« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

詰込み教育って、こんな感じ…?

今日の娘(小2)、超多忙でした。
学校から直接ピアノ教室へ。
今週末のコンクール出場のため特別練習です。
それから帰宅しておやつを食べたら次はスイミング。
これはいつもの習い事。
今日は進級テストでしたで残念ながら不合格weep
少し泣きべそをかきながら、お兄ちゃんに慰められながら帰宅。
晩御飯を食べた後はすぐに学校の宿題。
これが、長いんだ……
さすがに今日は私が見ておられず、ヘルプしました。
算数ドリルの問題を読み上げて、式を速くノートに書きうつせるようにね。
漢字ドリルもやっと仕上げて、寝る準備。
いつもは自分で歯磨きした後は仕上げをするのだけど、
今日はいきなり仕上げ歯磨き。
ぜんそくと副鼻腔炎の粉薬もいつも自分で飲めるのだけど、
今日は私がお手伝い。
バタバタばたばた……

で、さきほどようやく布団に入りました。
いつもより、1時間ほど遅くなってしまいました。
さすがに今日は、「遊んでたからでしょ!」とは言えず
毎日こんなに詰め込みスケジュールじゃ子どもはもたん!と実感しました。
でもこれも今週末までのこと。
コンクールが終わったら、前みたいにゆっくり宿題もできるしね。
ふぅ。

明日の支度もちゃんとやったよ↓

Photo

(奥のウサギは幼稚園の時に親子で作った陶器です)

英語の授業参観、興味シンシン♪

今日は小5の息子の授業参観で、英語の授業でした。
自宅で英語を教えているワタシとしてはいつもの参観以上に興味津津happy02
先生の英語力とかよりも、あんなにたくさんの子どもたちを
一度に楽しませなくちゃいけないのだから、どんなゲームをするのかな?とか
「間」をどうやって持たせるのかな?とかいろいろ観察してきました。

今日のキーセンテンスはWhat is your number/color? と
Do you like this? でした。
黒板にこれらの文章を書いた横長の模造紙をマグネットで貼ったけど、
みんな……読める……いや、読めないよね。

でもゲームは楽しそうでした。
はいスタート!で一斉に立ち上がって近くの子同士で
インタビューし合うのですが、
これだけ多いと同じ質問をたくさんできるからいいよね。
自然とフレーズを覚えられます。
(我が家のレッスンではひとクラス多くて4人だもんな^^;
ペアを交代しても二回で終わっちゃう)

また機会があったら他の英語レッスンも見てみたいなぁ。
来年はもっと時間数が増えるのかな?

↓自分のカードを推測するためにDo you like this?とインタビューしてる息子。
返事をたくさん集めて、Yes/Noの人数から、何のカードか当てます。 
Eigojugyou

2010年9月29日 (水)

PTAオンリーというわけにもいかず…

PTAの関係で、地域組織のお仕事もあります。
きょうはその一つで、広報紙のポスティングをやってきました。
このあたりのお宅、一軒一軒に入れていきます。その数、約200……coldsweats01 
一人でやると、めっちゃつまらなそうだったので娘を誘いました。
遊ぼうと思っていたお友達が都合悪かったようなのでグッドタイミング(?)です。
1時間ちょっとかけて完了~~。

ごほうびにプリンを食べる娘、カメラを向けられて緊張してます。

Eating_pudding

  

ちなみにその広報紙、私の寄稿文も載ってます。
長年PTAがなかった小学校にPTAができたということで
地域の広報紙やら冊子やらに寄稿する機会があって
久々に作文のプレッシャーを感じましたcoldsweats01
(ブログやってて良かったと心から思ったわ~)

2010年9月28日 (火)

英語レッスンをやめさせた後はコレで。

私の英語レッスンを「卒業」という形で息子をやめさせた後、

その埋め合わせをどうしようかと考えていました。

今まで通り、中2文法問題集は続けるとしても、

リスニングとスピーキングが圧倒的に少なくなります。

なので、ふと思いつきでコレ↓を試してみることにしました。

2  

  

NHK ラジオ 基礎英語2

半年クールなら9月号で間に合うかも!と思ったのですが

1年コースだったので、CD付のバックナンバーを買いました。

とりあえずは4月号だけ。

放送時間は15分間ですが、CDだと間を最小限に抑えてあるせいか

1ユニットに10分もかかっていないような気がします。

  

我が家ではとりあえず、夕食中にCDをはじめからかけ流して、

食後にテキストを広げて聞いたりリピートしたりする、という

パターンで始めてみました。

まだ今日で二日目だからか、息子は結構やる気マンマンです。

4月号は中1の復習なのでそれほど難しくないみたい。

  

それにしても、チャンツの要領でリピートするとき、

文章を読みながらとはいえ1回目から遅れずにリピートできるのが、

我が子ながらすごいと思いました。

これって、小さい頃からの音声インプットの賜物だろうなぁhappy01

  

ちゃんと1ユニットを聞いたら表にシールを張るようにしています。

この表は、私のレッスンで使っていたもので、途中までシールがたまっています。

息子はレッスンをやめてもこのシールはためたかったようなので、

ちゃんとCDを聞いたら1枚、

キーセンテンスを自分の単語に置き換えて言えたらもう1枚、

という感じで継続しています。

今のところ、楽しくやっていますhappy01

  

そういえば、おじいちゃん(実父)も、確かラジオ英語を聞いてたぞ。

おじいちゃんと共通の話題が一つ増えたかも~happy02

  

2010年9月27日 (月)

逆上がりができたよ(デジイチ連写してみた)

昨日、娘(小2)が学校でついに逆上がりができたと

(なぜか息子が)報告してくれました。

2週間ほど前の週末、公園でちょっと練習したときは

できなかったし、私も別にできなければできなくてもいいや、と

思ってたので気にしてませんでした。

でも、できたとなれば見てみたい。

娘に聞いたら、一人で休み時間に運動場で

練習していたとのこと。

へぇ、意外と根性あったんだなぁ、うちの娘!happy02

    

で、今日娘が帰宅したらすぐに一緒に公園へ行きました。

もちろんデジイチ持参で♪

こういうときは連写するのがいいのだよね、きっと。

  

1

2

3

4

5

6

7

8

親ばか写真、もういいって?

すみません、見てくださってありがとうございましたhappy01

  

概要ページ数、鋭意縮小中。

翻訳出版の企画書作成のため、

本の内容をまとめてます。

今は各章の概要を書いているのだけど、

だだーーっと書いてみたらなんと

A4で21ページにもなってしまったcoldsweats02

……で、今せこせこと削っています。

目標は6~7ページくらいまで落とすこと。

がん!がん!と大胆に削るのはある意味気持ちイイです♪

(それまでの苦労は何だったの、とは思わないことにしてる)

現在13ページまで縮小。

まだまだ行くわよ~smile  

Page_number

  

2010年9月26日 (日)

気ィ滅入る……

布団に入った息子が、「鼻がつまる~」と言って起きてきた。

ものすごい鼻づまり。左右両方ともだよ。

布団を干したせいかな……

それとも秋の花粉か……

空気清浄機と加湿器つけて、寝る前には鼻づまりの薬飲ませたのに。

娘だけでなく息子も 「また」 耳鼻科通いかなぁ……

時間的にも気持ち的にも経済的にも……

なんかめっちゃ……気ぃ重い~~~despair

珍しく家のこと、したよ(嬉しくて写真撮った)

珍しく朝から活動的なワタシscissors

夏の間、窓の外に立て懸けた「たてす」を片づけました。

部屋の中が日光で明るくなった~

嬉しくて一枚パシャhappy01

Sunshine   

  

でもって、洗濯したり布団干したり

それに伴って寝室を掃除したり。

極めつけはキッチンカウンターを片づけた!

これで造花や写真がちゃんと定位置における!

嬉しくてまた一枚パシャ

Flower_2    

  

子どもたちは今日はいとこのウチに遊びに行ってます♪

↓出かける直前にいとこから電話。

自転車に乗るのでこんな格好です。

Sonphone_2  

  

  

私はイオンに行って、リサイクルごみを出し、

中の電気屋さんでケイタイ新調に伴いポイントゲット。

プリンタインクのリサイクルも引き取ってもらいました。

それから子どもたちに頼まれていたノートを買って、帰宅。

ほっと一息ついたら晩御飯の支度だわ~……

  

  

2010年9月25日 (土)

土曜日だけど友達来てます(小5)

土曜日ですが、息子の友達が遊びにきています。

土日祝は、たいていパパさんがいらっしゃると思うので

子どもたちが勝手に約束してきても

本当に遊んでよいものか迷うところです。

(ちなみにウチは夫が単身赴任してるので

子どもは週末退屈してます)

  

今日来てくれている子のほかにも

土曜日約束OKの子がいるそうです。

ウチみたいにホントにパパさんが不在の

お宅もあるのでしょうが、そうでなくても

5年生にもなれば親関係なく友達同士がいいのかなぁ、

なんて思ったりします。

  

さきほど、子どもたちは3人(娘も入れて)で、

公園へ遊びに行きました。

それまではDSやカードで遊んでました。

  

Dsothers

(子どもたちが出ていった静けさをノスタルジックに……

というイメージで撮ってみた^^; )

  

  

で、今帰ってきて今度はWiiを始めましたcoldsweats01

一時間の約束です。

  

さて、私は作業に戻るか―。

昨日の記事を書いてちょっと反省したせいか、

昨夜からイイ感じで集中できていますhappy01

  

2010年9月24日 (金)

イチロー選手のストイックさがホシイ

イチロー選手がまたすばらしい記録を更新しましたね。

ストイックに地道に練習を積み重ねてこられたからでしょう。

ときどきおじゃましているあいさんのブログ

イチロー選手のに関する記事を拝読し、

自分のダラダラぶりを痛感しました。

  

今の私の状況は、翻訳に関して言えば

企画書の採用・不採用の決定を待っているのと、

それとは別の企画書作成のために読書してまとめている、という状態です。

この、本を読んでまとめるという作業が遅々として進んでいません。

原因は、本の内容が日記やエッセーのような感じで、

説明文とは違って要点をまとめにくいこと、それと、

それ以上に大きな原因として、

しょっちゅうブログやSNSサイトを覗いてしまうこと!

企画書を出版社に送らなければ、仕事にならないのに。

(送ったところで仕事になる保証はもちろんありませんが)

仕事にならなければ当然収入には結びつかない。

単身赴任の夫とのダブル生活を続けるのは、正直苦しいぞ。

  

そんな風に考えると、ストイックになれない自分が嫌になってきました。

ブログや登録サイトを全部末梢してしまえば?

……そんなこと……できませんbearing

子育てや教育の本を翻訳したい私にとっては、ブログや子育てサイトは

考えをまとめたり情報を得たりするのに必要なモノ(うぁ、めっちゃ言い訳sweat01

  

蛇足ながら、イチロー選手はトレーニング中に

集中力が途切れることはないのかしら?

遊びたくなったらどうするのだろう?

ちょっと仲間と飲みに行きたくなった、とか

誘われたらつい受けてしまう、みたいなことないのかな?

あまりに一般庶民的な疑問だけれど、

一流の人だからこそそういうところ知りたいわ。

  

お、横道にそれました。

さて何とか集中力を高めようと、

試しに自分のPCに入れているお気に入りサイトの中から

しょっちゅう覗くサイトを「はてなブックマーク」に登録し直してみました。

クリック数が1~2回増えて、ほしい画面を出すのが少し面倒になりました。

  

で、ほんのそれだけのことなのですが、

ちょっと集中力が高まった気がします。

サイトに行く頻度が少し減った気がします。

これで調子に乗って、もう少しちゃんと作業を進めたいところです!

  

あ~なんて……自分の恥をさらけ出すような……

……(沈)gawk

  

2010年9月23日 (木)

娘よ、リベンジに燃えてくれ。

今日は娘(小2)のネタで。

もうすぐピアノコンクールです。

このコンクールでは、参加者の半分くらいは入賞できるらしく、

レベル的に参加しやすいコンクールとして有名とのことです。

それなのに、去年は入賞を逃しましたcoldsweats01

なので娘はリベンジとばかりに今年の参加もすぐに決めました。

  

実は去年は私がちょっとナメてました。

当時1年生の娘は、ピアノ歴の浅さにしては上手だと親ばかながら

思っていましたし、周りからもチヤホヤされていました。

それに入賞も簡単と聞いていたので、まぁ上位3位は無理としても

入賞くらいはできるだろうとタカをくくっていたのです。

講評を見るとぎりぎりダメだったことを知りました。

よけい悔しい……

娘は、入賞者がぞくぞくと舞台に上がって表彰されるのを見て

「なんでわたしの名前は呼ばれないの?」と泣きました。

私はもらい泣きしないよう踏ん張りました。

  

まぁそんな苦い経験をしたうえでの今年の参加です。

リベンジに燃えました!

……のは、参加を決めてしばらくの間だけ。

いざ練習を始めたら早くも「むずかしいよぉ~weep」……

私も日ごろの忙しさ(?)にかまけて練習をろくすっぽ見てやらず、

本人と先生に全面的にお任せしていました。

今、本番前約1週間になって、ようやく焦り始めていますcoldsweats01

  

先週末、教室のコンクール参加者同士で弾き合いっこしたんです。

ウチの娘、かなりヤバイです。

今年は参加人数が少ないけれど、それでも

娘の出遅れ感はビシバシ伝わってきました。

先生が心配してくださっているのも分かります。

  

ということで、今日も特別レッスンに行ってきました。

特別レッスンは無料です。

先生には本当に感謝感謝です。

本番まであと少し。

ホントに本腰入れて頑張らなくちゃ。

Gakuhu

意外と難しいこの曲。

リズムをくずさず気持ちを込めて弾く――

娘には難関ですbearing

  

2010年9月21日 (火)

「親のエゴ丸出し」の後

ふぅ疲れた……

この前の記事で、いろいろ思うことあって

息子には「遊びの約束しないでね」と言い、

不機嫌なまま登校した、と書きました。

  

でもやっぱり約束して帰ってきて、

しかもすぐ近所の子だったので、やっぱりOKしてしまいました。

やれやれ。

  

初の、息子抜きでの英語レッスン。

なんだか変な感じでした。

他の二人の子には、もう息子は来ないことになったと

(ちょっとドキドキしながら)言ったら、一人はビックリ、

もう一人は息子から事前に聞いていたようで静かなままでした。

いつもはもう少しふざけたりするのだけど……なんか調子狂っちゃう^^;

  

さて今日はレッスンの後、怒涛の時間を過ごしました。

5時にレッスンが終了して5時半から小児科、7時から耳鼻科ですcrying

娘のぜんそくと副鼻腔炎でね。

小児科の後、早めの晩御飯をすませ、息子は留守番するというので

シャワーやら明日の支度やら全部済ませておくように言って

私たちはいざ耳鼻科へ。

娘はまだ学校の宿題が終わっていないので

持参して待合室で宿題タイム。

  

帰ってきたらもう8時近くで、宿題を仕上げてシャワーやら片づけやらで

てんやわんやです。

ただでさえ毎晩てんやわんやなのに、輪をかけてバタバタ(><)

そしてやっと、息子に続いて娘も布団に入り、私もホッと一息。

残念だけど夜はコーヒーは我慢。

明日は、学校で親子掃除だ~~。

いつもより早く身支度をすませなくちゃ……

  

  

そうだ、今日は信じられないことが!

この「超」出無精の私が、お昼御飯のあと、

なんと散歩に出かけました! 一人で!

いつも昼ごはんのあとは眠くなってぼーっとして、

すっと昼寝できたらいいけどそうでないときは

無駄に時間をすごし……それが嫌だったので

今日はデジイチをおともにお出かけしてみました。

といっても、行先は徒歩5分の児童公園。

誰もいないことを願って。

カメラ持ってうろうろしてるの見られたら恥ずかしいもんね。

で、せっかくなので、撮った写真を……

  

↓この道の奥右側の公園へ。

Sanpo1_3   

  

↓道路沿いの木の根元にこんな可愛い花が。

Sanpo2_2  

↓ちょっと気取って撮ってみた。

Sanpo3_2   

  

↓帰り道、反対側の歩道でモンスターみたいな花を見つけた。

Sanpo5_2   

  

  

親のエゴ丸出しの自分

正直に自分の気持ちを書くのは勇気がいるのだけど

まぁこういう自分もアリってことで記録しとこ。

  

今日は我が家の英語レッスンの日。

先週ひと波乱あって、今日から息子はレッスンには来ません(詳細はこちら

そのことで、先週は息子も落ち込んで涙なんて見せてたくせに

今日は、「これは遊べるチャンス」 という気持ちがミエミエ。

いつもなら夕方私にせかされてやるチャレンジ5年生や

英語学習を、今日は朝起きてすぐにやっていました。

「やることやったら、まぁ遊んでいいけど」と先週の時点で言っていたので

さっさとすませて、学校が終わったら遊ぼう!という魂胆なのね。

  

でも、私としてはなんか腹の虫がおさまらない。

レッスン中の反抗的な態度が原因でもう来なくていい、となったのに

(本来なら反省してほしいのに)遊べるチャンス♪と思って

着々とその準備をすすめるのが、なんだか気に食わない。

しかも、英語の時間も減ってるし。

  

先週、しょぼーんとしている息子を見ていたら、

まぁ遊ぶ時間が増えたということで元気になるだろう、なんて

優しいことを言えてたけど、今は逆手に取られた感じがして

気に食わない。

  

ハイ、今は理性がとんでます。

さきほど息子は学校へ行ったのだけど、

出かける前に「今日は遊びの約束しないでね」と言ってしまった。

まぁこじつければ、理由はあるのだけど

  

今日は委員会で帰りが遅い(すなわち遊び時間が1時間あるかどうか)

学校の宿題をやらねばならない

5時半から娘の小児科に行くから、遊びに行って帰ってきたら家に入れない

……とかね。

  

当然息子は「えーー! せっかくやることやったのに!」と大ブーイング。

文句タラタラ言いながら出て行きました。

  

  

  

今ブログに書いて少し、落ち着いてきたわ。

自分の言葉、ちょっと後悔。

どうせこれからは、毎週火曜日は同じパターンなのだから

やることの条件さえクリアすれば遊ばせてやったほうが、

お互いの平和のためにいいよね。

  

気持ち的に受け入れられないと、理性通りになんて

なかなか行動できないわ。

  

  

2010年9月20日 (月)

夫の帰省…次も楽しみにしてるよ~ん。

3連休で夫が帰省中です。

ふだん家にいない分、いろいろお願いしたいことが

たまっていて、一気にそれが片づいて気持ちい~い♪

  

まず。

パソコンの部屋の電気が暗かったので蛍光灯を変えてもらいました。

それからプリンターの調子が悪くなっていたので

一緒に電気屋さんに行って、値段交渉をまかせておニューをゲット♪

カメラの三脚も買いたかったのでその相談もしました。

(結局買わなかったけど)

私のケータイをシステム変更のために機種変更をしなければならず、

契約うんぬんは私じゃワッカリ~マセ~ンので、夫にやってもらいました。

  

↓新ケータイ。今までの5年モノとちがって薄いな~

Keitai

  

それから、たまった大型ゴミを先ほどゴミ工場に持ち込んできました。

子どもの自転車、ボール、古びた靴数足、段ボール、

フライパン、壊れた扇風機二つ、つかなくなったクリスマスイルミ……、

いや~、探せばあるもんです^^;

  

それにしても、ゴミ工場が混んでいてビックリしました。

門までずら~っと車が並んでいて、

祝日と言うのに(だからこそ?)この混みよう。

結構、ゴミためてる家って多いのねぇ。

  

あと数時間で夫は千葉へ帰ります。

次の帰省は1カ月ちょっと先。

次は何を頼もうかなぁ……

ってちょっとは休ませてあげないとねぇcoldsweats01

  

2010年9月17日 (金)

特大笑顔で帰宅。よかった!

直前の記事に書いたように、今朝はバッタバタで

息子を世界遺産学習へ送り出しました。

膝の怪我が痛まないことを願って。

  

  

そしてさっき、元気元気で帰ってきました!

膝は「ぜんぜん痛くない!」とのことで、

整形外科の予約もキャンセル。

長く歩くといわれて不安だったけど、ぜーんぶ、普通に

歩けたそうです。

良かった良かった。

  

今だからこそ言えるのだけど、

自分のあの悩みぶり、バタバタぶり、

二人して落ち込んだあの時間は

何だったんだぁ~~?

でもさ~~子育てってこんなもんよねぇ。

後で振り返ればどうってことないことに

一喜一憂するんだよねぇcoldsweats01

  

↓お土産に息子が持って帰ってきてくれた

香りのする木(三種)と、

「エビフライ」(右上:シカやリスが松ぼっくりを食べた後。松ぼっくりの中心部)。

Photo

30分で弁当作り、荷物用意、GO!

今日は小5の息子の、世界遺産学習の日。

遠足みたいなもので、お弁当を持ってバスで奈良へ行き、

ハイキングのようにたくさん歩いて見て回ります。

なのに、二日前の膝の怪我で、泣く泣く欠席することにしました

……と、昨夜の記事で書きました。

  

でも今朝になって急きょ、行くことに!

きっかけは夫とのスカイプ会話。

毎朝、いってらっしゃいの会話を親子でするのだけれど、

今朝は、カクカクシカジカで、世界遺産学習を休む、と息子が言いましたら

夫が、コレコレこうなので行ったほうがいいとお父さんは思う、と言い、

母子ともに黙り込んでしまい……

  

ゆうべ、いろいろ考えて話し合って決めたことなのにネェ。

そんな風に言われたら、また迷うじゃん……。

すっかり欠席モードだった私たち。

息子はさらに顔を曇らせてデスクの椅子にただ座っていました。

  

で、そんな息子を見ていたら、

急に行かせてみようという気になった私(ナゼ??)。

「行ってみる?」と聞きつつ返事を待たずに

「歩いてみ、そのへん。こっち来て」

……あれ?さっきはもう少しヒョコヒョコしてた感じだったけど。

  

「よし、行っといで! 先生には連絡帳に

『足がまだ痛むので何かあったら連絡ください』って書いておくから。

今からお弁当作るから、(いつも一緒に登校する)Mくんに

先に学校に行ってもらうように電話しなさい」

  

息子は「え? 行くの? ホント??」という感じで

半信半疑でしたが、だんだん前向きになってきて

テキパキ用意し始めました。

おしゃべりにもなって、声にハリも出てきました。

  

……病は気からとか、気の持ちよう、っていうけど

このときほどそれを実感したことはありませんcoldsweats01

  

さてさて私は超特急でお弁当づくり開始。

おかずを作ってる暇なんてないので、

メニューはサンドイッチに。

6枚切りしかなかったので2枚トーストして

それぞれ半分の厚さに切りました。

昨夜のカレーのジャガイモをつぶして、ひとつはカレーサラダサンドに。

もうひとつは、スクランブルエッグとツナマヨのサンド。

デザートにブドウ。

種類が少なく見栄えも地味~~ですが

まぁボリュームはあるし、こんな事情なので

これで良しとしましょう。

  

大急ぎで連絡帳に「よろしくお願いします」のメッセージと、

念のためのケータイ番号を書き、

学校へ車で送って行き、なんとか間に合いました。

  

……ということで、ばったばたの朝でした。

息子が足の痛みを忘れるくらい楽しめますようにshine

  

スカイプでパパとしゃべったおかげだな。

ありがとうパパ~happy01

  

  

  

  

  

  

2010年9月16日 (木)

こんなときに怪我かよ(大泣)

明日は5年生の社会の世界遺産学習で、バスで奈良へ行く予定。

遠足みたいなもので、息子は前から楽しみにしていました。

なのに昨日、サッカーで遊んでいて膝を打撲してしまいました。

保健室でシップをはってもらい、今朝も新しいシップで学校へ。

休み時間には外で遊ばないようにクギをさし、

スイミングレッスンは念のため休ませました。

でもさっき見たら、まだ右ひざが少し腫れた感じ。

色は変わってないので内出血はないと思うのだけど、

本人も痛いと言い、足を引きずって歩きます。

  

うぅぅ、明日の世界遺産学習、欠席したほうがいいかもしれないbearing

ものすごくたくさん歩いて、しかも早足でさっさと遺産をまわっていくそうです。

「……行くの、やめる?」

と言ったら、息子の目にじわ~んと涙が。

そうだよねぇ、前から楽しみにしてたもんねぇ……。

「最初で最後の世界遺産学習なのに、休みたくない!」

  

はじめは息子はそう言っていましたが、だんだん冷静になって

「たくさん、速く歩くって先生が言ってたから、それが心配。

それに、グループ行動だからみんなの足手まといになるのも嫌だ」。

で、やっぱり休むことにしました。

息子はもちろん、私も未練タラタラです……。

息子の落ち込んだ顔を見ると、私も悲しくなる……crying

  

DS禁止は1週間か、2週間か(小5)

DSとWiiをめぐる約束の続きです。

これまでのいきさつをお話しますと――

DSやWiiの遊び時間の約束を大きく破ってしまって

「これから一週間、もうDSとかやらない!」と自分から宣言した息子。

それを、またもう少しのところで破ってしまい、

今度は「2週間、やらない、TVも見ない!」と約束しました。

  

2週間なんて無理に決まってる。

私は、気持ちは分かるが1週間でいいよと忠告しました。

でも息子はおれず、結局2週間我慢するということになりました。

それが、先週の水曜日の話です。

  

友達と遊ぶ時にはもうDSが当たり前のようになっていますし、

自宅では妹はTVを見るのに自分だけ見れないなんて、

小5の子どもにはキツイですよね。

しかもそれが2週間続くなんて、きっと息子が不機嫌になって

私もストレスがたまります。

   

ということで、ちょうど1週間になる昨日の夜7時に解禁して

早速TVを見てもいいよ、というつもりでいました。

ところが。

その昨日、息子は友達の家に遊びに行く約束をしました。

ほかに3人ほど、来るそうです。

雨降りなので、遊ぶのは家の中。

DS、Wii……誘惑はかなり大きいはず。

前に約束を破ったのも、このパターンでした。

  

「Aくんちに行ったらみんなDSするんじゃないの?

みんなが遊んでいるときに、ゆうくん一人だけやらない自信、ある?」

「……分かんない」

  

ちょっとサグリを入れると、やっぱりかなり怪しい。

このままだと、きっと遊んでしまいます。

2週間どころか1週間も怪しい!

もうこれ以上、「約束破った→禁止○週間」をやっても無駄です。

どんどん禁止期間が長くなって泥沼に入るだけ。

    

なので、実は今夜7時まで我慢できたら

それでおしまいにしようと思っている、と話しました。

2週間のところを1週間でいい、と。

だから今日Aくんちで我慢できたら、もう晴れ晴れとTVも見れるし

DSもWiiもできる、7時まであと3時間の我慢だよ、と。

  

「我慢できそう?」

「分かんない……。我慢できなかったら?」

「我慢できなかったら? もう知らんわ」

(と投げやりに言う私)

  

で、息子は分かんないと言ったまま、Aくんちへ行きました。

  

  

しばらくして帰ってくると、開口一番に言いました。

「やらなかったよ。DSやらなかった!」

  

そっか~、良かった良かった。

これで晴れて解禁だ~~happy02

やっぱり友達はみんなDSをやっていたそうです。

(Wiiはやらなかったとのこと)

息子は、自分はやっちゃいけないと言ったので

Aくんのお母さんは気を使って「見てるだけなら、大丈夫だと思うよ」と

言ってくださったそうです。

でも……Aくんのお母さんに、「どんなに厳しい家庭や!」とか

思われたんちゃうやろか~~shock

  

幸いAくんのお母さんは、ママ友だったのでお礼がてら

すぐに電話して、事情を話しました。

「そうだったのね~。まままりもさんて、

怒ったらよっぽど怖いねんなぁと思ってた!」って……coldsweats01

まぁそうかもしれないけど、

今回のことは怒りまくって禁止にしたんじゃないのよ~、

息子が自分で自分の首を絞めちゃってるのよ~~、って

言っておきましたが、いやはや、ママ友でよかった。

顔も知らないお母さんだと、電話するのさえ躊躇してたもんね。

  

さてさて、息子はすぐに宿題やらチャレンジやらを済ませ、

めでたく晴れ晴れと「稲妻イレブン」(TV)を堪能できましたhappy01

  

  

2010年9月14日 (火)

ついに、息子がレッスンから「卒業」することに。

英語でも何でも、親が自分の子を教えるのは大変……ですよね。

うちの英語レッスンには娘(小2)も息子(小5)も来ているのですが

特に息子に対して、クラスで教えるには限界を感じるようになりました。

何度か、もうやめさせようと思ったのですが、

本人が行きたいと言ったのと、内容が易しくても

復習になると思って、ずっと来させていました。

  

でも、今日でもう我慢の限界。

息子はねむかったり疲れたり暑かったりすると、

遠慮なく態度がダレるし、あくびはするし、反抗的な発言が増えます。

学校ではそんな風ではないだろうに、

相手が親の私だからよけい、勝手にそうなるのでしょうね。

レッスンには息子の他に、二人来ているので

息子ばかりに気を取られるわけにもいきません。

なるべく平静を装ってレッスンを進めたいのですが

今日はかなりピリピリ来てしまい、

ほかの二人にも悪かったなぁと思うほど。 

今日の息子の態度に私は静かにブチ切れ、レッスン後、

私は「もう来なくていい」ときっぱりと言いました。

  

今までは、心に迷いがあって、ちゃんと言えませんでした。

英語に触れる時間が減るし、

元気なときやゲームのときは楽しんでいましたから。

でも、今日はそう思ってもダメでした。

  

「もう来なくていい」と言い放った後、

お互いに気持ちがアップダウンしました。

息子は沈黙を続けたり、ドアを激しく閉めたり。

私はとにかく黙ったまま。

晩御飯も、し~ずか~に終わりました。

    

で、息子が二階に行ってしばらく下りてこないので、

寝たのかと思って見に行くと、ベッドに寝そべって本を読んでしました。

やっと、ここで穏やかな口調で話をしました。

私の思っていること、困っていることを打ち明け、

今までのことを考えると、これからも同だろうと話しました。

子どもが「ちゃんと授業を受けなくちゃならない」と頭で分かっていても、

体が疲れていたりしたら、遠慮なく勝手にダレてしまうのは、

親子なら仕方ないことです。

それを律するには、お相撲や歌舞伎のような

師匠と弟子の関係にならないと無理でしょう。

そこまでしたくありません。

  

私は息子をレッスンから「追い出す」のではない、

あなたは「卒業」するのだよ、と言いました。

ものは言いよう、かもしれませんが、 

決して追い出すつもりはありませんし、

本当に卒業してほしいと思っています。

私も、レッスンで息子を教えるのを卒業したいと思いました。

  

結局、息子は納得しました。

「卒業してみる」と言った後は、レッスンに行かなくなった自分を想像し、

早くも 「みんながレッスンしているときは、

宿題とかチャレンジとかやるんだよね。

それが全部終わった後は、遊んでいい?」 などと話し始めました。

  

息子の幼稚園時代に英語教室を始めてちょうど丸六年。

その間、息子はずっとレッスンに入っていました。

それをついにやめるのですから、最初はちょっとショックでしょう。

しかも私から「来なくていい」と言われて、のことですから。

でも数週間もたてばきっと慣れて、

「遊べる日が増えて良かった」と思うと思います。

その分、しっかりと「自分用の」英語学習を継続しなくちゃね。

  

  

長くなりました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたclover

  

癒しのモーニングコーヒー

朝晩はぐっと涼しくなりましたねhappy01

素足だとちょっと寒いくらいで靴下をはきました。

七分丈パンツもやめて長ジーンズ。

テンプレートも変えました。

  

そして、この秋はじめてのホットコーヒー♪

癒されますconfident

Hotcoffee

  

(コンデジでお気楽にパシャ。ホントは一眼レフで

湯気が立ち上るほんわかな雰囲気で撮ってみたいけど

挑戦しているうちにコーヒーが冷めるのでやめました^^;)

2010年9月12日 (日)

出無精の私が撮った写真

この夏、初めて一眼レフを買いました。

理由は初めての印税が入ったのでそのご褒美。

でも、もうひとつ私にとっては大きな理由があります。

それは……ちょっと恥ずかしいことですが、一眼レフがあれば、

出無精な私でも積極的に外出するようになると思うから!

  

その思惑通り、先週末は子どもを誘って公園に行きました。

今週末は実家に帰ってまたそこで公園に行きました。

せっかく外に出たので、公園で撮った写真を少し載せますね~♪

  

↑水飲み場

  

Photo_2        

↑実家近くの公園で  

   

Photo_3   

  

↑実家近くの公園。30数年前は毎日のように来ていました。

当時はもっと整地されていてこんなに草ぼうぼうじゃなかった。

それにしても木が大きくなっていてビックリ。

   

  

Photo_4

  

↑クロアゲハに遭遇。動くものを撮るのは難しい^^;

とっさのことでモードを切り替えられなかった~

  

●おまけ●

今までリンクをはっていませんでしたが、「写真部」というサイトに

撮りためたものを登録していました。

サイドバーにリンクしてみたのでよかったら見てやってくださいね♪

ずいぶん前の写真もあり、ほとんどがカメラ技術云々を全然知らずに

好きに撮ったものですが、これからは少しずつ

勉強して撮ったものを加えていきたいと思ってます(^^)

新しい趣味ができてうれし~な~

2010年9月11日 (土)

コープのチラシに翻訳書が載ったよ♪

実家に帰りました。

近くでよく帰るのでとりたててブログネタに

するほどのことでもないのですが、

こんなものを発見して嬉しくなったのでhappy01

  

コープの注文カタログ↓

  

Photo

  

最下段の真ん中あたりを拡大↓

  

Photo_2

  

わーい、こんなとこにまで出るなんてhappy02

今年5月に筑摩書房さんから出版された、

私の初めての翻訳書です♪

久しぶりに、うれしいな~~heart04

  

アマゾンでも買えます↓

子どもを上手に叱っていますか?―しあわせな親子関係を作るコツ教えます

  

  

2010年9月10日 (金)

「大丈夫、痛くないよ」ではなく「うん、痛いね」

翻訳出版の企画書を作るために洋書を一冊読んでいますが、

企画書を作ると思うと、単にさ~っと読むだけじゃだめで

いろいろ考えながら、メモしながらなので、集中力が続きません(><)

ネットやブログの誘惑も大きいし~^^;

  

ちょっと気分を変えようと、棚に長く眠っていた本を読んでみました。

子は親を救うために「心の病」になる 」 (筑摩書房)

  

重いタイトル……

あまり気分転換にはならないかもと思いつつも

日本語でさーっと読めるのが嬉しくて、こちらは集中力が続きました。

でも、私には難しい本でした。

最終章は最後まで読めませんでした。

自分には体験したことない記述ばかりなので理解しにくかったのかも。

でもそれって、私は心の病にかからずにすんだということで、

すごくしあわせなことです。

  

虐待の章で、幼い娘を虐待してしまって苦しむ

若い母親のケースが載っていました。

著者のカウンセリングにやってきて、自分の子ども時代を思い出して

言う言葉が強烈に心に響きました。

怖かった……家では感情を否定された。怖いというと『そんなの怖くない』と否定されて怖いということはない、怖くないんだと思って育った。痛いと言っても、痛くないと叱られた。感情を出してはいけない家だった。(P135)

  

アメリカの子育て本を読み始めたころ、

イマイチ理解できなかったのは、

「気持ちを受け入れてやる」というスキルでした。

気持ちを受け入れないことなんてあるの?って感じだったんです。

だって痛ければ痛いだろうし、お腹がすけばお腹がすいているのだろうし。

でも、実際に子どもを育ていると、自分の都合で

「大丈夫、そんなの痛くないよ」

「さっきおやつ食べたばかりで何言ってんの」

と、軽くあしらってしまうことがすごくよくあります。

夜寝るのを怖がる子どもに「何もいないんだから、怖くない!」と

言い張ったこともありました。

  

何気ない日常のシーンだけれど、上の母親のセリフと

アメリカの子育て本のアドバイスが怖いくらいくっつきます。

またひとつ、子どもの気持ちを大切にしていかなくちゃ、と思いました。

  

そう思うと、この前の記事で書いた、

2週間DS・Wii・TV禁止の約束、

どうすべきかなぁ~と余計に悩みます……

なんとかうまく状況を作って1週間くらいで解禁したいところだわ。

2010年9月 9日 (木)

息子(小5)の約束、破れたり。その結果…

先日、小5の息子が今週末までWiiもDSもやらない、と

決意表明をし、その約束を守っている、という記事を書きました。

その後……

  

昨日、友達の家から帰ってきた息子。

「約束、破っちゃった……

○○くんちでWiiやっちゃったの」

「えっ、そうなの。

なーんだ、せっかく頑張ってたのに」

  

しーーーーん……

  

私の口調は少し残念気味だったけど

全然怒ってはいませんでした。

でもお小言も含めて何にも言わないってのは

かえって子どもにはこたえたかも。

  

「……でもぼく、正直に言ったよ」

「うん、正直に言ったのはえらいね」

「……」

  

息子は、だんだん罪悪感が大きくなってきたようで、しばらく黙った後、

今度は2週間DSもWiiもやらずTVも見ない、と宣言しました。

  

そんなの、守れっこないだろ~~bearing

でも本人はめちゃくちゃ反省していて、本気で言ってる様子。

落ち込みもひどいみたいで、宣言を紙に書いた後、

二階の寝室にこもってしまいました。

しばらくたって私が様子を見に行き、

さっきの宣言について話をしました。

  

ものすごく反省してるのは、分かる。

でも2週間ってのは現実的じゃないと思う。

友達がDSやるって言ったら遊ぶ約束もできないし、

ダーウィンも見れないし、日曜の朝も見ないってことだよ。

お母さんは、禁止するのは1週間で十分だと思うよ。

  

そんな風に諭そうとしたけれど、息子は、友達とは約束しない、

テレビも見なくていいと言います。

ますます、守れっこないじゃん~shock

仕方がないので 「もう少しよく考えてごらん」 と言って

私は台所に戻りました。

  

少しして息子がやってきて、私はてっきり 「じゃあ1週間にする」 と

言ってくるかと思ったら

「2週間のままでいい。

自分で決めたことだから、最後までちゃんと守りたい」

と言いました。

ビックリしましたが、そこまで言うなら私も無理は言いません。

「そう。じゃあ頑張ってね」

  

  

で、しばらくして息子の落ち込みもなくなり機嫌も元に戻った頃、

娘がTVを見始めました。

いつもなら息子も一緒に見ている「稲妻イレブン」です。

  

「あの約束、明日からにすればよかった~、

……明日からじゃ、ダメだよねぇcoldsweats01?」

と媚びるように言う息子。

  

そう来たか^^; ふふん、やっぱり子どもだねぇ。

さっきは「自分で言ったことは守りたい」なんて

カッコいいこと言ってたのに、もうこれだもんね。

ってことで、

「当然(ダメ)!」 と一蹴しました。

    

とはいえ、2週間は長い。

たぶんこの先しばらくは「やりたい~、でもやれないよねぇ?」

みたいな泣きごとが増えるんだろうな。

あぁ私がそれにどこまで耐えられるか^^;

とりあえず、様子を見るしかないなぁ。

  

2010年9月 8日 (水)

つぶやきたくなったので。

朝からPTAの本部役員会。

夏休み開けて久々に再会した役員メンバーもいて楽しかったけれど、

会議は、めちゃくちゃ濃い!

熱中して、気づいたら2時を過ぎていたshock

今、超お疲れモードです……

息子は遊びに行き、娘はもうすぐピアノレッスンへ。

私は~~買い物に行かなくっちゃな~……

謝る日本と謝らないアメリカ。子育てでは、どうする~?

7月に出版社に送った翻訳出版の企画のほかに、

もうひとつ、企画書を作ろうと思って読んでいる本があります。

内容は子育てで、もんのすごーく共感することが多くて

これまたぐいぐい引き込まれるのだけど、

後半のある章で読み進められなくなって、

何度も何度もそこを読み返すようになりました。

  

なんか、違和感がある。

そりゃーアメリカの子育てですから文化の違いってのは

あるのだろうけど、今まで読んできたものはほとんど、

文化の差より子育ての悩みの共通点のほうが大きくて

さほど気にならなかったんですよね。

  

今、気になってるのは、日本だとすぐさま「ごめんね!」と

言いそうな場面で、アメリカでは言わないこと。

アメリカでは(というかこの本では)「誰のせいでこうなった」ではなくて、

「今はこういう状態だ」と客観的に状況をとらえて謝罪よりも解決方法を考えます。

お互いに感情的になって建設的に考えられないとまずいから、

「それは、私の責任だわね」 と責任の所在は明らかにすることはあるけれど、

「ごめんね」は言わない。

変な感じです。

  

でもアメリカでSorryと言うと、あとあとエライことになるみたいですね。

よくアメリカで事故ったら絶対謝るな、なんて言いますけど、

謝ってしまうと100%自分が悪いと認めたことになり、

その後の展開で自分が不利になる、ってことだそうです。

どなたかのブログで読んだのですが、仕事でミスしたらそれが大きくなって上から怒られ、  

(すべてが自分のせいでないにしても)申し訳ないと思って謝ったら、

自分の非を認めたということで信用されなくなって、

その後半年ほど重要な仕事を与えられなかった、という

記事がありました。

なんだかアメリカ社会では、謝ったら最後!って感じ^^;

      

日本だと「ごめんね」でとりあえず場の緊張がゆるむことが多いですよね。

日本の文化では、関係をスムーズに動かすためには謝罪の言葉って重要。

謝罪の意味合いが、日米で全然違う気がします。

  

なので子育てでは、日米のいいとこ取りして、こんなのでどうでしょう。

失敗して迷惑をかけたらまずは「ごめんね」。

それから「今は~な状況だから、どうしたらいいか考えよう」ってのhappy01

  

それにしても、この本の企画書を作るときは、

この文化の違いを和らげる方法をうまく説明しないとダメだな。

できるのかしら……coldsweats01

  

  

  

  

2010年9月 7日 (火)

許せるイタズラの限界…?

先日、小2の娘が話してくれた、かなりのビックリ話。

同じ学年のAちゃんとBくんが1年生のとき、

棒を持って、我が家が留守のときに裏庭に入って

柿を落として持っていったそうな。

最近になって、Aちゃんが娘にそう言ったんだって。

……

……

それ、ドロボーじゃん(^^;)。

  

去年のこととはいえ、そんなことされていたとは気分良くないねぇ。

まー聞かなかったことにしよう。

確か息子(小5)が1年生のときも、似たようなことがあったわ。

やっぱり同じ学年の子がこっそりやってきて、

庭のフェンス近くに実っていたスモモを、ジャンプして2,3個取っていくのを、

2回ほどキッチンから見たことがあったのよね。

次また取りに来たら注意しに行こうと思っていたけど、

それ以来、見なかった。

  

1年生って、悪いことと分かっていても

ちょっと冒険してみたくなるのかな~^^;

悪いって分かってるからコッソリ来るんだもんねぇ。

  

  

2010年9月 6日 (月)

息子(小5)の決意表明

相変わらずDSやWiiの時間は気になるのですが、

最近はあまり口やかましく言わないようにしています。

というか、もう言いたくない^^;

幸い、兄妹で遊ぶ時はちゃんと時間を守っています。

でも友達が来たら、時間の約束はナシに等しい。

この前、息子の友達が3人来ました。

みんなDSを持参してきたようで、

二階の部屋にこもって出てきませんでした。

おやつを持っていきがてら様子をうかがいましたら

まぁ、DSを囲んで楽しくやっているようでした。

  

友達が帰った後、息子は自分からこんなことを言いました。

「あぁぁ、今日はすごくたくさんDSをやったから、

週末はDSもWiiもやめといたほうがいいよねぇ……

よし、来週はDSもWiiもやめとくぞ!」

  

えぇぇーー!?

  

「来週って……今日は木曜だから次の次の週末までってことよ。

大丈夫? 長いよ」

「うん、がんばってやらない!」

  

↓息子の決意表明

Photo

(来しゅうは Wii ディーエス なし)

  

今日は月曜日。

昨日と一昨日の週末は、直前のブログにも書いたように

ヒマ~だったのですが、我慢してWiiにもDSにも手を出しませんでした。

本当はやりたくて仕方なく、↑の決意表明を見ながら

「やりたいけど~ダメ、ダメ!」とつぶやいておりましたcoldsweats01

まぁ平日は何かと忙しいからそんなに我慢しなくても大丈夫じゃないかな。

なかなかアッパレな息子じゃ~bleah

  

2010年9月 5日 (日)

ヒマな一日の写真

今日はなーーんの予定もなし。

子どもたち、いつもよりゆっくりめにやるべきことをすませても

まだ時間はたっぷりーーー。

  

↓「ヒマだー」

Photo

  

↓息子が娘にちょっかい出してちょっとケンカモード。

Photo_2

  

あまりにヒマなので、図書館で借りた本を開いてみるとこんな顔に↓

読んでるのは 「怪人二十面相」 by江戸川乱歩

Photo_3   

  

午後、ちょっと曇ってたので近所の公園へ。

逆上がりの練習をがんばる娘↓

Photo_4

  

でも結局、できなかった……coldsweats01

2010年9月 4日 (土)

雑誌社から連絡が\(◎o◎)/!

少し前、めっちゃビックリ& exciting なメールをいただきました。

送信者は雑誌のライターをされている方で、

このブログを読んで取材させてほしい、という内容でした。

ひぇーーー、こんなことってあるのね!

すごく嬉しくなって、二つ返事でOKさせていただきました。

質問内容は、児童英語と翻訳について。

この二つをくっつけて考えたことはなかったので、

結構いろいろ考えましたcoldsweats01

私の答えでお役に立てればいいのだけれど。

本当に記事になったら、また喜んでここで紹介しまーす♪

2010年9月 2日 (木)

企画書のお返事、イイ感じ♪

7月下旬に某出版社にお送りした翻訳出版の企画書について、

そろそろご連絡をいただきたいな~と思って

編集者の方にメールをお送りしました。

そうしたらご興味を持っていただけたとのお返事happy02

思った通り、ページ数を大幅に調整しなければならないようですが、

内容的には、たぶんそれは大丈夫。

次の企画会議にかけてくださるとのことで、

うまくいくことを祈るばかりですshine

  

それにしても、この出版社の場合は、採用決定!となるまでには

いくつの会議を通過しなければいけないのかしら?

うーむ、気になる。

でもま、気長に待ちましょ♪ それしかないもんねぇ。

2010年9月 1日 (水)

今日は、登校指導のちPTAだぜぃ(^^;)

2学期が始まりました。

夏休みの余韻を惜しむ(?)間もなく、

私は今日から一週間、登校指導当番に当たってますcoldsweats01

今、それから帰ってきたところ。

1時間ほどしたら、今度はPTAで小学校へ。

今日は、校舎の改修工事が終わって子どもたちの机とイスを

運び入れる作業があるのです。

保護者の方にも協力をお願いしているのだけど

夏休みをはさんでるし、どれくらい集まるかは分かりません。

私は校長先生とタッグを組んで(?)

メガホン片手にあちこち走り回る予定。

昼ごろには子どもたちと帰ってこれるはずなんだけど。

……はっ、レーゾーコが空っぽだ。

昼ごはん、どうしよう~~~ToT

  

みなさん、今日も一日がんばりまっしょっ!good

  

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ