« 子育て:賢い子どもを育てる大切な要素とは? | トップページ | 娘が原因ではないのに娘に怒っている自分。 »

2008年11月 7日 (金)

無意識の子育ては、怖い。

 

先日ママ友から「お兄ちゃん、塾とか行ってる?」と聞かれて

中学受験や子育てのことなど、あれこれ話し込んでしまいました。

 

彼女の家では、彼女も旦那様も中学受験の経験者でいわゆる成功組です。

なので、子どもに対しても中学受験は当然と考えているそうです。

子ども本人の意思を確認することもなく、そろそろ塾に行くように、

まぁ半強制的にそういう雰囲気にしているのだとか。

(もっとも小3の今からではすでに遅いそうなのですが)

 

ときどき彼女は冗談交じりに

「うちの子、このごろ反抗がひどいのよね」と言うのですが、

勉強や習い事の練習となると、彼女自身、

子どもにかなり厳しく接しているようです。

 

具体的な様子をちょっと聞いただけですが、私は直感的に、

この人の子どもはいつかブチぎれるんじゃないか、と思いました。

子どもが八方塞がりになっているような印象を受けたからです。

 

私は子育てや児童心理の専門家ではありませんが、

いろいろな本を読んだりブログに書いたりしているので、

少しは幅広い視点で子育てを考えられているのではないかと思っています。

(幅広い視点を持つことと、それに基づいて

理想的に行動できることとは別です、残念ながら^^;)

 

なので、彼女の話には正直言って驚きました。

当り前のように、「子どもの意思を確認せずに」塾に行かせようとしていること、

習い事の練習で「紙でメガホン作って、うまくできないとバシっ」とやったこと。

「うちの子、本当にぼーっとしてるから」は謙遜でなくて、

自分に似ていて本当に嫌だと思っているらしいこと。

 

私はなるべく当たり障りのないように、

子どもには逃げ道を作ってやらないと窒息するとか、

欠点ばかりに目が行ってしまうけれど、あえて目をつぶり、

長所を探してほめてやることなど、

どの子育ての本にも書いてありそうなことを言いました。

 

もちろん、彼女にとってもこんなことは言われなくても

分かっているのでしょうけど、

アタマで分かっているのと、実際にやってみて分かるのとでは

分かる深さが違うと思います。

 

それにしても、自分の子育てを客観的に見てそれがどの程度

(良いのか)悪いのかを知ることが、いかに大切かを痛感しました。

 

子育てってあまりに日常的すぎて、子どもに対する

言葉遣いや態度の善し悪しに気付くことは少ないと思います。

もちろん、親がキレて暴言を吐いたり悪態をついたりするなど一線を越えれば、

たいていはすぐ気付いて後悔しますが、

普段の自分の会話や行動のパターンについては、あまり考えないですよね。

無意識に言ったりやったりしているのですから、何気ない一言が出た後に

立ち止まって「今の言葉、子どもにどんな影響があるんだろう?」なんて

思う人はあまりいないでしょう。

 

だからこそ、習慣になっている会話や行動が、知らず知らずのうちに

子どもにとってマイナス要因となっているとしたら、

これほど恐ろしいことはないように思います。

 

ママ友と中学受験や子育ての話をして、

他人事ながら息子さんの近い将来が少し心配になったと同時に、

「自分の子育てに気づく」ことの大切さを強く感じました。

 

 




« 子育て:賢い子どもを育てる大切な要素とは? | トップページ | 娘が原因ではないのに娘に怒っている自分。 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:無意識の子育ては、怖い。(11/07)
SECRET: 0
PASS:

私もダメだ!と思いつつ、ついけなすしかり方をしてしまいます。
どうしたらわかってくれるの??と自分自身腹が立ってしょうがないもので、つい言わなくてもいいことまで言ってしまい後悔しきりです。
褒めるってなかなか難しいですよね。
反省します。。。

TITLE: 別のパターン
SECRET: 0
PASS:

義親たちは、
うちは商売があるからみんな仲良く助け合っていったらそれでいい、、ということを言います。

子どもたちがどうした以下というようなことは一切聞かず、
進路も親が決めるようなやり方だったようです。

義妹さんは、高校でたら、変な虫がつかないようにと外には出さず「家の手伝い、食事の用意など」以外は和裁をならわすのみ。
短大とか専門とか行きたいと思わなかったかと聞くと、言っても無駄だと思ってたといっていました。
結婚していろいろ習い事をしたりしています。

上の兄たちは反発して出て行き、
残ったのが夫。

自分の意思を押し殺してきた人生を
「奪われた人生」とかんじてるといいます。でも
その気持ちを伝えないので、義親はまったく気がついていません。義母は、少しすまないなーとかんじてるかも知れませんが、自分も大変な人生だったということのほうに気が言ってるようです。

自分の経験から、、子どもの人生を判断するって本当に危険だなーと思っています。幸せになってほしいと思うのはどの親もおなじなんでしょうけど。

TITLE: はじめまして♪
SECRET: 0
PASS:


こんにちは!
はじめてコメントします。スペインで英語教師(子ども中心です)をしているブランカです。将来は、英西日の3ヶ国語の通訳&翻訳の仕事をするのが夢で、今
は、子育て(5才娘)と英語クラス、そしてスペイン語の勉強をしています☆
以前、クラスの教材等のアイディアで困っている時に、こちらのブログと知り合い、それ以来、時々遊びにきています☆アイディアを頂いたり、励ましてもらたり、、、いつもお礼のコメントをしなければ、、と思いながら、今日までのびてしまいました、、、、。
これからも、時々、遊びにこさせてもらいます☆
お時間ありましたら、私のブログにも遊びにきて下さいね。http://blancablanca.blog106.fc2.com/

TITLE: Re[1]:無意識の子育ては、怖い。(11/07)
SECRET: 0
PASS:

まじまじさん

母親も人間ですから腹を立ててけなしたりということもありますよね。でもそれ以上に子どもが愛情を感じていれば、少しはマイナス要因を軽減できるかもしれません。厄介なのは、親は「ウチの子は当然こちらの愛情を感じてくれているだろう」とタカをくくる人が多く、実は親が思っているほど子どもは愛情を感じていないケースが多い、ということだと思います。まぁ昨今の親子関係の悲劇の報道を知ると、「親子なんだから愛情を分かり合っていて当然」なんてのは思い込みにすぎないと思えそうなものです。自分の子供との関係にも普段から気をつけようと思います。

TITLE: Re:別のパターン(11/07)
SECRET: 0
PASS:

まるママ5725さん

>子どもたちがどうした以下というようなことは一切聞かず、
>進路も親が決めるようなやり方だったようです。

私も、結局は親が決めた進路へ進んだけれど、それまでに自分の言いたいことを一応言えたうえで、当時は「親が言うから仕方なく折れた」でした。でも今となってはとてもよかったと思います。しぶしぶ従うにしても、自分の思いを言うチャンスをもらえたからこそ親の言い分にも納得できたのだし、親に極端に反抗しないでいられる大きかった要因だったかもしれないと思います。

>自分の意思を押し殺してきた人生を
>「奪われた人生」とかんじてるといいます。でも
>その気持ちを伝えないので、義親はまったく気がついていません。義母は、少しすまないなーとかんじてるかも知れませんが、自分も大変な人生だったということのほうに気が言ってるようです。


親に「奪われた人生」と感じるのは悲しいですね。
でもそれで反発されなかった(?)のは
ご主人の器の大きさなのだと思います。

お義母さまが「自分も大変な人生だったということのほうに気が行っている」というのは、まさにそうだろうなと思います。だって結局は、親が生きるべきは自分の人生だと思うからです。どんなに親が子どものことを思っても、子どもの人生を親が代わりに歩んでやることはできませんものね。子どもが幸せな人生を歩むためには、親自身が自分の人生を楽しむことが必要だと思います。「あなたのためを思って」と子どもに説明しても、子どもは成長すればするほど、うっとうしと思うでしょう、きっと。

親は子どもの成長にしたがって、上手に子どもの人生を、おしつけるのではなくサポートしていってやりたいものです。


>自分の経験から、、子どもの人生を判断するって本当に危険だなーと思っています。幸せになってほしいと思うのはどの親もおなじなんでしょうけど。
-----

TITLE: Re:はじめまして♪(11/07)
SECRET: 0
PASS:

blancaさん

はじめまして♪
コメントをありがとうございます。
子ども英語ネタや翻訳ネタは
最近御無沙汰してしまって……

ブランカさんのブログ、
遊びに行かせていただきますね^^

TITLE: Re:無意識の子育ては、怖い。(11/07)
SECRET: 0
PASS:

わたしも子育てに関する本をよく読んでいる方なので、ママ友からこういう話を聞くと、
すごく考えこんじゃいます。

そういう言い方はアカンのんちゃうかなぁ?
とかこういえばいいのに・・・とか。

でも余計なおせっかいかもしれないし、
気軽にアドバイスできるほど仲の良いママともじゃなかったりするし、大概の場合聞くだけです。
要は聞いてほしいんですから。
聞いてあげるのがわたしの役目だと思ってます。


わたしの友達で、育児本は影響されるから読まないようにしているって言う人がいるんですが、
そういう人こそ読む必要のある人だったりするんですよね〜〜
で、遠まわしに「いつでも貸すよ♪参考になるし」なんて言っても全然読もうともしない。


たとえがおかしいかもしれないけど、パソコンの使い方を覚える為に取扱説明書を見るのと、子育てするのに育児本を読むのは大して変わらないんじゃないかと思うんです。
習うより慣れろも大事でしょうが、パソコンと違って子育ては心を扱うものだもの。
もっと複雑だし、もっと難しい。さも簡単そうに見えて、実は・・・

子育て中は毎日一所懸命走っているようなものだと思うんです。
でも、時々は立ち止まって、何か間違ってないか、
もっといい走り方はないか振り返って確認するほうがいいと思うんです。
でもそれさえもしようとしない人もいますよね。
子供が何かトラブルを起こさない限りは。

TITLE: Re[1]:無意識の子育ては、怖い。(11/07)
SECRET: 0
PASS:

rickymomさん

私も、ママ友と子育ての話をすると考え込むタイプです。
子育ての本を読むと落ち込むから読まない、というのは分かる気もしますが、我流で行って失敗したらそれこそ大変ですものね。

反面教師になるママさんて結構周りにいます。
でも私から偉そうに言えるものでもないので
いつか気づいたらいいのになぁと内心思っているだけです。

子どもの「勉強」への意識より「心」への意識の方を高く持った方が、結局は勉強もその他の問題も何とか避けられたり、問題が出ても解決できたりするのではないかしら。難しいけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362112

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の子育ては、怖い。:

« 子育て:賢い子どもを育てる大切な要素とは? | トップページ | 娘が原因ではないのに娘に怒っている自分。 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ