« ホストファミリー体験:子どもの心にシッカリ響いたみたい♪ | トップページ | 夢へ向かって…途中経過報告(^^;) »

2008年9月12日 (金)

【edu ブログで子育てエピソード】アタマを良くするために…

 

今日は子育て雑誌eduのウェブサイトから、下記のお題について書いてみようと思います。

edu10月号特集『教育格差を吹き飛ばすあなたの知恵』

家庭に収入があり、塾や私立小に通わせてさえいれば、子どもは伸びるのでしょうか? いのちの大切さや人の痛みが分かる、今すべきことを自分で判断できる、苦しいとき最後まで頑張れる- - -子どもの人間的な成長は、決してお金では買えません。では家庭でこころがけるべき本当に大切なことは何でしょう?
あなたのご意見・ご家庭での知恵やエピソードをお待ちしております。

 

勉強ができる子っていうのは、アタマがいい子だと思います。

アタマがいいというのは、

物事を様々な角度からしっかりと考える力があるということで、

もっと細かく言うと、

論理的思考力、想像力、創造力、応用力などが

豊かだということです。

 

物事を論理的に考えられたら、文章を読むときも論理的に読めますので

理解が深まりますし、想像力が大きければ相手の気持ちを思いやることもできるでしょう。

創造力が豊かな子は物事を工夫して作り出すことが得意でしょうし、

応用力が豊かな子は与えられた情報を上手に活用することができると思います。

このほかにも、記憶力や集中力など、アタマを良くする能力はいろいろありそうです。

 

こういう能力は、塾や学校で勉強して得る知識と同じくらい、いやもしかしたら

それ以上に大事だと私は思っています。

だってこういう力が大きければ大きいほど、勉強で得る知識も吸収しやすいし、

仕事や人間関係にも有利です。

つまりは、今後出会う知識や経験を上手に生かすための

土台になる能力、ということになりますよね。

人生のあらゆる分野で、こういう能力の利用価値は無限大でしょう?

 

学歴が高いからと言ってアタマが良いとは限らないと思います。

学歴が高くても人間関係や人生に失敗している人って多いですもんね。

高学歴なのに犯罪者になってニュースに出る人、いますもの。

 

だからわが子には、上のような脳力を伸ばしてやりたいなぁと思います。

さて、どうやって?

 

うーむ。

ありがちな方法ですが、何かにつけて子どもに考えさせる、ということかな。

なるべく私が先回りしてやってしまわず、子どもにさせるようにしています。

すぐに「〜しなさい」「〜すればいいよ」と

ストレートに指示や助言を与えるのではなく、

自分で考えさせ、決めさせます。

選択肢を与えて判断させる場合もあります。

 

こういうのって、知識を得る勉強とは関係ないように見えますが、

効果的に知識を得るための下地を作っているように思います。

問題に対してどんな解決法があるか考え、

その中でいちばん良さそうなものを自分で判断し、やってみる。

その結果の良しあしでまた、考えるネタが発生します。

 

まあ、毎回こんなにうまく子どもをリードできるわけではないけれど、

失敗を繰り返しながら、少しずつ身につけていってもらえたらなぁと思います。

 

いわゆる「勉強」は、私が見てやれるレベルまでは、

学校と家庭学習でやるつもりです。

わが子が望めば塾も考えますが、やっぱりお金かかるしね^^;

 

私では見てやれない勉強になったら......

うーんと、そのときまでには土台となる能力が伸びていて、子ども自身が

好奇心旺盛になって、勝手に勉強してくれたらなぁ。

なんてこんなの、まったくの理想論かもしれませんけど。

 

とりあえずは、多少辛くても子どもが頑張って勉強に取り組めるよう、

私は親として、その下地作りを頑張ろうと思います。

 

 

ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」

 




« ホストファミリー体験:子どもの心にシッカリ響いたみたい♪ | トップページ | 夢へ向かって…途中経過報告(^^;) »

教育(英語以外)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:【edu ブログで子育てエピソード】アタマを良くするために…(09/12)
SECRET: 0
PASS:

とても素晴らしいエッセイです。筋道が通っていて、まままりもさんご自身がこの文章の中にあるような「アタマがいい」方なのだろうとお見受けしました。
個人的には、「勉強ができる人」と「アタマがいい人」はすこし違うと思っています。英語では「book smart」と「street smart」という表現で区別します。記事にもあるとおり、高学歴でも人生に失敗している人もいるし、高卒でも成功している人もいるし。勉強ができて、なおかつ成功している人ももちろんいるけど。
学校での勉強を軽視するつもりはないけれど、人生で本当に大切な事柄って学校では学べないと思います。でも小学校で学ぶ事柄は大切ですから、娘には小学生のうちはいい成績をとってもらいたいけど。あとは、子供がどういう大人になるかは親のリード次第なのでしょうね。親の責任って大きいですね・・・。

TITLE: Re[1]:【edu ブログで子育てエピソード】アタマを良くするために…(09/12)
SECRET: 0
PASS:

ぴーなっつさん

ありがとうございます(*^_^*)
ちゃんと筋道だてて考える、ということを
本当に学んだのは留学した大学ででした。

あちらの学生さんは、小さいころから
物事を深く考えて自分の意見を作り、発表するという
授業を受けているのですよね。
言葉の壁だけでなく、ちゃんと考える癖がついていないというハンディはとても大きかったです。
でもとっても有意義な経験でした。


book smart, street smartというのですね。
book smartって皮肉を言うときにも使うのかしら?
言われて嬉しいのはどちらなのかしら?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362055

この記事へのトラックバック一覧です: 【edu ブログで子育てエピソード】アタマを良くするために…:

« ホストファミリー体験:子どもの心にシッカリ響いたみたい♪ | トップページ | 夢へ向かって…途中経過報告(^^;) »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ