« なくし物の、ケリの付け方 | トップページ | 少しスッキリ。「仕事」で出かける予定も!(^^) »

2009年6月10日 (水)

妙に納得した、息子(小4)の悩み

小4の息子が深刻な顔でやってきました。

「ぼくたちが学校でドッジボールしてたらさ、

ゆづ(妹)も入って来ちゃうんだよショック

 

娘は小1です。

ときどき運動場で息子たちを見つけては近寄り、

娘を見つけた息子のクラスメート(女の子)が

「一緒にやる?」と誘ってくれるらしいのです。

娘は喜んで中に入るのですが、

プレーしていた4年生の子たちは面白くありません。

そりゃそうだ〜、思い切り投げにくいだろうし、

当てたら泣かれる、とか思うでしょう。

 

実際、同じクラスの男の子はそういう不満(?)を息子に言ったらしく、

息子も困っていました。

私は前に一度、「1年生同士で遊びなさいね」と軽く言ったことがあります。

息子ももちろん、いつもそう言っているのですが

娘はさらりと聞き流しているみたい^^;

それにお姉ちゃんたちが誘ってくれるので嬉しいのでしょうね。

いっしょに遊んだ日の帰り道では必ず

「今日ドッジボールしたスマイル」と話してくれます。

 

でも息子が友達から困ると言われているならちょっと深刻です。

ちゃんと娘に理由を話し、ドッジボールに入らないよう言って聞かせました。

4年生のお姉ちゃんたちが誘ってくれても

「ありがとう、でも1年生同士で遊ぶね。ごめんね」と断ることで

指きりゲンマンしました。

娘はあっさり約束したので私はやや拍子抜け。

 

それにしても、私にも同じ経験があります。

3歳下の妹が小学校に上がったとき、やはり私の教室へ遊びに来たり

それこそ運動場でも一緒に遊ぼうと来たりして、私はクラスの子から

「妹に来られると困る」とハッキリ言われました。

 

蛇足ながら、さらに記憶をさかのぼると思い出しました。

私が小1のとき、小6の双子のお姉さんが近所に住んでいました。

きれいなお姉さんでバレーボールが上手で憧れていました。

公園や学校でお姉ちゃんたちを見つけるたびに駆け寄っていき、

遊んでもらっていましたが、ある日「ごめんね」と断られました。

そりゃ、いつも1年生がうろうろ来たらうっとうしいよね^^;

それ以降、遊んでもらったかどうかは覚えていません。

 

学年の壁を超えて遊ぶのは大切だけれど「いつもいつも」じゃ

上の子たちは退屈しますよねぇ。

 




« なくし物の、ケリの付け方 | トップページ | 少しスッキリ。「仕事」で出かける予定も!(^^) »

小学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362361

この記事へのトラックバック一覧です: 妙に納得した、息子(小4)の悩み:

« なくし物の、ケリの付け方 | トップページ | 少しスッキリ。「仕事」で出かける予定も!(^^) »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ