« 読書教室のおかげかな? | トップページ | 母の日の朝。 »

2009年5月10日 (日)

子どもを叱るときは 「最初が肝心」 だナ…

兄妹ゲンカは必要だと分かっていても

目の前でギャーギャー騒がれると嫌ですし、

そのうち真剣に腹が立ってきます。

 

イライラが爆発しないように、と頑張って我慢していても

その我慢がアダになって耐えきれなくなったときの爆発たるや、

それはそれは大きく激しいものです。

 

で、「またケンカしたら、○○はナシだからね!」と言って、

子どもが好きなテレビや遊びを取り上げたり、

「2人とも、二階へ行ってなさい!」とその場から追いやったりしてしまいます。

 

こういうやり方って、手っ取り早いけど

何の解決にもなっていないし、イライラが子どもにも広がるし、

良いことは何もないですよね。

 

ちゃんと冷静に二人から事情を聞いて、

子どもたち自身が解決策を考え、話し合いをし、

決めたことを実行するのが一番いいのだと思います。

 

だけど、これが難しい^^;

事情を聞こうものなら、お互いの告げ口合戦になるし、

ケンカのとっかかりを目撃していたら「アンタが〜するからでしょ!」と、

理由も聞かずに悪い方を決めつけてしまいますもん。

 

少し前、子育ての本をいくつか拾い読みしていた時に、

「子どもを怒りたくなったら、最初が肝心。最初にグッと我慢しよう!」

ということが書いてありました。

最初が肝心。

うーん、本当にそうですね。

 

最初の「グッと我慢」ができずに感情が噴き出してしまったら、

火に油を注いでしまいますよね。

兄妹ゲンカが今度は親子ゲンカになってしまいます。

 

実は、ものすごーく、このことを痛感する出来事が

GWの旅行中に起こりました。

ブログにも少し書きましたが、トルコアイスクリームをめぐって

息子と娘がケンカをしたとき、その対処の仕方が

とてもまずかったと思うのです。

でもそのときはカッカして、ちゃんと考えることができませんでした。

 

最初が肝心。

最初が肝心。

 

しっかりと覚えておかなくちゃ。

 

 




« 読書教室のおかげかな? | トップページ | 母の日の朝。 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362318

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを叱るときは 「最初が肝心」 だナ…:

« 読書教室のおかげかな? | トップページ | 母の日の朝。 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ