« チャレンジ1年生、バトル再び(^^;) | トップページ | 息子(小4)と朝勉、続くかな〜続けたいな〜 »

2009年9月 7日 (月)

口で言わなくても態度に出る「アンタが悪い」。やめよう。

小4の息子の友達Mくんが遊びに来ました。

二階へ上がってしばらくすると、Yくんが遊びにきました。

Yくんは特に約束はしていなかったのですが、

いっしょに遊ぶことになり、二階へ上がりました。

 

......が、Yくんは40分ほどで静かに降りてきて、無言で出ていきました。

玄関のドアの開け閉めも静かに、門扉を閉める時もそっと。

忘れ物でも取りに帰ったのかな?と思ったのですが、

わざと黙って帰ったようなそぶりが気になり、息子に聞いてみました。

 

「ねぇ、Yくんは忘れ物? それとも帰ったの?」

「帰った」

「なんで?」

「カードをやらなかったから」

「どういうこと?」

ここでMくんが口を挟みます。

「Yくんが●●のカードゲームをやろうって言ったけど、やらなかったから」

 

子どもたちの話をまとめると、どうやら

「Yくんがカードで遊ぼうと言ったのに二人が取り合わず、

それまでの遊びを続けた。

だからYくんは、つまらなくなって帰った」

ということのようでした。

 

......ささいな、よくある子どものちょっとしたトラブルです。

だからそんなに気にしなくていいかもしれません。

だけど夕食の支度をしながら、黙って帰ったYくんが気になりました。

「黙って帰ったのは泣きそうだったから?

家でもしお母さんに泣きついていたら?

私はお母さんとも付き合いがあるし、

これで親子とも関係がこじれるのはイヤだ」

......と、考えは膨らむばかり。

 

そうやっていろいろ想像していると、

息子がバツの悪そうな顔をしていたことが引っかかります。

 

しばらくしてMくんも帰った後、

私は息子にあらためて話を聞きました。

もし二人がYくんを仲間外れにしたのなら謝るべきです。

もし、Yくんが泣くほど辛い思いをしていたのなら、

私も(佐々木先生の本によると、私こそ?)いっしょに

謝りに行った方がいいのかもしれません。

 

さて、息子の説明によると、

 

そもそもYくんは、Mくんとカードゲームをやりたい、と言ってウチに来た。

Mくんがウチへ来るのを見かけたので、Yくんもやってきたのだった。

だけどMくんは僕と先に別の遊びをしていて、

そこにYくんは、言ってみれば割って入ってきた。

だから「カードしよう」と言われたときに、

僕は(Mくんも?)「無理!」と言って結局カードをやらなかった。

 

ということらしいです。

私は上↑のようにいろいろ想像したり息子のバツの悪い顔を見たりしたので

無意識に「どういう事情でYくんを帰らせたのか突き止めてやろう」という

意地悪な姿勢になっていたのかもしれません。

息子の気持ちを聞いてやるより先に、説明を「でもさぁ...」と否定したり

「無理!って言うのはないんじゃない? もっとほかに言い方があるでしょ」と

諭したりしていました。

 

そのせいか、話が終わった後も息子はなんだか変でした。

いつものように机に向って宿題やチャレンジ4年生をするのですが、

おとなしすぎました。

立ち歩くことも文句を言うこともなく、ひたすら机に向かっていました。

私は台所にいましたが、いつもならすぐに「今日の晩ごはんはなあに?」とか

聞きにくるのにまったく来ないし、娘とケンカする声も聞こえません。

なんか、宿題をしながら別のことを考えているような......。

 

やっぱり私の、「あんたが悪い」的な態度のせいでしょうか。

後で息子の説明を冷静に考えたら、別に息子は悪くありません。

むしろ、先にMくんと約束して遊んでいたのに、勝手に家に来られて

遊びに割り込まれて、腹が立ったのは息子のほうでしょう。

そこまで考えたとき、どうやって息子に謝ろうかと思いました。

謝るタイミングを見つけられないまま、なんとなく

息子のところに行くと、息子から口を開きました。

「さっきのことさぁ、やっぱり僕が悪いの?」

 

あぁーー、ごめん。ごめんね。

やっぱりそのことを考えてたんだね。

 

「無理!」とにべもなく断ったのは改善の余地アリだけど、

あんたは悪くない。

あんたの話をよく考えたら、あんたは悪くない。

お母さんが悪かった。ごめん!

 

......という感じで、不器用に謝りました。

 

それにしても、普段は「我が子を信じる!」なんて豪語していても

実際には相手の親との関係もあって、ささいなことほど、

アンタが悪いんじゃないの〜と我が子を責めて流してしまいます。

親は軽く流したつもりでも、子どもの方はそうはいかないのでしょうね。

 

今日は久しぶりに、苦いドキドキを感じました。

相手の子、相手の親より、まずは自分の子の気持ちを聞いてやる。

まずはこれだよね。

 

花おまけ花

このあと晩御飯を食べようとしたら、

息子が突然「お母さん、大好き」と言ってくれました。

嬉しくなって「おかーさんも、大好きだよ〜〜」と思い切りムギューしました。

それを見ていた娘も「いいなーいいなー」と言うので

娘にもムギューをしました。

 

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたハート(手書き)

 




« チャレンジ1年生、バトル再び(^^;) | トップページ | 息子(小4)と朝勉、続くかな〜続けたいな〜 »

カテゴリ未分類」カテゴリの記事

コメント

TITLE: そうですよね。
SECRET: 0
PASS:

いつも楽しく読ませていただいています。お子様とのやりとり、トラブルへの対処の仕方、はっと考えさせられることが多く、とても勉強になります。ありがとうございます。

TITLE: Re:そうですよね。(09/07)
SECRET: 0
PASS:

comoさん

こちらこそ、コメントをありがとうございます(^^)
本当に子育てって試行錯誤の繰り返しですよね。
こんなブログでも少しでもお役にたてれば嬉しいです。

TITLE: 友達関係は難しいです!
SECRET: 0
PASS:

子供同士のトラブルって大小に関わらず、親としては対処に嫌でも敏感にならざるを得ませんよね。
子供たちの気持ちもそうですが(どちらに非があるのか判断に困る)、帰ってから向こうの親に子供がどう報告するか、それを親御さんがどう思うか。
言葉は悪いですが、自己保身を考えてしまうのは無理ないことだと思います。
自分の子供の意見も聞きつつ、相手の気持ちも聞かなければいかないし、でも子供も子供でお互い自分が悪いとはなかなか言えなくて本当のことを言わなかったりするし。。。
私は極力「自分で解決しな!けんかになるくらいならその遊びはしないこと」と突き放すほうです。
親が出るのは簡単だけど、それじゃぁ子供の為にならない気もするし。下手にこじらせるのも嫌だし。

私も普段なかなか息子の話をちゃんと聞けなくて、最近息子が精神的に参ってるようなので、なんとかしないと・・・と思ってはいるのですが。
ムギューっとしてあげられる(アフターケアができる)まままりもさんを尊敬します。
私なんて自分のことばかりで、子供に目が行き届かないダメママなのでいつもまままりもさんの日記が勉強になります。(実践できてないのがつらいですが)
子育ては親育て! がんばりたいと思います。

TITLE: Re:友達関係は難しいです!(09/07)
SECRET: 0
PASS:

makiさん

自己保身って、まさにそうです。
トラブって親が首を突っ込んで親同士のトラブルになっちゃうと、子どもが仲直りしても遊ばせにくくなったりするし。
ほんと、友達関係には気を使いますよね。
幸い今回のことでは、息子たちは翌日元に戻って普通どおりにしゃべれたらしくホッとしました。

こちらがイライラすると子供をフォローするのも大変ですよね。やっぱり感情が出るし。まぁ親も人間なので仕方ないと言えばそうなのですが……お互いに頑張りましょう(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316931/33362449

この記事へのトラックバック一覧です: 口で言わなくても態度に出る「アンタが悪い」。やめよう。:

« チャレンジ1年生、バトル再び(^^;) | トップページ | 息子(小4)と朝勉、続くかな〜続けたいな〜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ