« 前置詞のアクティビティ、どぉ? | トップページ | 初めての読書感想文(^_^;) »

2007年8月 3日 (金)

留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい

留学時代、とてつもなく大きな英語の壁を感じたのはもちろんですが、

それ以上に「論理的に考えを組み立てる」ということに苦労しました。

授業のディスカッションはもちろん、

ペーパーと呼ばれる論文のようなものでも

「自分の意見」の「論理的な展開」が常に求められ、

あちこちの情報をかき集めてまとめたものだと、

あなたの意見はどうなの?と、即書き直しを命じられました。

どうなの?と聞かれても......

なんとなく良いとか、なんとなく悪い、くらいにしか思えない。

理由を聞かれても困る......。

日本では、暗記はたくさんやったけど、

論理的に突き詰めて考える練習なんて

ほとんどやったことがないんだもん。

大学の勉強です、こんないい加減なことで通用するわけはありません。

何度も書き直しをしているうちに、少しずつ、

確固たる理由を見つけてそれをなんとか論理的っぽくまとめる術を

体で覚えていきました(と思います)

そんな日々からもう15年以上経っていますが、

今でもそのとき身につけた術のありがたみをひしひしと感じています。

勉強だけでなく生活や人間関係にも応用できて便利だし、

視野が広がるように思います。

わが子には、そうやって学んだことを家庭で伝えていきたいです。

「論理的に突き詰めて考える」という視点で子どもの教材を見ますと、

なるほどよくできていますね。

特にチャレンジ2年生の算数などは、

論理的な解き方を、段階を経て学べるように説明されています。

(そもそも算数って論理的思考を学ぶ教科ですものね)

でもせっかくのその説明を、息子はただ受身的に読み流し、

数字が出てきたら「あわせて」「違いは」などのキーワードだけで

足し算か引き算かを決め、式を立てています。

それで間違ったり行き詰ったりすると私にヘルプを求めるので、教えてやるのですが、

最近、私の説明過剰で答えへと導きすぎてしまっているような気がします。

もちろん、あくまで説明ですので、よほどでない限り答えは言いません。

でも答えと同じくらい(むしろ答えより)大事なのは、「答えを出すまでの考え方」です。

これを、私の説明をヒントにしながら、

息子自身で試行錯誤して発見してほしいものです。

問題が難しいとすぐ不機嫌になる息子を相手に冷静にヒントを出すのは、

これまた難しいことです。

でも、せっかく留学で得た術を息子に伝授するためにも、

気長に付き合ってやりたいと思います。

(昨日と今朝、チャレンジの算数をしながら母子で大バトルしたので

自戒の念を込めてアップしました^^;)

« 前置詞のアクティビティ、どぉ? | トップページ | 初めての読書感想文(^_^;) »

教育(英語以外)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

そうそう…言葉の壁っていうより、内面的な部分なんですよね…私も苦労しました。さほど、内向的な性格ではなかったのですが、自分の意見を真っ向から対決させるなんて…もってのほかでしたからね…日本の学生時代は。いつか、私も伝えていきたいな…でも…まままりもさんは、考えた事ありませんか?もし、我が子が「単身、アメリカ留学したい」って言ったとき、自分は「行って来い!」って背中を押してやれるかな…って。怖いですよね…

TITLE: Re:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

「問題が難しいと不機嫌になる」息子さんの気持ち、わかりますよ〜。うちの子もそうだし、私も、翻訳の壁にぶち当たるとイライラしますからね。根気よく息子さんの勉強を見てあげてくださいね(自戒も込めて・・・)

私は、高校時代に留学して、大学は日本でのほほんと勉強して卒業したので、「論理的に考える術」は最近まで学びませんでした。論文も、自分の意見より参考文献からの抜粋のほうが多かったような・・・(^^;)日本にいたときは「なんとなくいい/悪い」「別にどっちでも」と思ってましたが、こっちに来てから、いろいろな問題に対して意見を持つようになった気がします。お国柄の違いなのか、単に年を取っただけなのかはわかりませんが・・・ そういえば、日本の学校ではディベート術は教えませんものね。これからはそういう技術も必要かも。

TITLE: 追記
SECRET: 0
PASS:

アメリカに住んでる者の意見として、もし知り合いの子とかが「アメリカ留学したい」と言ったとしたら、「絶対やめなさい」と言うでしょうね。大学留学ならいいかな。いや、「もっと安全な他の国にしなさい」と言うだろうな。

TITLE: Re[1]:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

aloha520さん

私も渡米中はなんだが性格が変わったような気がします。留学前は、カルチャーショックなんてきっとへっちゃらなんて思っていたのに、気づかないうちにものすごいショックを受けていました。
わが子が留学したいと言ったら? いろいろ条件をつけたうえで、たぶんOKするでしょうね。それにアメリカじゃなくて、もっと安全な英語圏にしなさいというかもしれません。

TITLE: Re[1]:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

texmamaさん

今は日本でも論理的思考がはやっています。ビジネスでもそういう考え方が良いようで、クリティカルシンキングとか論理的思考などの言葉が並んだ本をよく見かけます。
小学生の作文の書き方まで、その原型になっているような気がします。子どもの作文を見てやるとき、そういう考え方になじんでいて良かったと思います。

留学を絶対やめなさい、と言うのはやはり治安が心配だからでしょうか。確かに、テロの不安が落ち着くまでは、旅行ですらちょっと怖い気がします。

TITLE: Re[2]:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

>今は日本でも論理的思考がはやっています。

そうですか。それはいい傾向ですね。留学で身に付けた思考方法が役に立ちますね♪

>留学を絶対やめなさい、と言うのはやはり治安が心配だからでしょうか。

そのとおりですね。テロに限らず、ローカルニュースで流れる強盗や殺人なんかの事件を見ていると、アメリカは危険な国だなと思います。もちろんもっと危険な国はいっぱいありますけど。テロに関していえば、イギリスも危険ですよね。

TITLE: Re[3]:留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい(08/03)
SECRET: 0
PASS:

texmamaさん

お返事をありがとうございました。
もともと飛行機はあまり好きではないのですが、NYのテロ以来、もっと好きでなくなりました。
子どもがもう少し大きくなったら親子留学なんて素敵だなぁ〜と思っていましたが、アメリカに限らず、外国へはとてもいけそうにありません^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33357547

この記事へのトラックバック一覧です: 留学時代に得たものを家庭学習で伝えたい:

« 前置詞のアクティビティ、どぉ? | トップページ | 初めての読書感想文(^_^;) »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ