« ブログ6年目突入 | トップページ | 秋の味覚だ。柿だ。 »

2010年11月 2日 (火)

翻訳にはコレがいいわ~♪

次の翻訳書の出版を目指して地道に活動しています。
企画書はまだ未完成ですが書き直しているとキリがないので
区切りのいいところでいったんやめて、
サンプル訳の作成を始めました。

……厳密に言うと、サンプル訳になるかどうかわかりません。
普通サンプル訳は、最初の章か、その本の良さがいちばん出ている章を
訳すのが良いようですが、今はあえていちばん不安な、
訳しにくそうな章を取り上げました。
日本の現状にあてはまるかどうか、不安な箇所です。
その章をうまくまとめられたら、企画書でも
もっとうまく説明できるような気がするのです。
時間がかかるけれど実際に訳してみなければわからないし、
不安を抱えたまま提出してそこを突っ込まれたら
それでオシマイになりそうなのでcoldsweats01
(でももちろん、全体的に見ればものすごーくオススメの書です)

で、(前にも書いたかもしれないけど)私の書籍翻訳の三種の神器。

Photo_3

マイクと、

Rokuon_2

録音ソフト(クリックで拡大)と、

Photo_2

再生ソフト。

翻訳家の枝廣淳子さんの本を読んで彼女のスタイルを真似するようになりました。
本を見て訳しながら「タイプする」のではなく、訳しながら「録音する」のです。
そのあと音声を聞きながらテープ起こし。
これで格段と作業時間が短くなりました。

そういうわけで、マイクはもちろん二つのソフトもありがたい存在です。
録音ソフトは「超録――パソコン長時間録音機」、
再生ソフトは「Okoshiyasu」。
再生するのにわざわざOkoshiyasuを使っているのは、
これだと停止・再生・早送り・巻き戻しが
キー操作でできるからです。
いちいちドラッグしなくてもいいというのは、
テープ起こしにはすごくありがたいポイント。
いったん使ったら病みつきになりました。

どちらもフリーソフトでした(たぶん今も?)。
興味がある方は検索してみてくださいね。

« ブログ6年目突入 | トップページ | 秋の味覚だ。柿だ。 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

こんなアイテムがあったんですね。
私は翻訳する人ではないけれど~

興味深いです(・∀・)イイ!

ひろさま

翻訳もそうですが、児童英語のときも音声編集ソフトとかいろいろ探して、朗読CDを作ったことがあります。いろいろ発見があって面白かったです。使い方が分かるまでは大変でしたが(^^;)

いつも楽しくブログを拝見してます。早速『超録』を使ってみました。

友人に借りている、子供向けの古~い英語の朗読カセットテープをCDにコピーするためです。

おかげさまで、どうにかうまくいきそうです。情報ありがとうございました!

エリカさま

いつもご訪問ありがとうございますhappy01
お役にたてて嬉しいです~。
こういうソフトが無料で使えるのですからありがたいです。いろいろ応用できて楽しいですよね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ6年目突入 | トップページ | 秋の味覚だ。柿だ。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ