« 訳書のイラストが来て、イメージが膨らむ(^^) | トップページ | TV出演の予定… »

2010年3月 7日 (日)

娘の工作を手伝ったら、ブチ切れた。

娘が「チャレンジ1年生」のがんばり賞のプレゼントで応募した

「プテラノドン」のプラモデルが届きました。

段ボールの部品を切り抜いて組み立てます。

娘は張り切って作り始めました。

Photo

自分でできるところは自分でやって、あとは私がお手伝い。

面倒だけど仕方ない……

(めずらしく嫌な顔をせず手伝っている自分にちょっとビックリbleah

その甲斐あって、じゃ~ん!できましたぁ!

Photo_2  

はて、こんな巨大な作品をどこに置こうか。

置く場所がないなら、博物館のようにつるしちゃえ!と

タコ糸を用意 (珍しくきびきびと動く私)。

つるすときには娘が椅子を抑えてくれたり

テープを取ってくれたりといろいろと手伝ってくれます。

  

が。あ、翼がとれた。

そこに翼が落ちた、取ってちょうだい。

ありがとう、よいしょ。

ポロリ。

あ、こっちの翼が落ちた!

その翼、取って~~

あ、今度は頭がとれた!

……一つくっつけたら別の部分が落ちて、

もぉ~~~イライラするったらありゃしない!

  

とてもじゃないけど吊るすなんてできん!!

バランスもとれないし!

「もう、やめ! 吊るせない!

プテラノドンもばらばらになっちゃったし!pout

ゆづ、これ組み立て方覚えてるよね!?

もう吊るせないから、あとで置く場所考えるからね!」

  

娘はちっとも悪くないのに、プテラノドンのもろさにブチぎれて

そう言いました。

娘はくすん、くすん、と泣きながら組み立て始めました。

  

  

しばらくたつと私も落ち着いてきたので、ボンドを持って

プテラノドンの修理を始めました。

こういうときに限ってボンドが固まりかけて出にくいしpout

まだイライラは完全におさまっていなくて黙々とボンドをしぼりだしました。

そして何とか全部のパーツをくっつけて乾かすことに。

「ここに置いておくから、ボンドが乾くまで触っちゃだめだよ」

  

そう娘に言うと、しばらくして娘が手紙を持ってきてくれました。

 

Yudu_letter

あぁ~~娘に怒っていたわけじゃないのに、ごめんねcrying

ムギューして、「ゆづは全然悪くないよ。ごめんね~」と謝りました。

娘はホッとして、じんわりと涙が目に浮かんでいました。

  

くっそーープテラノドンめ、見ておれ。

絶対に吊るしてやるpout

  

« 訳書のイラストが来て、イメージが膨らむ(^^) | トップページ | TV出演の予定… »

子育て」カテゴリの記事

コメント

あーなんだか嬉しいやら切ないやらで涙が出てしまいました。
どっちの立場に立ってるのかわかりませんが 笑
なんだかわらちゃってたけど
お母さんが疲れてるって思って思い遣ってくれてるようで
やっぱり自分に怒ってると思ってたんですねぇ〜
やっぱり手紙って本当の気持ちを伝えるのに役立つんですね。
プテラノドン、もろいなー むかつくのなんかわかってしまいましたー笑

あやんぬさま

こんにちは♪ 疲れてるといえば聞こえがいいかもしれませんが、ワタシこういうこまごましたのってどうも面倒で苦手なものでcoldsweats01 しかも、すぐ部品が取れるし。自分でもびっくりするぐらいすぐにキレてしまいました。娘に悪かったな~と反省…

プテラノドン・・・また渋い注文ですな~(笑)

一緒に作って、つるすってとこまではほんと最高だったのにね~^^
プテラノドンのせいで・・・でもお2人の優しい気持ちがいっぱいでプテラノドンもきっと固まってつるされることでしょうよ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 訳書のイラストが来て、イメージが膨らむ(^^) | トップページ | TV出演の予定… »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ