« 怒れる長い夜 (タメ息) | トップページ | 夜の「ノート」の買物、出るか出ないか »

2008年10月11日 (土)

子どものトラブルが、ママのトラブルに……

 

ママ友たちのおしゃべりで感じたことです。

 

ママ友のお付き合いって難しいですね。

今までは親しくしていたのに、子どもの間でトラブルが起きて

ママたちも疎遠になる、というのはよくあるんじゃないかしら。

 

子どもたちがまだ幼い場合は、お互いにケロっとしているし、

意地悪される側も、そのときは嫌がってもまた一緒に遊んだりします。

だから子ども本人はあまり気にしてないんですよね、たぶん。

 

でも意地悪される子の親としては、

相手の親に対して内心穏やかではいられません。

もちろん、それまでもいろいろな積み重ねがあって

相手に対する不信感もずいぶん大きくなっています。

 

一方相手の親は、詳しく事情を知らなかったり、

知っていても「子どものことだし、ケロっとしてるし」ですませたり、

「ごめんね、何度も言ってるのにきかないのよ」と自己弁護したりします。

ママ同士の付き合いが長ければ、笑ってそう言う人もいるかもしれません。

 

それに、相手が良心的で謝ってくる場合も、子ども本人ではなく

親が代わりに謝ってしまうことが多いですよね。

悪さをしたのは子どもなのに、親だけが謝るのは変だと思うのですが......。

 

 

こういう 「子どものトラブル → ママのトラブル」 の話はよく聞きます。

もし私が当事者になったらどうするだろう?

 

わが子が「意地悪する側」だったら、もちろん分かった時点で

深刻にとらえて、夫と相談しながら子どもとじっくり話し合うと思います。

そして、相手の子どもに、しっかりと謝らせるつもりです。

この場合はすべきことが明確なので、多少勇気はいるだろうけれど

迷うことはないでしょう。

 

わが子が意地悪をされたらどうするだろう?

これは出方が難しいですよね。

相手の親に知らせたいけれど、言い方を間違うと

よけいややこしくなります。

相手がやったかどうかは、相手と話し合うまでは

わが子の話から判断するしかありませんから、

わが子の話をそのまま出すと、きっと相手から反感を買うでしょう。

 

幸いウチの子は、集中的に長期にわたって嫌な思いをさせられたことはないようです。

でも、叩かれたり怒鳴られたりという、単発のささいなトラブルはあります。

 

いつだったか、同じクラスの子に台の上から落とされて

ひざの内側に青あざを作ってきたことがありました。

相手の子には何度か嫌な思いをさせられていたので

さすがにこのときは、連絡帳に事情を書いて担任に知らせました。

でも大ごとにしたくなかったので、「別に相手から謝罪してほしいわけではなく、

先生にはわが子や相手の子を、今まで以上に注意して見ていてほしい」と

いうふうに書きました。

すると、翌日相手のママさんから謝罪の電話があってビックリ。

先生がうまく連絡してくださったみたいですが、私は思わず相手のママさんに

「わざわざすみません」と言ってしまいました^^;

 

別の子とトラブルがあったときには、

その子のママさんとはわりと親しくお付き合いしていたし、

我が家で起こったことだったので直接電話して事情を話しました。

電話をする時はめちゃくちゃ緊張しましたけど、責め口調ではなく

なるべく冷静に事実だけを伝えるよう意識して話したら、

相手のママさんも深刻にとらえてくれて、ママさんはもちろん、

子ども本人からも謝罪がありました。

 

今までの場合、相手が良かったのか、

子どものトラブルがきっかけで親同士がこじれたことはありません。

トラブルが無事解決するかどうかは相手の人格に大きく左右されますものね。

こちらからは、どこまでも落ち着いて穏やかに話ができるように

持って行けたらなあと思います。

 

「うちの子は悪くない」という態度は、絶対に、少しでも表さないほうが

賢明のように思います。

どれだけ強くそう思っても、どちらが悪い悪くないの判断より、

何が起こったのかの事実だけを伝えるようにしたほうが

角が立たないのではないかしら。

実際、誤解を解くつもりで、うちの子はそういうつもりじゃなかったのよ、

と言ったために、言い訳がましく聞こえてよけいこじれた、という話も聞きました。

 

ママ友って子育てという絶対的な共通点はあるけれど、みんながみんな、

趣味が合うわけでも、ウマがあうわけでもありません。

だから本当に仲良くなれる人って少ないし、付き合いが壊れやすいのも事実でしょう。

 

そういう中で、幸い本当に仲良くなりたいと思えた人とは、

大切に大切にお付き合いしていきたいと思います。

 




« 怒れる長い夜 (タメ息) | トップページ | 夜の「ノート」の買物、出るか出ないか »

子育て」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:子どものトラブルが、ママのトラブルに……(10/11)
SECRET: 0
PASS:

うちも幸いクラスでは友達のトラブルはないですが、通学団でのトラブルはありました。
ま、うちの子が集合時間に間に合わないのがいけないんですが・・・
「遅い!」と怒鳴られるだけならまだしも集合時間を勝手に変えられたり、怒って小突かれたり、ランドセルを蹴られたり(玄関先でタオルでランドセルを拭いてる息子を見て頭に血が登りましたよ)、あげくには迎えに来てくれるのはいいのですが時間より早いわ、連続ピンポンされるわ。
こちらも最初は我慢していたのですが(もちらん負い目がありますから)、そのうちにこらえきれなくなって私も主人も怒ってしまったことがありました。
そして、集合時間の勝手な変更による嫌がらせには担任及び通学団担当の先生、はたまた相手の担任にも申し入れさせてもらいました。(恥ずかしながら教室まで怒鳴り込んだ事もあります。)
でも、そんなことぐらいでは治まらないんですよね。
先生が監視に来てくれてるときは何もしませんから。
まずはこちらが時間を守るようにしないと・・・としばらくは必死でした。
息子も嫌なら時間に間に合うようにすればいいのに、それががんばれないので、こちらもつい激をとばしてしまうのですがそれも両側から責められてるようで可哀そうだし・・・と悶々としたものです。
3年生になってしばらくは時間をきっちり守っていたのですが、ここ最近また遅れるようになってきました。いまでは嫌がらせはないですが、置いては行かれてるみたいです。
来年は娘も入学するし、もっと息子にはがんばってもらわないと困るんですが、まだまだ先は長そうです。

TITLE: Re[1]:子どものトラブルが、ママのトラブルに……(10/11)
SECRET: 0
PASS:

まじまじさん

そういう事情がおありとは、毎朝大変でしょうね……
集団登校のシステムがあるのはうらやましい気もしますが、時間厳守というプレッシャーに親子ともイライラさせられそう。

うちの学校は、集団登下校のシステムは週1回しかなく、しかも下校時オンリーです。数年前には児童を狙った深刻な事件も発生したので、保護者としては集団登下校を望む声が多いのですが、なかなか実現してません。なので入学する前に、事前に近くの年齢の近い子供がいるかどうか調べて、いたらこちらから一緒に行ってもらえるよう根回しをしておかねばなりません。もちろん強制ではありませんが、一人で登下校させるのはあまりに不安なので、みんなそういう努力はしているようです。
うちも来年、娘が入学ですが、息子のグループはみんな男の子なので、娘用のグループをまた探さねばなりません。
たかが登下校、されど登下校……ですよね。

TITLE: Re:子どものトラブルが、ママのトラブルに……(10/11)
SECRET: 0
PASS:

なんだか駆け込み寺みたいなコメントなんですが、(^O^)聞いてもらえますか?

子供のことに関しては、
”みんなが自分と同じ考え方だとは限らない”
ということを忘れちゃいかんと思います。

最近わたしもこういうトラブルがあって、
ほんと、参りました。

私の場合は、本当にささいな子供の行動のことを言われたのですが、
普通なら直接子供に注意をすればいいことを
わざわざ親のわたしに言ってくる。

確かに相手の言い分は間違っちゃいないんです。
でも、わたしとしてはそんな小さなこと、親にまで言うか?みたいなことなんです。

どうもその人にとっては小さなことだったのではないようですが、器ちっちぇ!って思いました。

だってわたしは逆にその人の家の子供のことを口うるさく言ったりしないし、またそんなの子供本人に言うべきであって親にまで言うことではないと考えているから。
よっぽどのことでもない限りね。よっぽどだったらいいますよ。

ま、許容範囲も人それぞれですからね。

つづく・・・・

TITLE: つづき〜
SECRET: 0
PASS:

その人は、自分がわたしの立場なら子供のことを把握しておきたいし、把握しておくのは親の責任だと思うからわざわざ私に言ってきたみたいなんです。

だから人の考え方っていろいろだなぁって思いました。

でもその人以前にもクレームをつけてきたことがあり、”自分の子は悪くない”を押し通す人。
わたしもたいがい頭に来たので、
思いっきり反論し、思いっきり溝ができました。(^O^)

でも、いいんです。
いままで何度か腑に落ちないクレームをつけられていて、それでも気持ちを切り替えて乗り越えたんです。
でも、今回はっきり嫌いな人には嫌いだということを伝えた方が楽になる!って思いました。
しょせん子供の友達です。
わたしが選んだ友達じゃあありません。
大人げないかもしれませんが、言わないと分からない人もいます。
私だってそうです。
言われないとわかりません。

ごめんなさい。めちゃめちゃ愚痴っぽいコメントで。
でもほんと、親同士の付き合いの方が疲れるわ〜〜

TITLE: Re:つづき〜(10/11)
SECRET: 0
PASS:

rickymomさん

いろいろと大変だったようですね……

ほんとに親同士の付き合いって難しいですよね。
自分だけならまだしも、下手をすると子どもにまで
とばっちりがいく可能性もあるのでホントに気を使います。

昔に比べて、「友達を作らなくちゃ!」という意気込みがなくなりました。それこそ息子の入園前は、親子して友達作りに躍起になっていたのですが。
今は、自然体に接していて気が合えば、それがいいという感じです。

トラブルになるとそういうわけにもいかなくなりますものね。世の中にはホントにいろんな人がいるなぁと思わされます。
お互い、がんばりましょうね^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362087

この記事へのトラックバック一覧です: 子どものトラブルが、ママのトラブルに……:

« 怒れる長い夜 (タメ息) | トップページ | 夜の「ノート」の買物、出るか出ないか »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ