人が訳したんだろう……

 

ここ数日、英訳チェックのお仕事中です。

夕べ、この仕事が落ち着いたらブログの更新するぞ!と頑張っていたのに、

夜中12時過ぎにやっとブログだ〜♪と思ったら

楽天ブログは緊急メンテナンス中(-_-;)

ガックリ。

 

ま、ぼやきは置いといて......。

最近、翻訳より英訳チェックの仕事が多く、しかも

よくできた英訳が多かったので多少、量が多くても作業は比較的ラクでした。

さらりと読める英訳を見ると、ネイティブの人が書いたのかな〜なんて思います。

 

一応、お仕事として英訳チェックをさせていただいているので

自分の英語力にはそれなりに自信を持っているつもりですが、

未経験分野の原稿が来たとき、その自信はちぃーさーくなってしまいます。

だってね、難しい日本語が英語になっているのを見たとき、

その分野の英文や用語を知っていないと、「ふ〜ん、こんなふうに表現するのか」と

スルーしてしまいそうになるからです。

ちょっとニュアンスが違うかもと思っても、

それは私の知識不足のせいかもしれないので、

すぐにチェックを入れにくいのです。

もちろん知識不足を補うべく、日本語英語ともに

あれこれ検索をかけて念入りに調べはするのですが......。

それに、日本語ってあいまいなところがあるから

そこをクリアに訳出するのも結構勇気がいります。

 

今回の英訳は、インターネットセキュリティという、まさに未経験分野。

(経験分野が子育てと英語教育くらいしかないのだから、ほとんどが未経験!)

最初は「ふ〜ん、こういう日本語がこういう英語になるのは、

この分野ではよくあるのかもしれない」と思いながら

明らかな誤訳や訳抜けを中心に訂正を入れました。

 

でも後半に入ったころ、単純ミスが目立つようになりました。

コロンやコンマの使い方、単純否定なのに二重に否定語が入っていたり、

元原稿の日本語を読まないと英文の意味がつかめなかったり。

 

あれ、もしやこれはかなり要チェックな原稿??

なんか、後半にずいぶんチェック入れたい箇所があるけれど、

ひょっとしたら英訳者の人、時間切れであまり見直しができなかった......?

 

不要な憶測と知りつつも、見知らぬ英訳者の人が

「あぁ〜〜〜っ、もう時間がない!

推敲が十分できなかったけどしかたない、送信だ〜〜!」

と、目にクマを作ってパニくっている様子を勝手に想像し、

親近感を抱いてしまいました。

 

いや、そんな憶測はどうでもよいのだけど、

いつも惚れ惚れするような英訳でラクしてきた分、

今回のチェックはちょっと骨が折れました。

英語の質もそうですが、背景知識の調べ物がかなりありました。

でもそのおかげで訳者さんの誤解している点が分かって

分かりやすく書き直せた(と思う)時は、ガッツポーズがでましたよ♪

 

 




« だって仕事に没頭してたんだもん! | トップページ | 木曜までガマンできるかな »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

TITLE: お仕事としてのの英語
SECRET: 0
PASS:

大変そうだけど楽しそうですね。

いまの生活で自分の英語の勉強ってやろうと思っても難しいです。
違う分野の英語にお仕事で触れて、お金ももらえて、勉強できてって理想的に見えます。

そこまでの勉強が大変なんでしょうが、ため息が出るほどうらやましいです。

TITLE: Re:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

むか〜しコンサルティングファームにいた時に、翻訳さんにプレゼン資料の翻訳を頼むと、仕上がってきた時に、「あぁ〜こりゃ〜ずいぶん苦労したんだろうな・・・」と思った事が少なくありませんでした。専門用語の多い世界で、おそらく調べるのも大変だっただろうな…と今になって思います。その世界に生きる者にとっては、「あれぇ〜これ違うよ!」の一言ですが、翻訳さんって、何もかも知ってるわけではありませんものね…翻訳の勉強をしている今、自分の無知さをいつも不甲斐なく思っています…

まままりもさんは、英訳もされるんですものね…すごい!!私は、和訳しかできなそう…それじゃ、仕事もないですよね…

TITLE: Re:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

私は今和訳の仕事をしていますが、なんとテーマが地球温暖化。しかも内容がかなり高度で、気象学、気候学、地質学、化学、統計学、果ては経済学、政治学にまで話が及んでいて、正直言って引き受けるんじゃなかったと後悔・・・(汗 私もまままりもさん同様、ほとんどの分野が未経験なので、かなり苦労しています^^;「原文が非常に科学的なのに訳文がこんな稚拙でいいのか」と思うこともありますが、無知なりに全力でやるしかないんですよね。
でも、調べ物をしていて、新しい知識に出会うのは楽しくもあります。「これで次回はマシな文章が書けるぞ」と思っていると、同じような分野の仕事って来ないんですけどね(苦笑
ところで、私は少なくとも1回、やるときは3-4回くらいは見直ししますけどねぇ。単純ミスも2-3ヶ所ならまだしも、「あとはチェッカーさんにまかせちゃえ」とかいう甘えがあるのかな?頼み込んで納期を半日くらいずらしてもらってでも単純ミスくらいは直してから納品すべきだと思うんですけど。(口調だけはプロ)

TITLE: Re:お仕事としてのの英語(08/31)
SECRET: 0
PASS:

まるママ5725さん

そうですね……好きなことを仕事にして、少ないながらも収入があるというのはとても幸せなことだと思います。

短大時代、ちょっと英語が得意だからと天狗になっていたけれど、アメリカに行って性根からたたきなおされました。苦しかったけれどあれはあれでよかったと思います。

TITLE: Re[1]:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

aloha520さん

>翻訳さんって、何もかも知ってるわけではありませんものね…

そう!そうなんですよ〜ToT だから必死で調べまくっているのですが、依頼する側から見ればそれは「あったり前ジャン」ですもんね。
それでもうまく情報にたどり着けなくて困ることが多々あるのですが…
専門分野がないというのは本当に心細いです。

英訳は、本当にたま〜〜〜にしかしません。
今は英訳チェックがほとんどです。

和訳だけだからお仕事がないってことは絶対ないと思いますよ。お互い頑張りましょうね!

TITLE: Re[1]:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

texmamaさん

どわっ、地球温暖化とは、またおーーきなテーマですね。大変そう…。

原文がとても知的だったり、格調高かったりすると、私も訳すときにとても迷います。(迷っても、大して格調高い訳文にはならないのだけどーーーToT)

>単純ミスくらいは直してから納品すべきだと思うんですけど
-----
そうですよね。ときどき、チェックしていて本当に腹が立ってくることがあります。でも逆に考えると、この程度で翻訳者やってられるのかー、と正直ちょっと安心したり。いずれにせよ、人の訳文で気づいたことは自分の翻訳でも気をつけなければ、と思います。

TITLE: Re:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

いつも思うんだけど本当に大変なお仕事ですね〜
まままりもさんはお好きでやってるから苦労も苦労と思わないみたいなところがあるのだろうと思います。
でも読んでて私、自分だったらと思うとそれだけであっぷあっぷしちゃいます(笑)

はぁ〜ゆっくり休んでくださいね〜♪

TITLE: 翻訳家さんだって、なのね。マサミです。
SECRET: 0
PASS:

日記にやっとたどり着き、読んでみると、『おおおぉぉ!』

実は外資系の企業に勤める夫の会社は当然全て英語。

今ダンナも夏休みの宿題を抱え、私は大きいのと小さいのの宿題に終われる夏でした。

貿易関係で、アジアの中での日本の経済と物流の動きに関するレポート。これを英語で書けと。プレゼンテーションしろよと。『経済?』『物流?』とパニックになっている私でしたが、翻訳家の方でも『念入りな下調べ』をしないと、やはり専門分野の翻訳は簡単ではないのだな。と妙に納得してしまいました。

私ごときの英語力ではどれだけも助けにならないのが事実ですが、あと一週間でレポート提出の期限が来てしまうので、がんばりまーす。

TITLE: Re[1]:どんな人が訳したんだろう……(08/31)
SECRET: 0
PASS:

ないる2596さん

>まままりもさんはお好きでやってるから苦労も苦労と思わないみたいなところがあるのだろうと思います。

そうですね〜、好きなことをやっているのであまり辛いとは思いませんが、思うようにはかどらないときは
締め切りに間に合うのか、と、真剣に怖くなります。そういう経験をするたび、やっぱりこの道はやめとけばよかった、と思わないでもないのですが、
のどもとすぎれば…で、「もうやめよう」という気持ちは結局長続きしません。

TITLE: Re:翻訳家さんだって、なのね。マサミです。(08/31)
SECRET: 0
PASS:

サークルタイムさん

BBSにもコメントをいただきまして、ありがとうございます\(^o^)/

私も、翻訳を目指していたころは、「プロの翻訳家ならチョチョイのチョイで訳せるんだろうなぁ」なんて思っていました。
でも、とーーーんでもない、あーだこーだ調べて練りまくってそれでも不安が消えないまま納品、ということもあります。
だんだん経験をつんで図太くはなってきましたが^^;

ご主人のレポートのお手伝い、がんばってくださいね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33357528

この記事へのトラックバック一覧です: どんな人が訳したんだろう……:

« だって仕事に没頭してたんだもん! | トップページ | 木曜までガマンできるかな »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ