« 未経験分野の翻訳チェック (号泣) | トップページ | イベント終了。気ィぬけた… »

2007年12月 5日 (水)

いつものレッスンにちょっとスパイス♪

昨日は我が家の英語レッスンの日でした。

園児クラス(4人)と小2クラス(4人)の両方で、

ワークショップで得たティーチングアイディアを試してみました。

といっても、そんな大げさなことをしたわけではありません。

 

まず最初に、新しく買ったテキストについていたCDで

Hello Songをかけました。

そのテキストのコンセプトは、Audio, Visual, Physicalに(耳、目、体を使って)

教えようというもので、この歌にも簡単なジェスチャーがついています。

 

まず園児クラス。

子どもたちは、いつもはアカペラのABCソングからはじまるのに

今日は勝手が違う、と少し戸惑ったようでした。

実は私、CDの頭出しをするときにそれまでの雰囲気が途切れるのが嫌で

今までほとんど音楽を使っていませんでした。

この日はすごい久しぶりにCDをかけたので

それ自体、子どもはどーしたの??って感じでした。

でもさすが園児ですね、

モゴモゴ言いながらでも一緒に歌ってジェスチャーも恥ずかしがらずに

やってくれました(^^)

 

そして小2クラス。

恥ずかしがって歌わないだろうなぁ、ジェスチャーもしないだろうなぁと

思いつつ、ダメもとでかけてみました。

最初は、いきなり何?という顔をしました。

私は一緒に歌って手を動かすよう誘ってみましたが、やっぱり駄目。

もう2年生になると、恥ずかしいんですね、しみじみ思いました。

CDは一回だけにして、後は普通に会話するように言わせてみました。

Hello, how are you? I'm fine. とフレーズだけなのですが、

ふだん練習していないせいか、

なかなか言わない子、ふざけながら言う子、と反応はイマイチ(-_-;)

でもま、これはあくまでwarm-upなのでさらりと流しました。

 

さて、園児クラスでは今、身の回りにあるものの語彙を教えています。

かれこれ1ヶ月くらい、同じ絵カードをフラッシュしたり

神経衰弱したりしているのでだいぶ覚えてきました。

この日はワークショップで教わった方法で、あらためて復習をしました。

カードを6枚適当に選んで、ホワイトボードにマグネットで留めます。

各カードに番号をふり、子どもとQ&Aをします。

 

lesson.jpg

 

Me: What's number 1?   Kid: It's a bed.

Me: What's number 3?    Kid: It's a mirror.

 

という感じ。簡単なら4 and 5? と2枚、3枚を一度に聞いてみます。

直接カードを見せてWhat's this? と聞くよりゲームっぽくて面白いみたい。

張り切って答える子もいれば、隣の子にこっそり教えてもらう子もいて、

なかなか良い感じで進みましたスマイル

 

小2クラスでは、フォニックスの基本を一通りやり終え、

今はスペルを読む練習をしています。

いつもは単語カードのフラッシュをして全員に言わせたり

順番に言わせたりしたのですが、今日はちょこっとやり方を変えてみました。

私がカードをシャッフルしているとき一人にStopと言わせ、

そこで止まった一番上のカードを見せて読ませます。

 

結局はカードを読ませるという練習は以前と同じなのですが

Stopと言わせるステップを加えただけで子どものノリがぐんと良くなりました。

自分で止めた結果どんなカードが出るのか楽しみなのでしょうね。

 

どちらのクラスでも、ほんのすこーーし、やり方を変えただけなのに

こうも食い付きが違うなんて、あらためてビックリしました。

教え方って、発想によっていくらでもあるのですね。

その 「発想」 が難しいのですが、

ふだんからいろんなことにアンテナを張って

頭を柔らかくしておきたいと思います♪

 

 

 




« 未経験分野の翻訳チェック (号泣) | トップページ | イベント終了。気ィぬけた… »

子ども英語」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:いつものレッスンにちょっとスパイス♪(12/05)
SECRET: 0
PASS:

>その 「発想」 が難しいのですが、
ふだんからいろんなことにアンテナを張って
頭を柔らかくしておきたいと思います♪
★★それはすごく感じますね。
同じアクティビティーでも、ちょっとした発想の転換でノリが全然違ったり・・・
皆さんのブログからもワタクシたくさん刺激とアイディアを頂いています。
お互いに良い情報交換ができると良いですね。
これからも宜しくお願いします。

TITLE: Re:いつものレッスンにちょっとスパイス♪(12/05)
SECRET: 0
PASS:

同じ事でも、ほんの少しやり方を変えるだけで
子供たちの反応が変わる事ってありますよね。
うちの英語教室のカリキュラムでは、園児に単語を
あまり教えません。でも、語彙力が無いと言いたいことも言えないような気がして、少しずつ教えて
います。単語カードに番号を付けてホワイトボードに貼るアイディアもいいですね。ただ、その単語を
こたえさせるより、ゲーム性が増して楽しそう
です。今度お教室でやってみようと思います。

TITLE: Stopいいですね。
SECRET: 0
PASS:

今度使ってみます。

>ふだんからいろんなことにアンテナを張って

頭を柔らかくしておきたいと思います♪

これって一番大事かなと思います。
どんないい教授法でも、どう料理するかスパイスのさじ加減は使う人がしなくてはだめですね。
小2ぐらいのクラス。
単語や文のカードとりやguessing gameで普通にやる中で
イントロタイム、スーパーイントロタイムといって
つづりの一部をいったりフォニックス的に1音素だけ言ったりすると言うのを入れただけで、カードに集中したと友人から聞きました。アレンジしてみてください。


TITLE: Re[1]:いつものレッスンにちょっとスパイス♪(12/05)
SECRET: 0
PASS:

mamimama1964さん

mamimama1964さんも、いろんなアイディアをお持ちですものね。
ふらりとよっては参考にさせていただいてます。
こちらこそよろしくお願いします^^

TITLE: Re[1]:いつものレッスンにちょっとスパイス♪(12/05)
SECRET: 0
PASS:

Drasyさん

単語を教えない…となると、
ゲームなどを中心にレッスンされるのでしょうか?
楽しく英語に接する、という感じかしら。
小さい子向けの英語は、講師に
エンターテイナーの要素が必要となるので
大変ですよね(><)
おたがいがんばりまっしょ!

TITLE: Re:Stopいいですね。(12/05)
SECRET: 0
PASS:

まるママ5725さん

>イントロタイム、スーパーイントロタイムといって
>つづりの一部をいったりフォニックス的に1音素だけ言ったりすると言うのを入れただけで、カードに集中したと友人から聞きました。アレンジしてみてください。
-----

思い出しました! 昔、大人相手のクラスでしたが、ウォームアップで、語彙の復習をゲームっぽくやりました。スペルを当ててもらうのですが、私はホワイトボードにアルファベットの数だけアンダーラインをひき、ランダムに文字を言ってもらって該当する文字が出るたびに穴埋めしていきます。(antならアンダーラインを3つ引き、生徒にランダムに文字を言ってもらいます。Nが出たら真ん中のラインにNと書き、真ん中にNが来る3文字の言葉、と分かります。それでどんどんguessしてもらうの。レッスンのウォームアップだったのに、えらい盛り上がりました!)

TITLE: Re[1]:Stopいいですね。(12/05)
SECRET: 0
PASS:

まままりもさん

>思い出しました! 昔、大人相手のクラスでしたが、ウォームアップで、語彙の復習をゲームっぽくやりました。スペルを当ててもらうのですが、私はホワイトボードにアルファベットの数だけアンダーラインをひき、ランダムに文字を言ってもらって該当する文字が出るたびに穴埋めしていきます。(antならアンダーラインを3つ引き、生徒にランダムに文字を言ってもらいます。Nが出たら真ん中のラインにNと書き、真ん中にNが来る3文字の言葉、と分かります。それでどんどんguessしてもらうの。レッスンのウォームアップだったのに、えらい盛り上がりました!)
-----
ハングマンというやつですね。
私もターゲットワードをやったりしたことあります。
間違うごとに、線を描き首吊りになるとアウト、(10回ぐらいゲスできるのですが、、)
すこし前に小学校英語でどう?って言ったら、ゲームの意味がわかんないし、盛り上がる気がしない
学校で首吊りはやめとこ。って却下。
CDロムでは、間違うと風船が割れたり、爆弾の銅線が短くなったり子供はどきどきしてやります。首吊り以外でもできるよっていたのに。

当てようとしていろんなヒント探したり(持ってるカードでチェックしたり)意外と面白がるし、意味もありますよね。

肯定的な意見の人がいてうれしい。

TITLE: Re[2]:Stopいいですね。(12/05)
SECRET: 0
PASS:

まるママ5725さん

ハングマン…聞いたことがあります。
たぶん有名なゲームですよね。
でもやったことはありません。
上記の単語当てゲームではハングマンや風船が割れるなどの要素はナシにしてやりました。
でも十分盛り上がりましたよ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33357643

この記事へのトラックバック一覧です: いつものレッスンにちょっとスパイス♪:

« 未経験分野の翻訳チェック (号泣) | トップページ | イベント終了。気ィぬけた… »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ