« 「DS、終わりよ〜!」 | トップページ | しんどいです。でも。 »

2007年9月10日 (月)

英語の遊び歌にひと工夫

 

今日は娘の幼稚園でお誕生日会がありました。

8月生まれの子どもたちが主役です。

8月13日生まれの娘のほかに年少が2人、年長が5人いました。

誕生月の子どもの保護者は、このお誕生日会に招待されます。

 

お誕生日会では、子どものインタビューがあったりプレゼントをもらったりするほかに、

招待されている保護者による出し物があります。

保護者の出し物はまったくの任意なので、やる人はあまりいないのですが、

私は仕事柄、英語遊びをいくつか知っているのでそれをやらせてもらっています。

 

今年は、準備にあまり時間をかけていられなかったので、

Head, Shoulders,Kneesの手遊び歌をやりました。

これは子ども英語の定番中の定番ですので、知っている子も何人かいるはず。

 

単に体の部位を触りながら歌って終わり、じゃつまらないので

小道具を用意しました。

 

ミトン.jpg

 

フェルトのミトンです。

これをはめてタッチしていくと、手の動きが目立って

子どもも真似しやすいんじゃないかと思って作りました。

それに、最初に「これな〜んだ」みたいに袋から取り出すと

子どもの注目を浴びること間違いなしですもんね。

 

で、「おばちゃんの真似してね〜」と言って、次のような手順でやってみました。

1.歌なしで、各部位をゆっくりタッチしていく。Touch your head.  Touch your shoulders.  Touch your knees, ......and toes.とか言いながら。

2.歌つきでゆっくり。

3.ちょっと早めに。

4.今度は泣きバージョンでやってみます。

1拍休みのときに「ふえぇ〜ん涙ぽろり」と泣きを入れます。

合計4回ほど入れられるのですが、最初は「?」という顔だった子どもたちも、

だんだん私のパフォーマンスに笑うようになりました。

もちろん、子どもたちも真似してくれます。

5.今度は怒りバージョン。1拍休みのときに腕組みして「ぷん!怒ってる」を入れます。

こちらもなかなか良く受けました^^

6.最後にハッピーバージョン。笑顔いっぱいに。

7.盛り上がっていれば、〆に少しテンポアップしてハッピーバージョンをもう一度。

 

泣きバージョンと怒りバージョンは、テレビの子ども番組でやっていたのを

真似しました。

テンポアップさせるのはよくある遊び方ですよね。

 

これで5分くらいは使ったと思います。

結構みんな集中してくれて嬉しかったです。

先生からも大好評でした♪

単純なHead,Shouldersに飽きたらお試しください^^

 

 

 




« 「DS、終わりよ〜!」 | トップページ | しんどいです。でも。 »

子ども英語」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:英語の遊び歌にひと工夫(09/10)
SECRET: 0
PASS:

たのしそぉ〜三歳児でもできるかな?一拍休みのときは、clapくらいしか思いつかないのですが、これは、まだ恥ずかしさを覚える前の子どもには、おもしろいかも…今度やってみよう!!

サークルのレッスン中で、例えば自分自身のことを言う時、まだ「おばちゃんの真似してねぇ〜」みたいに…「おばちゃん」が言えない私です…お教室では、「先生の真似するんだよぉ〜」とかって言えばいいのですが・・・サークルでは、あまり先生ってスタンスを取りたくなくて…子どもも一緒だから、友達のママからしてみれば、「Sくんママ」だし…なんか…こういう時、英語は便利!!meだけですからね…大抵、英語で言っちゃいます。

TITLE: Re[1]:英語の遊び歌にひと工夫(09/10)
SECRET: 0
PASS:

aloha520さん

結構楽しめます♪ 3歳ちゃんでもOKじゃないかな〜。今度やってみてね♪

「おばちゃん」の呼び名は、実は自宅レッスンではかなり迷いました。最初は壁を作りたくなくて「おばちゃん」でしたが、生徒のママさん(つまりママ友)は、家で「先生のことちゃんと聞いてね」のように言っているらしいので、今では「先生」にしています。サークルでは立場的に難しいですね。確かにmeだと都合いいかも^^

TITLE: 名古屋のマサミです。
SECRET: 0
PASS:

ミトンのアイディアいいですね。

私が講師になりたての頃、先輩から指導をよく受けたのが、まままりもさんのおっしゃっている、『子供に視覚的にわかりやすく』というのがありました。

なぁんとなく頭では分かっているのですが、そうか!ミトンか!と目からウロコです。

話しかわって、私たちは欧米の幼児教育をベースにしているグループのママたちですが、今ひそかに『やりなおし英語ブーム』が押し寄せています。事情があって、自宅の教室(30人ほどでしたが)がこの夏に閉めたこともあって、これから時間の余裕が出来そうです。ならば、『英語!』と。

まままりもさんの『学習方法』、壁にぶつかっている私たちには一番必要な要素があるので、参考させてください。他のママたちもやる気になっています。英検準一級、TOEICだと750位をウロウロ、の私たち。でもこれじゃぁ実際には使い物にならない事が身にしみてきました。

会話に不自由しないだけじゃ、ダメですね。

PSお子さんの帰宅後の話、よくわかります。『ごめんね』がどれほど多いか・・・

TITLE: Re:名古屋のマサミです。(09/10)
SECRET: 0
PASS:

サークルタイムさん

子どもは小道具しだいで関心を引けるので
なるべく「見せる」ものを用意するように心がけています。
とはいえ、自宅レッスンでは毎週違うものを作るわけにもいかず、気を抜くとすぐマンネリ化してしまうのですが……。

ミトンのアイディアは、幼稚園の草引きがヒントになったんですよ^^ あるお母さんが真っ赤な軍手をしておられて、とても目立って印象に残っていました。赤い軍手を探したのですが地味〜な色のものしかなかったので、自分で作りました。できるだけ派手な色にするのがポイントかな♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33357559

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の遊び歌にひと工夫:

« 「DS、終わりよ〜!」 | トップページ | しんどいです。でも。 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ