« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月20日 (月)

小学生の母親ならではの(?)夜の恐怖

連休に入って仕事のメールが来なくなり、心底ホッとしていたけれど

また明日からバンバン入ってくるのだろうなぁー......

こあいよーショック

 

怖いと言えば! 最近の夜の恐怖どくろ

実は我が家では2年ほど前からカブトムシをたくさん飼っています。

今ウチにいる子たちの大半は卵から飼って羽化した子たちで

先日の夜の虫取りで仲間入りした子たちもいます。

 

でね、虫かごが6つあって、そのうちの一つは本当は水槽なんです。

フタがないので木の板で覆いをしているのですが

上に少し反っていて、わずかに隙間ができちゃうんですよね。

 

その隙間から出て来るんですよ、

力持ちのカブトムシ君たちが。

しかも、夜10時ころがいちばん活発に動いているようで、

その時間は子どもたちはもちろん、パパもたいてい寝てしまっていて、

ワタシは一人でパソコン部屋で仕事をしているんです。

すると、ブーーーンという大きな羽音がして、

カブトムシが脱出したことが分かるんですよね。

そうなったら、パソコンの部屋から出るのが怖くて。

 

お茶を飲みたくてもキッチンは向こうだし、

トイレに行くにも廊下に出なきゃならない。

カブトムシが飛んでいるのは玄関から続く廊下で、

その廊下はどこに行くにも通らなくちゃいけないのです。

 

結構大きいカブトムシなので、不意をつかれて目の前を飛んでったりすると

もう恐怖以外の何物でもありません。

じっとしているカブトムシを見ているのは大丈夫なのですけど、

自由に飛び回られると、体中で恐怖を感じます。

 

カブトムシが2匹もいっぺんに出てきたときは

よほどパパを叩き起こそうかと思ったくらい!

(熱を出して寝込んでたので、かろうじて思いとどまりましたが)

このときは何とか虫網で2匹とも捕まえて、

直接触れないからビニール袋を持ってきて、空気穴をつまようじで開けてから

1匹ずつ別々に入れました。袋の口はしっかり結んでね。

 

そうしたら!

信じられない!1時間後、またブーーーンと羽音が。

恐る恐る見ると、捕まえたはずの大きなカブトムシがビニール袋から

脱出してしまっていた......

そしてさらに1時間後、小さいほうのビニールに入れたもう1匹も、

やっぱり脱出して、袋は空っぽだった......

 

こんな恐怖の夜を、この夏すでに3回は過ごし、

今日、夫に、ちゃんとした虫かごを買って逃げないようにするよう

切実にお願いをしました。

ほんとに、真剣ですよ私も。仕事どころじゃなくなりますから。

 

夫は病み上がりにもかかわらず、さっそく虫かごを買って

カブトムシを引っ越しさせてくれました。

そのおかげで、私は今とっても平和にブログを更新しています^^

でも、虫かごの中でもブーーーンという音がしょっちゅう。

それが聞こえるたびに、体が一瞬緊張します。

すごい条件反射!

 

 

 




2009年7月17日 (金)

意識モーロウ…

あぁしんど……

もう二度と、大量チェックなんか

やらん……

まだ……つづく……




2009年7月14日 (火)

翻訳チェックのたたり

先日、大量のチェックを終えてめでたく納品したのですが、

なんと「分かりにくい」とクレームが来てしまいましたショック

クレームをつけたのは翻訳会社ではなく、

クライアントが翻訳会社に対して、です。

で、翻訳会社から私に連絡が来て、事情を説明されて

また総チェックをかけることになりました。

もとの訳文のひどさに心底腹が立っていたし、

翻訳会社のミスで参考資料も事前に渡されていなかったこともあって

正直 「クレームが来てショック」 というより 「もうウンザリ!」 って感じでした。

唯一、救われたのは、翻訳会社の担当の方に

「もとの訳文があまりに分かりにくくて、かなり改造したのですが」と言ったら

「そうですよね、私もとても読みやすくなっていると思いました」と

言ってもらえたこと。

翻訳会社では、私のチェックをOKとしたのですが

肝心のクライアントには NOT OK だったんですね。

はぁ。

しょーがないね、翻訳は、翻訳者やチェッカー、翻訳会社が

上出来!と思っても、結局はクライアントや読者が納得しないとダメなんですよね。

分かっちゃいるけど、気持ちは……

 

くそーー、私はこのチェック案件にたたられているぅ!!お化け

 




2009年7月 9日 (木)

仕事中のちょっと面白い体験(^^)

この二週間ちょっと、翻訳チェックの仕事に久々に

忙殺されておりましたけど、ちょっと面白い経験をしました。

 

今回の資料は(も)ビジネス関係の内容で、

その世界ではものすごいキレ者で敏腕家そうな

人たちの名前がずんずんらりんと並んでいました。

ある人の経歴を調べていたとき、

検索に動画が引っかかりました。

見てみると、その人のインタビュー動画でした。

時間に追われていたのですが思わず見入ってしまいました。

 

ほー、この人が......

そうか、こんな顔してんのか。

ビジネス界では凄そうな人なのに、

優しそうなおじさんだな

とか

髪の毛少なくてかわいそう

とか

カメラの前では緊張してるみたい、あんまり威厳がないな

とか

 

全然関係ないことばかりに目が行きましたうっしっし雫

その時だけ、チェックに苦しんでいることを忘れて、

なぜか親近感さえ持ってそのおじさんを観察してしまいました。

 

で、結局その人の経歴はその動画からは分からなかったのだけど、

最後に司会者がThank you, XXと言ったので、

めでたくその人のフルネームの発音が分かりました。

氏名の表記に悩まされていたので、ラッキースマイル

 

ちなみに、入力した語をいろんななまりの英語で発音してくれるサイトを発見ひらめき

人名の発音を知るのにこれを使わない手はない♪

ということで、必要な方はどうぞブックマークしておいてくださいね。

AT&T Labs Text-to-Speak

 




晴れ晴れと、記事更新(^^)

やっとチェック原稿のすべてを納品して終了しました。

あとでまた質問が来るかも......とちょっとビクビクしていたのですが

一応「ありがとうございました」のメールをいただいて、ホッ。

 

......と思ったら、引き続き同じ系統のもののチェック依頼をいただきました。

一瞬、「えー、もうヤダショック!」と思ったのですが、

内容が重複するうえ、今回に比べたら量もうーーーーんと少なく、

たぶん、楽勝。

なのでお受けしました。

原稿は来週来る予定です。

 

さて、明日からは出版翻訳に戻ります。

こちらは私が本当にやりたい、本の翻訳です。

チェックじゃないから余計なことでイライラすることもありません。

ゼロから作文する苦しみはありますけど、

でも今回のチェックを経験した後ですから、なおさら、

少々の苦しみもきっと楽しく感じられると思います。

頑張らなくっちゃ〜ウィンク




2009年7月 8日 (水)

またもや原稿待ち…

おーい、どうなってるんだ〜。

翻訳チェック原稿の続きが来ないじゃないか〜。

納期だけは言い渡されているのに

このままじゃ、どんどん作業時間が減っちゃうよショック

翻訳者さんが今必死で原稿と戦ってるのかしら……?

 

 


AX




2009年7月 7日 (火)

オブラートに包んで、愚痴。

今も翻訳チェックのお仕事中。ようやく山を越えました。

それにしても今回のチェック、思った以上にかなり大変な作業です。

生活にも影響が出てきて、夫もあまりいい顔しなくなりましたショック

もしまた同じような量のチェック依頼が来たら、

もうお受けしないと思います。

 

本当は、愚痴を思い切りぶちまけたいのですけど

後味がすごく悪くなるのでこれでやめておきます。

(ってか、さっき正直に思うことを書いていたら

すごーく嫌な気持ちになりました失敗

同じチェックでも、もっと量が少なければそこまで思わないのですけどね)

 

ブーブー言ってますが、今回の分はお引受けした以上

最後まで気を抜かずにやります。

続きの訳文が来たら、また締め切りまでピリピリしそうですいなずま

あー、早くぜーんぶ終わらせたいわ。




2009年7月 4日 (土)

頭が重いときの、ひとりごと。

二日も更新しないと禁断症状が……ショック

なんてね。別にわざと更新しなかったわけじゃないのだけど。

幸いチェック原稿が週末前に来たので

この土日に作業できます。今もその真っ最中。

来なければホントに、絶対に納期間に合わない!

というところだったので、とりあえずはホッとしました。

 

だけど、1パラグラフを訂正するだけでかなり手間暇かかるので、

1パラ終わるごとにため息ついて

ふらふらネット散歩したりドリンク入れたりしいます。

ほんの1,2分で次に行くのですけどね。

もっと作業効率を上げなくちゃいかんなぁ。

それにしても、頭がぼーっとする……

 

 




2009年7月 1日 (水)

仕事中、毒吐きます。

翻訳チェックの仕事中です。

自分のことを棚にあげていると分かっていても言わずにはおれない。

訳文、分からなすぎる。

頼むから、もっと句読点を分かりやすく打って。

頼むから、もっと英語の語順にそって訳して。

後ろからひっくり返しまくりで、何がどこにかかってるのか、

原文を見ないと絶対に分からない。

こんな文を、理解できる文にするにはものすごーーく時間がかかる。

根気もいるし、穏やかな心も必要。

だけど穏やかになんかなってられない。

一文読むごとに腹が立ってくるんだから!

まったく、ゴジラになって口から火を噴いている気分だわ!怒ってる炎

 

最初は、私だってチェックじゃなくて翻訳をしていたら

人のことを言えない、なんて謙虚に思っていたけれど

こんな調子で何十ページも作業が続く

(しかも最初の予定から大幅に遅れて

後のしわ寄せがきついのが目に見えている怒ってる)となると

たまには毒を吐かないとやってられませんパンチ

 

 

あー、ちょっとすっきりしたうっしっし

訳者さん、ごめんなさい。

 




原稿待ち。落ち着きません^^;

昨日来るはずだった翻訳チェックの原稿の第二弾が、

一日延びて今日の午前中ということに。

かなりすったもんだしている内容なのでずっと緊張感があったのに

急にぷっつんと切れた感じがして、

昨夜はものすごーーい疲れました。

んでもってさっきは急にネットとメールがつながらなくなって

一瞬、体中から血の気が引きました。

でもほどなくして復活。何だったんだ??

原稿、早く来ないかな〜

こうやって宙ぶらりんに待ってるのって、なんだか落ち着かないな〜

 

 




« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ