« 子どもには良い手本を……(涙) | トップページ | 子どものトラブルが、ママのトラブルに…… »

2008年10月 9日 (木)

怒れる長い夜 (タメ息)

 

今夜の、息子との修羅場は長かったです(><)

忘れないうちに記録しておきます。

今日はスイミングの日で、学校から直接プールへ行き、

待ち時間に宿題を一部終わらせ、帰宅したのは7時前。

すぐさま夕食を済ませ、楽しみにしていたポケモンを見ようと

TVをつけたら、今日は放送がないことが分かりました。

息子はがっかりしましたが、すぐに立ち直り、

「代わりにDSをしてもいい? 昨日やってないから

今日はやってもいいよね」

ここからが修羅場の始まり。

DSは1日おきに30分なのですが、やることをやってから、というのが条件。

息子はまだ宿題を全部終わらせておらず、寝る支度を含めて

やることを全部やっていたらDSの時間がなくなる、と言います。

さっさとやればできないことはないと私は思っていたので

「それはあんた次第でしょ」と取り合いませんでした。

でも宿題が長引くにつれ、息子は時間を気にして

ますます苛立ってきます。

もちろん、私もかなりイライラしていましたが何とか冷静に振る舞っていました。

ところが。

息子は宿題をしながら「今日はもうDSあきらめた!」とやけくそに言い、

学習机の近くに作業台代りに広げていたピクニックテーブルの足を、

腹立ちまぎれに押しました。

その拍子に骨組の一つががくんと曲がって

テーブルが倒れてしまいました。

娘はテーブルに固定されている椅子に座っていたのでずり落ち、

太ももをぶつけて泣きました。

と突然、私の中で今まで抑えていたモノが爆発し、

堰を切ったように怒りの言葉が出てきました。

「優しくしてたらつけあがって! 調子に乗るな!」

「やることをやってから、が最初の約束だっただろう!」

「DSがそんなに気になって約束が守れないのなら、もうDSは取り上げようか!」

「DSがなければあんたがイライラすることも、

おかーさんが怒鳴ることもなかっただろうに!」

「DS,DSって、DSなんか買ってやるんじゃなかった!」

......DSに対してあまりいいイメージがないので

DSが元凶みたいな言い方をしてしまいました。

肝心の宿題は、まだ音読が残っています。

息子は当然読める状態ではないし、私も聞いてやる余裕がなかったので

(しかも音読後、私が評価表に記入しなければならないし)

まずはお互いに気を鎮めようと思い、

「音読する気になったらおいで。聞いてあげるから」と言って台所へ行きました。

その後の息子の激しい泣き方は動物がうなっているようで、

すごく葛藤しているのが良く分かりました。

イライラをどこかにぶつけたいのにどうしてよいか分からないのです。

物に八つ当たりして壊されると困るので、

私は息子のところへ戻り、紙の束とペンを机に置きました。

「イライラしてるんなら、ここに好きなように殴り書きでもしなさい。

ぐちゃぐちゃでも、バカ、アホ、でも何でもいいから」

「いやだ!!!」

「じゃあビリビリに破ってもいいから」

息子はそれもいやだ!と怒鳴りましたが私は聞こえないふりをして台所に戻りました。

そして15分くらいたったでしょうか、

息子が怒りで顔を真っ赤にしたまま、こちらへ来ました。

「まだ、音読できない」と、引き戸にもたれながら言います。

そうブツブツ言いながらもたれていたら、

今度は引き戸がレールからはずれてしまいました。

幸い、後ろの棚のおかげでドアは倒れなかったのですが、

またこれで、息子は叱られました。

「ドアを見てごらん。どうなってる?」

「イライラして物に当たって壊れたら困るから、

おかーさんは紙とペンを渡したんだよ!」

怒られっぱなしで時間ばかりが過ぎていきます。

音読も、まだできていません。

「イライラしてたら音読なんてできないでしょ。

どうやったらイライラがおさまると思う?

なんか好きな本でも見てきたら? 図鑑とかポケモンとか。

音読できるようになったらおいで。いつでも聞くから」

息子は「本を見るんじゃなくて、DVDを見たい」と言いました。

今は娘がTVを見ています。

ここは息子に譲った方が良さそうだったので、

「ごめんね、お兄ちゃんにDVD見せてあげてもいい?」と聞きました。

娘は、今までの緊迫した状況を分かっていますのですぐに「いいよ〜」と返事。

息子はTVの方に向かって歩き、娘はこちらへ向かってきました。

すれ違いざま、息子は娘をパシッと叩きました。

また私の怒りを買いました。大爆発2回目です。

息子は「叩いちゃダメだと思うのに、つい手が出ちゃったの」と言います。

つい手がって......アンタねぇ。

同じように私がアンタを叩いてつい手が出ちゃったって言ったら、

アンタどう思うよ?

ほんとに、私もバシッとやりたくなりました。

やりませんでしたけど。

結局、DVDを10分間だけ見て、音読を始めました。

すらすらとは読めたけれど、元気もなければセリフも棒読み。

当然評価は低くなりましたが、息子もだいぶ落ち着いたみたいで

納得していました。

今日は「寝るときにいっしょに2階へ来ないで!」と息子から

拒否されていたのですが、先に上がった娘を寝かしつけるために

寝室へ入り、横になっていたら息子もやってきました。

布団に入ると私に小さく「ごめんね」とつぶやき、

私もその頃には心穏やかになっていたので、むぎゅーしてヨシヨシしました。

息子はまたちょっと涙が出たみたいです。

そのまま手をつないでしばらく寝ころんでいたら

息子はすっと眠りました。

長い夜でした。

なんだか疲れちゃった。

でも、寝顔にごめんね、ではなくて

寝顔を見る前にムギューできて良かった......

« 子どもには良い手本を……(涙) | トップページ | 子どものトラブルが、ママのトラブルに…… »

子育て」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

ホント、最後はめでたし・・めでたし・・ですね。DSはね・・私もできるだけ買ってやりたくないな。でも、どうせ毎日のようにねだられるのは、目に見えていますが。
私は、今日、見当違いの大爆発をしてしまって、息子には悪い事をしてしまいました。なんかね…この頃、余裕がない気がします。来月、児童絵本で有名なきむらゆういち氏が、近くで講演をされます。『やさしさってなに?』と副題がついていたので、早速、優しさを忘れてしまった私は、早速参加申し込みをしてきました〈苦笑〉

TITLE: Re:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

奇遇ですね。私も夕べドッカンしちゃいました。娘が3日連続でお風呂に入らないというので、「じゃ、肌荒れが出てももう世話してやらない」から始まり、売り言葉に買い言葉で、しまいには娘が「もう一生お風呂なんか入らない!」と言い出す始末。結局は入りましたが、そのあとも犬にえさをあげずにソファで居眠りを始めたので、叩き起こしてえさをあげさせ、寝室へ連れて行きました。もちろんムギューはなし。今朝もまだ怒りが収まっていません。長男君を許してあげたまままりもさんはやはり寛容さが私とは違うな、と思いました。

TITLE: 分かりますよ〜!
SECRET: 0
PASS:

なんだか我家のことのように・・・読ませていただきました。
うちも同じ同じ!

我家の場合は「娘とのバトル」が数倍激しいので、息子とはそれほどでもないのですが。

まままりもさん、本当に葛藤に耐えながら頑張ってらっしゃる。立派です!
私も似たような母やってますが、爆発寸前まで耐えるよりは小出しにしてるかもしれません。その方が爆発度が少なくてすむのです。

あとはコーチング♪ これでどれほど救われてきたことでしょう。子ども達との関係もかなり改善されましたし、私自身が変わってきているのを実感していますよ〜!

TITLE: Re:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

はじめまして。
私はネットからドリルをプリントする学習サイトを運営している者です。本当に子育ては戦いですね。でも素直に謝れるのはお母様の愛情を感じているからなのでしょう。そんなご家庭に「親子で一緒の家庭学習」はいかがですか?当サイトは家庭学習を通してお子様のやる気を育てるお手伝いをさせていただいております。内容は全学年、全科目が利用できるようになっているので学年を越えた予習復習にはぴったり。さらに算数は同類の問題が毎日更新され、漢字はオリジナルドリルが自由に作成できるので、的を絞った学習ができます。なぞり書きもあるので美字の習得にも大変便利です。料金も安心価格。まずは一度サイトをご覧になりませんか。
日経Kids+(キッズプラス)にも掲載されました。
(当サイトの『ユーザーの声』欄には学習のヒントがいっぱい詰まってます。色々なお子様がそれぞれ工夫して利用してくれてますのできっと参考になると思います。
只今「図書カードプレゼントキャンペーン」実施中です。

TITLE: 我が家の日常
SECRET: 0
PASS:

ほぼ毎日こんな感じの言い合いになっています。疲れますよね。
3−5年生ぐらいが一番すごいかな?6年ぐらいから上の子は収まったから。

次男ジョージは泣かないの。とにかく反論してくる。
学校の子達はもっとひどいらしいけど。我が家ではもっともひどい言葉を使ったりします。
長男は言葉をなくして声を上げずによく泣いていました。それもみるとむかつくときもありました。泣いてごまかすなーって。

ジョージ君とはけんかのことをよく後日はなします。
時々裏の自分が出て素直になれないねんといってます。ふふふ。

ゴメンねって言える長男君、上手に育ってますね。

TITLE: Re[1]:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

aloha520さん

DSをめぐって時々こういうケンカになるのですが、今回のは結構大きかったな〜。DSも使い方さえ間違わなければ悪いものじゃないのだろうけど、どうも私は嫌悪感が抜けない……なんでだろう? 昔、テレビゲームが流行ったときに私はやらせてもらえなかったのが影響してるのかな?

TITLE: Re[1]:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

ぴーなっつさん

もう気持ちは収まったでしょうか? うちは今回はムギューで寝かせられましたけど、いつもこういうわけにはいかないです。ほんと、「今日は自分たちで2階へ行きなさいっ!」と言い、顔も見ずに「お休み」と言い放って終わり、ということもあります。うちの場合、お風呂は入る入らないより、だれが掃除するか(息子か娘か)が言い争いの原因になりやすいです^^;

TITLE: Re:分かりますよ〜!(10/09)
SECRET: 0
PASS:

Miyuki Academyさん

Miyuki Academyさんのお子さんは、娘さんの方が第一子ですか? うちは息子が第一子だからなのか、圧倒的に息子と言い合うほうが多いです。息子の方をいろいろと心配しているということなのでしょうか。まぁすべてが私にとっても初体験となるのだからある意味当然なのかもしれませんね。ブログでも息子の記事の方が断然多いので、娘がもし後で読む機会があれば、文句を言いそうです^^;

コーチングを受けておられるのですね。前にコーチングのコースに参加しておられるような記事を拝見しましたが、個別カウンセリングもあるのですか?  子育てに行き詰った人がコーチングを受けた本を読んだことがあります。私も機会があれば、コーチングをもっと知りたいなぁと思っています^^

TITLE: Re[1]:怒れる長い夜 (タメ息)(10/09)
SECRET: 0
PASS:

時空先生さん

コメントをありがとうございます。
訪問させていただきますね。

TITLE: Re:我が家の日常(10/09)
SECRET: 0
PASS:

まるママ5725さん

まるままさんのところはお子さんが多くいらっしゃるので言い合いの回数も多くなるでしょうね。
そうかぁ、ウチも5年生くらいまで言い合いは結構すごくなりそうだなぁ。
後日、喧嘩のことを話せるっていうの素敵ですね。
ケンカした後の穏やかな会話ってよりいっそう親密な感じしますよね。
「裏の自分が出て素直になれない」だなんて、穏やかな時に言われたら
私もうふふと笑ってしまいそうです。

TITLE: コーチング
SECRET: 0
PASS:

まままりもさん

>娘さんの方が第一子ですか? 

いえいえ。息子が第一子、娘が下です。
同じ組み合わせみたいですね。
でも扱いやすさは正反対みたい(苦笑)
とにかく娘とはバトルが耐えません。調子のイイときはほんとに平和なのですが、ちょっと狂うと最悪で・・・!

その状態に悩み苦しみ、コーチングの世界へ入ったのです。
メッセージ、あちらに送っていますので読んでくださいね。

TITLE: Re:コーチング(10/09)
SECRET: 0
PASS:

Miyuki Academyさん

メッセージ、ありがとうございます^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362088

この記事へのトラックバック一覧です: 怒れる長い夜 (タメ息):

« 子どもには良い手本を……(涙) | トップページ | 子どものトラブルが、ママのトラブルに…… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ