« 息子、ちゃんと友達と遊べてるのかなぁ | トップページ | 夢に向かって〜〜!! »

2008年1月11日 (金)

チャレンジ2年生:大変だよね、親も。

夕方のスイミングレッスンを終えて帰宅したとき、息子が聞きました。

「今日、7時からポケモン見ていい?」

「宿題とチャレンジ2年生を済ませて、ご飯も食べ終わって、

お風呂掃除(毎回息子の担当です)も終わっていたらね」

「えぇ〜〜、そんなに!? じゃぁ早くごはんして」

 

……だから、スイミングの前に宿題くらいやっとけって言ったのに。

 

宿題を終えて、急いで夕飯を食べる息子。

途中、「食事を中断してお風呂掃除してまた食事に戻ってきたい、

でないと間に合わない」と理屈に合わないことを言います。

 

ガタガタ言ってないでTV見たいなら早く食べなさいよ、ったく!

 

ポケモンまであと10分というときに食べ終わり、急いでお風呂掃除へ行きます。

でも、「今からお風呂やって、チャレンジやってたら絶対間に合わないやん!!」

とかなり投げやりな様子。

「だから、学校から帰ってきたときに宿題やっておかないと後で大変だよって

言ったでしょう! いつも言ってるのに」

だんだん私も腹が立ってきました。

 

でも私は、チャレンジはちゃんと落ち着いてやってほしいと思っています。

なので、今日はスイミングだったし自分でもかなり息子に冷たいと自覚していたので、

お風呂掃除は私がやることにしました。

「今日はお母さんがお風呂やるから、チャレンジやってきなさい」

「えっ……ありがとう」

 

息子は、少しイライラがおさまった様子で机に向かいました。

でもほどなくして、

「おかーさん! この問題、どーゆー意味かぜんっぜん分からない!!」と

今にも泣き出しそうな顔で訴えてきました。

「ちゃんと問題を音読したの? 何回くらい? 2,3回? 

それじゃ足りないよ。分かるまで何回も読むの!!」

「え〜、それって何回?」

「10回!」

「10回も! それまでに分かったら?」

「それならそれでいい。5回で分かればそれでいい。

でも分からなければ、分かるまで読むの! 勉強はそうやってするんだよ!」

 

私は、息子がTVを気にして集中できなくなっているのだろうと思いました。

TVを気にするのが腹立たしくて、息子を厳しく突き放してしまいました。

本当はちょっぴり、「子どもならTVが気になるのは当たり前。

もっと優しく、すぐに教えてやったらいいのに」とも思ったのですが、

このときはイライラのほうが大きくてそんな余裕はありませんでした。

それにたまたま、齊藤孝氏の「実践母親塾 『言葉の力』は家庭で伸ばす」を読んでいて、

集中力をつけることがいかに大事かを、あらためて感じているところでした。

もちろん、この本の内容のすべてをうのみにするつもりはありませんが、

刺激を受けたというか、今までの息子への対応じゃ勉強面ではだめだなぁと

反省したところだったんです。

それがさっそく、裏目に出てしまったという感じ……。

目指しているのは、「息子の伴走者」なのに。

 

横道にそれました。

息子は机に戻って音読を始めました。

でもなかなか埒が明かないようす。

TVは見れない、お母さんには怒られる、問題は分からない、で

もうイライラ、ムカムカして仕方がないのでしょうね。

私はやっと問題をのぞきこみ、説明を始めました。

でも、私のその口調のきついこと。

「九九の表を見てって書いてあるじゃないの!」

「何を求めなさいって書いてる? 書いてない? そんなことない!

ちゃんと書いてるよ! も一回音読してごらん!」

 

ビシバシと厳しい口調で説明と指示を繰り返し、

結局なんとか自分で全部の答えを出させましたが、

息子は真っ赤な目でとても不機嫌な顔をしています。

そりゃそうでしょう、もうポケモンは終わっているのですから。

 

私は息子が自分で問題を全部終わらせたのでホッとしました。

そして、ほめなければ!と思いました。

それまではイライラしていたけれど、問題が終わったとたん、

客観的に子どもの頑張りを感じて、本心からこう言いました。

もちろん、口調も優しくなりましたよ。

 

「ゆうくん、よく頑張ったね。

見たいテレビがあったのに、我慢してずっとチャレンジやってたもんね。

おかーさんに怒られながら、頑張ったね。偉かったよ」

 

息子、涙をこらえきれずに大・大号泣。

私のひざに顔をうずめ、思い切り泣きました。

お兄ちゃんの泣き声を聞いて不安になった娘がやってきて、

なぜか「お兄ちゃん、ごめんね」とか「お兄ちゃんは優しいよ」と、

娘まで涙を流しました。

息子は、泣いている姿を妹に見られたくなくて

「こっちこないで〜」と言ってましたが^^;

 

ひとしきり泣いて気が済んだのか、息子が小さなお手紙をくれました。

 

おかあさんへ

さっき おふろそうじしてくれて ありがとう。

ぼく、ポケモンをさいしょからみたいから いそいでたんだ。

けっきょくみれなかったけど、さきにじゅんびをしたらいいだなと思いました。

肉じゃがもおいしかったよ。

ごめんね。

ゆうきより

 

 

ゆうき、やりたいことを我慢して、頑張ったあとの達成感を少しは感じられたかな。

私ももっと大きな心で接しなくちゃ。

反省するところ、いっぱいだーー。

 

 




« 息子、ちゃんと友達と遊べてるのかなぁ | トップページ | 夢に向かって〜〜!! »

教育(英語以外)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

最後のお兄ちゃんのお手紙、泣けました。
ゆうくんもゆづきちゃんも本当に素直で優しいですね。お母さんに理解してもらえて、優しい言葉をかけてもらえて、我慢していたものが切れたのでしょうね。
こんな言葉をかけられるなんて、素敵なお母さんだと思いました。

TITLE: Re:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

読んでいて、涙が・・・。

息子クン、とても優しいお子さんですね。きっと、お母さんがちゃんと優しい言葉をかけているから、お子さんもあたたかいやさしいことを手紙で書くのでしょうね。

私は、厳しく、きつくするばっかりで、優しくフォローすることをしていないので、この日記を読んで、反省しました。これから、気をつけていきます。こういうことって、あえて、意識しないとできない私なので。。。

TITLE: Re:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

すごく感動しました(TωT)ウルウル
見たいテレビを我慢して、最後までやり遂げたお兄ちゃんすごい!!
お手紙が、また感動的ですね。
とてもいい親子関係ができているようで、見習いたいです。

TITLE: Re:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

ゆうくんのお手紙には、いつも泣かされてしまいます。よくがんばりましたね。男の子だからこそ、母親との関係って大切なような気がします。男の子って、きっと優しさを母親から、厳しさを父親から学ぶのでしょうね。だから、ゆうくんが優しい心を持っているのは、きっとママが優しい心を持っているからでしょうね。私も鬼にばっかりなっていないで、少しは仏にならなくては…

TITLE: Re:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

ゆうくん 良く頑張りましたよね!
ゆうくんのお手紙から彼はお母さんが大好きなんだなって感じました。
家はTVは全て録画、その日にやることを全て終えてから見るようにしています。
ただ就寝時間は絶対厳守なので、失敗を重ねつつ本人には段取り力がついてきたようです。
ゆうくんも失敗を重ねてだんだん自分で段取り良くできるようになりますよ。
母は我慢8割、やさしさ2割って所でしょうか(笑)
本当に親も大変です。

TITLE: Re[1]:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

ひまわり123さん

ありがとうございます。
とりあえず、終わりよければすべて良し……にしておこうかしら^^;
教えているときこそもっと冷静になれたらいいのですけど、
我が子を教えるというのは本当に難しいものですね。

TITLE: Re[1]:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

yuminorinさん

ありがとうございます。
この日は、スイミングがあって息子も疲れているはずと分かっていて、
お風呂だのチャレンジだのと言ってしまい、
自分でも冷たいなぁと思っていたんです。
でもいったん口から出たら引っ込められなくて。
一応、最後はほめられたので私自身ホッとしました。

TITLE: Re[1]:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

**みー**さん

ありがとうございます。
お手紙をくれるとは私も思っていなかったのでうれしかったです。
かなり厳しく怒られたのに
最後にほめられただけでこんなに気持ちが変わるなんて、
子どもって本当に純粋だなぁと思いました。
それにしても、認める言葉、ほめる言葉のパワーはすごいです!

TITLE: Re[1]:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

aloha520さん

ありがとうございます。
ほめたのは、なんとなく義務感もあったからだと思います。
ある程度、義務に背中を押してもらわないと、
私もなかなか気持ちを切り替えられません。
もちろんほめているうちに、本当にほめてやりたくなりましたけどネ。
今回のは不思議と、すっとイライラが消えました。
我が子が苦しんでも、その結果、やりとげた跡が見えるというのは
親子して嬉しいものですね。

TITLE: Re[1]:チャレンジ2年生:大変だよね、親も。(01/11)
SECRET: 0
PASS:

mamimama1964さん

かなり厳しく接してしまったので、
手紙をもらって驚きましたが、嬉しかったです^^
自分の態度を後悔しているときに子どもに優しくしてもらうと、
救われますね。
それと同時に、こんな親の子どもなのに、あんたはなんて心が広いの!
と(親ばかにもほどがありますが)感動します^^;

我慢が8割って、本当にそうですね!

TITLE: ネットから時空プリント
SECRET: 0
PASS:

漢字マラソンに参加しませんか?
他にも色々なプリントがあります。
参考になれば幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33357669

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ2年生:大変だよね、親も。:

« 息子、ちゃんと友達と遊べてるのかなぁ | トップページ | 夢に向かって〜〜!! »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ