« 息子のなんちゃって短編小説、ハンバーグ編 | トップページ | 成田空港にて »

2010年8月21日 (土)

息子が、迷子になった!(怖)

まだ夫のマンションに滞在中です。

昨日の夜は夫と子どもたちが野球のナイターを見に行きました。

私は家で気楽に留守番。

10時少し前に「今から帰ります」とメールが来ました。

  

それから30分後、夫から電話がかかってきて

「ゆうくんが、迷子になった」 と。

えーーっ!!coldsweats02  

  

大きな乗り換え駅についたときに人がたくさん降りて、

夫も子どもたちもそこで降りたのだけれど

息子だけが人ごみにまぎれて階段を上って行ったようだ、と。

探し回ったけど見つからないので駅員さんに構内放送で呼び出してもらった、

でも何の連絡もなく……

もしかしたら別方向の電車に乗ったかもしれない、それに気づいたら

たぶん戻ってくるだろうから、このままホームで待ってみる、と言う夫。

  

そう説明されても私はあわてるばかり。

「今、○○駅にいるんだね、○○駅ね? そこって私も行ったことある駅?」

と、聞いても仕方のないことを何度も聞いていました。

  

いったん電話を切ったけれど、心配で心配で……。

それまでのんびりテレビを見たりパソコンを触ったりしていたけれど

とたんに何も手がつかなくなりました。

息子は見知らぬ土地で一人で電車に乗ってしまったのかもしれない。

怖くて泣いてるかもしれない。

夫のケータイの電話番号やマンションの住所も覚えてない。

夫は、戻ってくるかもしれないと言ってホームで待っているけど、

大丈夫なのかな……

  

私はいてもたってもいられず、せめて駅構内の地図を見たいと思い、

パソコンで駅名を入力しました。

そのとき、また電話が。

「ゆうくん戻ってきたよ! お騒がせしました~~」

  

  

よ、よ、よ、よかったぁぁっcrying crying

  

  

息子は夫の思った通り、人波にまぎれて電車に乗っていました。

どうやら、夫に似た格好の人についていってしまい

「乗り換えるよ」と言われていたのでそのまま(お父さんだと思っていた人について)

乗りこんでしまったそうです。

で、夫と妹がいないことに気づき、人に「この電車は○○へ行きますか」

と家の最寄り駅を言ったところ、最初の人は「行く」と答えました。

でもその駅が一つ目だったにもかかわらず、着いたら違う駅だったので、

別の人に同じ質問をしたら「○○には行かないよ」との答え。

息子はまた次の駅で降りたものの怖くて「どうしよう、どうしよう」と

ホームを行ったり来たりしていたそうです。

そうしたらおばあさんが声をかけてくださり、息子が事情を話すと

駅員室を教えてくださって、家の最寄り駅への帰り方を聞くことができたのでした。

  

そうしてやっと、正しい電車に乗って家へ向かっていたところ、

途中の駅(夫とはぐれた駅)で、ホームで待っていた夫が息子を見つけ、

めでたく合流できたのでした。

  

息子が、パニックになりながらも間違った電車に乗ったことに気づき

人に尋ねることができたのが幸いだったかも。

まぁ5年生だしそれくらいできて当然なのかもしれませんが

何せ知らない街だし、しかも夜のハプニング。

本当に無事に帰ってこれてよかった(ToT)

  

……私も、こわかったぁぁぁぁ weep

« 息子のなんちゃって短編小説、ハンバーグ編 | トップページ | 成田空港にて »

コメント

見つかってほんと良かったね~^^
ゆうくんもちゃんと周りの人に聞けて偉かった偉かった(*^^)v

えばっちさま

ホントにヒヤヒヤしました。
こういうときこそ
自分で考える力が必要だなぁと
強く思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子のなんちゃって短編小説、ハンバーグ編 | トップページ | 成田空港にて »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ