« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

突然の目まい…

毎週日曜日の朝8:30からは、娘のプリキュアTVタイム。
今日は最終回ということで、私も一緒に見ようと思っていました。

ところが目が覚めて時計を見たら8:52!
ビックリして布団をひっぺがして起きたら、
ふらふらぁっとして、歩くどころか立てませんでした。
それにもビックリしてその場で四つん這いなり、
ふらふら感がおさまるのを待ちました。

少しマシになったのでゆっくり階段を下りたのですが
プリキュアを見たのはほんの2分ほどsweat02

その後いつものように洗濯機を回しながら顔を洗い、朝ごはんを
食べたのですが、どうもふらふら感がおさまらず、
軽い吐き気までしてきました。

熱はありません。むしろいつもより1度くらい低くなってました。

なんなんだ、これは??

ちょっと動いてれば元に戻るかなぁと思っていたのですが
やっぱりまた寝ることにしました。
そういえば昨日は、「明日は朝寝坊できる~♪」と12時半すぎまで
起きてたのがまずかったのかもしれません。
(それでも時間的には十分寝たはずなのに……)

で、2時間ほど寝ましたらふらふら感はかなりマシになりました。
そのまま起きてスローで動いているとだんだん元気になってきて、
昼過ぎには子どもたちと、近所のモールへ散歩に行きました。

今日の突然の体調不良に、夜更かし
(といっても普段は遅くても12時くらいなんだけど)を反省したワタシ。
これからは11時には寝るようにしよう……。

健康あっての母親業。
健康管理には十分気をつけねば!

  

2011年1月29日 (土)

挟まれたバス(写真)

Photo

週末の午後……マンガを読む息子  

  

  

2011年1月28日 (金)

撮影より演奏に集中したい~(小学校音楽会)

今日は午前中、小学校の音楽会でした。
各学年で合唱と合奏を披露してくれます。

Photo

息子は5年生、娘は2年生。
しっかりと我が子の姿を目と頭に焼き付けておきたかったのに、
二人とも「ビデオ撮ってねhappy01」と言うので
私もご多分にもれずビデオをスタンバイ。

私の座席からは、二人とも合唱の時はちゃんと顔を撮れたのですが、
合奏で場所移動したときは、息子はものの見事に
前の人の頭と重なってまったく見えず、
娘はオルガン担当で、蓋が開いた状態では
(小柄な娘は)人の合間から顔の上半分しか見えませんでしたcoldsweats01

一生懸命、撮影に集中しているうちに出番が終わってしまい、
聞くことに集中できず、すごく残念。
あとでビデオで見られるとはいえ、やっぱり
生演奏に全神経を集中したいものです。
他学年の演奏には心おきなく聞き入ることができたのですが。

毎年思うけれど、6年生の演奏は感動モノです。
もう、すばらしいの一言に尽きます。
演奏が上手なのはもちろんですが、
それ以上に、大勢の子どもたちの一体感や一生懸命な姿ってのが
どうにも眩しく美しく、心にビンビン響きます。
ここまで子どもたちを引っ張ってこられた先生方のご努力にも感動しましたし、
他学年のお子さんとはいえ涙を抑えるのに必死でした。
歌詞もまた、卒業を意識した内容でさらにウルウル。
来年、わが子が6年で演奏するときにゃー
ハンカチを何枚も持っていかなきゃいけないかも、ですcoldsweats01

 

 

2011年1月27日 (木)

兄妹ゲンカに見る、オトコとオンナ(^^;)

何がきっかけだったか忘れたけれど、
いつものように兄妹げんかをして私に叱られ、
二人ともムスっとしたまま晩御飯を食べ始めました。

しばらくはシーンとしていたのだけど
やがて息子が容器に入ったキムチを見て、妹に
「おにーちゃんがキムチを(小皿に)取ってあげようか」
と、嫌みでも何でもなく、普通に言いました。

私は、息子の気持ちの切り替えの良さにビックリ。
よくもまぁ、こんなに普通に歩み寄れるわねぇ。

一方の娘。
上目遣いにチラリと兄を見て、表情も硬いまま
わずかに首を横に振りました。

……娘はまだ、ふてくされてるcoldsweats01

「なんだ、せっかく取ってやろうかって言ったのにぃ~」
と、息子は当てが外れて少し不満そう。

でも私はそんな息子の素直さ(単純さ?)に癒された気分。
娘も単に意地を張ってるだけで、
お兄ちゃんに素直に従うのが照れくさいだけなのよね。
気持ちは分かります、私もオンナですので。
(こうやって引きずるのって女のほうが多いよねぇ
男はサッパリ、スッキリ……だよね、どっちかといえば)

私は娘のほうをじっと見つめて娘が顔を上げるのを待ちました。
視線を感じた娘が顔を上げたので、
私はほんの少しだけ、口角を上げました。
笑うというほどの表情じゃないです、だって娘、素直じゃないんですもん。
(かく言う私も素直じゃないかcoldsweats01

でも娘はそんなわずかな私の表情に安心したみたいで、
硬い表情が和らいだと思ったらすぐに大きな笑顔になりました。

それからは勝手に兄妹でベラベラおしゃべりしながら
キムチを取ってあげたり(兄)、おかわりのご飯をよそってあげたり(妹)。

で、最後に私の一言。
「もう、おしゃべりはいいから黙って食べなさい!」……sweat02

2011年1月26日 (水)

やっぱりチャンツは楽しいよね(英語レッスン)

うちの英語レッスンの5年生のクラスで、試験的に
新しい教材を使ってみました。

松香フォニックスのQA100という、会話練習のテキストです。
チャンツのリズムにのせて日常会話表現を聞き、まねして覚えます。

これ以外の教材が、文法学習とリスニングで単調になりがちなので、
QA100は新鮮かも、と期待していますgood
簡単なやり取りでも、テキストにはキーワードとイラストしかないため
ちょうどいい具合に難しいんじゃないかなhappy01

使い勝手は、どちらかというと使いにくいかもcoldsweats01
2色刷りで、文字が多くてゴチャっとした印象です。
できるだけたくさん発話できるよう、
1ユニットの中でいろんなアクティビティがあるせいか、
ぱっと見ただけではアクティビティのターゲットが分かりにくい。
今までのテキストがめちゃくちゃ分かりやすかっただけに、
そのギャップは私には大きく感じました。

そんなネガティブな印象ばかりだったにもかかわらず
使ってみようかと思ったのは、やっぱりチャンツの魅力が大きかったから。
5年生にもなると、「勉強」的な雰囲気になってきて
あまり「英語を楽しむ」という感じではなくなっていました。
チャンツなら、恥ずかしがる年齢の子たちでもチャレンジできそうです♪

とりあえず、まだ1ユニットの最初のほうをやってみただけなので、
今後どう取り入れていくかは手探り状態。
でも1ユニット終えてしまえば、
パターンが見えてきて使いやすくなるかな~と思ってます。

2011年1月25日 (火)

また出た……(ToT)

夏に完治したと思っていた、息子のイボが再発していますshock
前は足の裏だったのですが、今は指に……しかも3か所も。
治っては再発の繰り返しです。
週1回、皮膚科に行っていますが、
約-200度の液体窒素を押し当てられる治療は相当痛いようですweep……。
先生も 「5年生だし頑張ってもらいましょう!」 なんて笑顔で言いながら
ちょっとキツメに治療してくださり、今日は息子はちょっと涙目になっていました。

私は、週1で通えばすぐ治るだろうと軽く考えていました。
再発してこんなに長引くなんて……少し心配だし、憂うつです。
先生はちゃんと治療すればちゃんと治ります、とおっしゃってました。
処方してもらった(貼った部分がふやけてシンがとれやすくなる)シールの薬を
マメにはってやらなくちゃ。

↓治療後、数時間は痛みが続くらしく、親指の患部が触れないように……
 (読んでるのは、父子でお気に入りの「こち亀」のマンガ。)

Reading_manga

落ち着かない、この時期…(ぴーてーえー)

ぴぃてぃえぃの次期役員選考のピリピリ感も
そろそろピークに達する頃かしら……
今日も選考委員さんたちがミーティングをされていると思います。

選考は、保護者全員から役員候補を公募しする方式でやっています。
自薦・他薦を問わないので、選考側としては、できるだけ
たくさんの名前を出してほしいところ。

名前が上がった方々には、選考委員さんが電話で打診するのですが
これが、めっちゃくちゃ大変な仕事なのですよね。
うまく行ってるといいのだけれど……
私は現役員なのでときどき状況報告をいただき、一喜一憂しています happy01 shock

2011年1月23日 (日)

MY携帯、リコール対象だったなんて!

昨年9月に新しく買ったauケータイ、塗装がはげてきました。
鋭い光沢を放つカッコイイデザインだったのに
端っこからはがれてきて、塗装が浮いている感じ。
まだ4カ月もたってないのに!

帰省している夫に文句言いながら見せたら、夫は
「こりゃひどいねぇ。
でもこの程度で文句言いに行ったらクレーマーになるかなぁ」
と言いながら、PCをカチャカチャ。

それからしばらくして、夫が教えてくれました。

「さっきのケータイ、ちょっと調べたけどリコール対象になってる。
auのK002って、塗装がはがれるのが問題になってて、ウィキにも載ってる」

えぇぇ! ウィキにも載ってるなんて相当ひどいやん!
そんな大きな問題になってたのかcoldsweats02

夫がauショップに電話したら、PCで調べた通り、
メーカーに送って無償修理で対応するとのこと。
(さらに調べると、その修理後もはがれるという問題が無きにしも非ずだけど
一応、はがれにくくはなるみたい)

そういうわけで、昨日はauショップに行って代用ケータイをもらってきました。
修理は1週間から10日ほどかかるらしく、なんだか落ち着かないわ~despair

2011年1月21日 (金)

わーい、企画会議へ。

ある出版社さんからご連絡をいただき、お送りした翻訳企画を
来月の会議にかけてくださることになりましたhappy02
でもって、原書を取り寄せ中なのだけれどなかなか届かないので
貸してほしい、とのことで、喜んで発送の手配をしました。

いつもなら宅配便のお兄さんに集荷に来てもらうのだけど
今日は嬉しすぎて、お兄さんが来るのを待ってられないので、
自転車でコンビニまでひとっ走りbicycledash
(意外と、ゆるやかで長い坂が多くて、息が切れたcoldsweats01

とりあえず第一関門を通過できたし、
編集者の方とは直接電話でお話ができたし、
今日はなんか気分がいいわ~~happy01

どうか会議がうまく行きますようにshine

3年前にボツった本に再挑戦

またまた翻訳企画に向けて読書中です。
この本、実は3年くらい前に企画書を作って複数の出版社に
ご案内したものの、まったくナシのつぶてor不採用、となったものです。

だから再読する気なんて全然なかったのだけど、
「各章の概要」を読むと、なかなか良さそうな内容だったので
再挑戦してみようと思ったわけです。

当時から3年のブランクがあります。
その間に、いろんな子育て本を読みながら読書感想ブログを開設し、
子育ての翻訳書の出版も実現しました。
3年前の自分と比べたら、今のほうが子育ての情報も経験も増えたし、
子育て分野の英文読解力も、(経験値が増えた分)上がったと思います。
というか、より共感できる箇所が増えたという感じかな。

そんな状況で、この本を再読してみた感想。

……むむむ。
不採用の決定をいただいた出版社が言ってた通りだ~coldsweats01
当時、第1章を試訳としてお送りしたのですが、不採用の理由はこうでした。

「子育てがいかに大変かというのは分かるのですが、
そういう記述ばかりで、なかなか、じゃあどうすればいいか、
というところにたどり着きません……」

そのときは、私も必死で読んで「良い本」と思いこんで
必死で企画書を作ってという状況で、「必死で」やった作業を無駄にしたくなくて
とにかくご案内を、とやっていたのですが今なら、その理由にとっても納得します。
確かに、前置きが長すぎる。
じゃーどーすりゃーいーねん!って思うし、
そりゃわかってんねん!だからはよ、その先を教えてよ!と思いますcoldsweats01

そんでもって、この著者、レトリックに凝りたいのかな?
たとえ話が多いし、自分の子育て体験談を、素直にシンプルに記述すればいいのに
うるさいぐらい記述を大きくして読者を引っ張り込もうとしている感じがします。

……わーエラそうに書いてる自分! いったい何様!?
でも3年前の自分には考えもつかなかったことを
こうやって言えるようになった(ちょいと力が付いてきた?)自分が嬉しかったりします。
だから勝手にほざいてます。

だけどときどき、「ほぉっ!!」ときらめく箇所が出てきたりするんですよね。
当たり前のことなのに、当たり前すぎて意識できないことを
バシっと指摘してくれてます。
頭の中で電球が光ったみたいな感じ。
ひらめきとはまた違うんだけどね。

そういう文を見つけると、期待がふくらんで先を読みたくなります。
まだ3分の1くらいしか読めてないけど、
とりあえず最後まで読んでみようと思いますhappy01

  

 

2011年1月20日 (木)

ぎゃーっ、アラームが鳴らんかった!子どもは!?

私の起床時間はだいたい6:40ごろ。
息子は6:00、娘は6:30~6:45くらい。

今朝目を覚まして時計を見たら、ナント7:28!
一発で目が覚めて跳び起きました。

子どもたちは!?

毎朝家を出る時刻は、息子が7:30、娘は7:45です。
大慌てでリビングへ下りると、
二人とも着替えの途中でした。

普段と変わらない調子で子どもたちは「おはよ~~happy01
私「めっちゃ寝坊した! 朝ごはん食べた!?」
子どもたち「食べたよ~scissors 昨夜のキムチ鍋、チンした」

子どもたちは、いつもどおりに起きていつもどおりに
学校へ行く支度をしているようで、ホッとしました。
……我が子ながら、エライcoldsweats01

単身赴任のパパといつもスカイプで「いってらっしゃい」の
あいさつをするのだけど、今朝は子どもたちだけではうまくログインできなくて、
スカイプできませんでした。(パパごめん)

それにしても、スゴイ。私がいなくても全然大丈夫じゃん!
……私なんて、母に何度も起こされてやっと起きて
いっつも早く早くと言われてたもんねぇcoldsweats01

  

蛇足ながら、「朝からキムチ鍋って……coldsweats02」って思いますよね。
子どもたちはキムチ鍋が大好きで、
昨夜から「明日の朝はキムチ鍋食べる!」と宣言してました。
まぁ私も小学生のころは、晩御飯の残りを朝のおかずにするのが
好きだったので、朝からカレーってのもアリでした。
いやー子どもってたくましいhappy01

2011年1月19日 (水)

思春期の本を読んでビビった

次の翻訳企画を考えるために、思春期の子育ての本を読んでみました。
ティーンの親の意見や経験談が出てきたのですが、
なじみのない子育ての悩みがいろいろあって、
変な言い方ですが、新鮮でした。

ウチの息子は11歳。まだ思春期には遠いのか、堂々と甘えてきます。
本を読んでいると、煙草、酒、10代の妊娠、薬物、
出会い系サイト、巧みなウソなどが出てきて、
今の自分の子育てとはあまりに次元が違いすぎてビックリしました。
大学生ならまだしも、中高校生だよ!
(そう考える私が甘いのか?)

まぁアメリカの本だし、アメリカならではの問題かな~と思いつつ、
知り合いの中高校生のママさんにちょっと聞いてみましたら、
「うーん、このあたりではあまり聞かない……
いや、タバコとかは、あるねぇ。
有害サイトのことは親向けの話でも出たし。
そのほかの問題も、中心部の学校のほうではあるって聞くよ」

そうか~
息子は再来年、中学生になるけど
そういう問題にハラハラする日もそう遠くないってことか……
なんか、思春期の問題を急に身近に感じてしまいましたcoldsweats02

もともと翻訳向けに読み始めた本だけど、
我が子が問題に巻き込まれたらどうしよう……とか、
いろいろ考えてしまいます。
その本で教えてくれるスキルを、今から勉強して
息子が思春期に入ったら使いこなせるように練習しとかなくっちゃ。

……企画にするかどうかは、またあらためて考えよ♪

息子が自ら、英語の本を読む、と!

小5の息子が学校の準備をしているとき、
朝の読書時間のために本を持っていきたいと言いました。

「いいよ~、何の本を持ってくの?」
「英語のさ、文字が多い本って、ない?」
「……英語のぉ!?」

なんでも、クラスに英語の本を持ってきている子がいるのだとか。
原書を読む子がいるのか!とビックリして聞いたら、
原書じゃなくてどうやら英語の参考書を持ってきている様子。
その子はもちろん英語教室に通っています。
息子は自分で英語が人よりできると思っている(!)みたいなので
その子が文法書を読むのは衝撃的だったのかもしれませんcoldsweats01

とりあえず家にある子ども向けの読み物を探したら……
ずっと前に友人からいただいた"Magic Tree House"の第1巻がありました。
白黒の、絵本と呼ぶほど挿絵は多くない、文章メインのうす~い本です。
チャプターブックっていうやつね。
(日本語訳も大人気ですよね♪)

それを見せると、息子はすぐに気に入って持っていくことにしました。
「ホントに読めるの? 単語が分からないと意味わかんないよ」
試しに読ませてみたら、まぁ何とか分かる、と言う息子。

しかしな~、そんなの持ってったらクラスで目立っちゃうよな。
きっとクラスの子が家でお母さんに「○○くん、英語の本、読んでてん!!」
とか言って、「ま~、○○くんってそんなに英語できるの!」なんて
思われて、ウワサのタネになって……
それ、困る。

けどなぁ。

ま、しゃーないか。
せっかく本人が読む気になってるんだし。
ふだんは読めって言ったってなかなか読まないしね。

どこまで読み続けられるか、興味津津だわsmile

2011年1月18日 (火)

「もしドラ」をPに当てはめてみた

ぴーてーえーの次期役員の候補者が推薦されて
いよいよその人たちにアプローチする時期が近づいてきました。
実際に動くのは選考委員さんたちですが、
現役員の私たちもなんだか落ち着きません。

気持ちを落ち着けたくて、また「もしドラ」を引っ張ってきました。
昨夜から飛ばし読みしています。
(主人公のみなみちゃんは、ドラッカーの『マネジメント』を読むと
落ち着くらしいです。なんか分かる気がするcoldsweats01

でもって、ぴーてーえーに当てはめてみるとどうなるかなぁと
考えてみました。

PTAって「子どものために!」という動かしようのない大義名分があるので
いわゆる「顧客」は子ども、と思いがちだけど、それだけじゃなくて
保護者や教職員、地域も顧客になるのではないかなぁ。
特に保護者。
保護者が活動の中心になるし、保護者がいなけりゃPTAは成り立たないものね。

保護者を最重要顧客と考えたら、「事業の定義」は何になるんだろう?
分かりやすすぎる(当たり前すぎる)定義はたぶん違う、
と本には書いてあったので、規約の「児童の健全な育成」とか
「地域社会への参与」とかいうのはやっぱりたぶん違うのだろうな。

ここでマーケティングの必要が出てきた。
保護者に、Pに望むことや、どんな活動ならやる価値があるか
ということを聞いてみたい。
聞かないと、より具体的な定義付けができないもんね。

でも保護者の全員に希望だの価値だのを聞くと、あとでエライことになりそうcoldsweats02
どのみち年度末にはたぶん、P活動を振り返るアンケートを配るだろうから
そのときに「今後、希望することや活動」を書いてもらえたらいいかな?

で、まぁ今までの私の経験やママ友とのおしゃべりから、
「保護者がPに求めるもの」を勝手に想像してみた。

  • 子どものためになる活動(ベルマーク、見守り活動、その他学習面、生活面で)
  • 保護者同士の交流
  • 明るい雰囲気(楽しい、嬉しい)
  • 負担の軽減(てか、これ以上増えないこと……この要望がめっちゃ大きそう^^;)

みなみちゃんの野球部は、魅力がないから部員がさぼりがちとあったけど
Pも魅力がないから積極的な参加者がいない、という点で似てる気がします。
試合だとみんな出てくるけど練習には出てこないのは、
試合には練習にない魅力があるからだ、とみなみちゃんは分析。
それをもとに魅力的なメニューを考えます(みなみちゃんの「部下」に当たる子が)。

Pの場合、保護者が積極的に参加する活動と、しない活動との違いは何だろう?
積極的に参加するのは、「親子」で何かする活動。
学校の行事になるけど、入学式などの式典や運動会には
みんな当たり前のように参加するよね。
授業参観や親子掃除も、結構参加者が集まります。

それに対して、参観後の学級懇談に残る人数は極端に減ります。
子どもはその場にはいないけど、子どもの話のはずなのに、
みんな帰っちゃう。

前者にあって後者にないもの……「子どもの存在」だよな~。
確かに保護者を引きつけるには魅力的な要素かもしれないけど、
まさかPTAの活動のたびに子どもを呼んでくるわけにもいかないもんねcoldsweats01

他に魅力的な要素、ないかな。
そういえば、入学・卒業の式典や、子どもの頑張る姿を見られる運動会って、
感動があるよね。
それに、我が子の成長や他学年を見て何かを「発見」することもあるかも。

感動と発見かぁ……そんなの、P活動に組み入れられるかぁ????

  

  

……なんか、疲れた。
もっと気楽にやればいいのに、
こんなクソ真面目に考えこむ自分がイヤになるcoldsweats01

  

  

  

  

2011年1月16日 (日)

スキーで実感…体で覚えるってスゴイ!

この週末、実家と妹家族と一緒に、
びわ湖バレイへスキーに行ってきました。
私がスキーをするのは実に二十数年ぶり。

短大の頃はスキーが大人気で
(そういえば「私をスキーに連れてって」なんて映画もありましたね)
ワンシーズンに2~3回、スキーに行った年もありました。
そもそも小さい頃に怖い思いをしてから、スキーなんて嫌いだったのに、
学生の流行に流されてスクールに通ったのは、
現地インストラクターやスタッフとの交流が楽しかったからでした。
でもまぁその甲斐あってか、何とかパラレルができるようになりました。

それから20年以上。
パラレルどころか、ボーゲンもままならないかもcoldsweats02
と、恐る恐る滑ってみると、まぁ自己流でなんとか。
午後はスクールに入り、まったくの初心者レベルで教えてもらいました。
言われたとおりにやってみると
体が少しずつ思い出してきたような感覚がありました。
1時間半のレッスンが終わった後、自分で滑ってみたら
20年前の感覚が戻って、その当時のように滑れたように思います。
ちなみに、妹に私の滑降フォームを聞いたら
「シューッ、シューッて、結構上手に滑ってるように見える」だそうです。
本人は必死なんですけどねcoldsweats01

体で覚えてるってスゴイ。
(飛躍しているようですが)語学でも音楽でも、
体で覚えちゃったら怖いもんナシrock!って気がします。

 

子どもたちもスクールへ。

↓まずは先生のお話を聞きましょう。

1

↓転び方の練習

2

↓では片足滑りから……

3

↓両足で滑ってみよう♪

4_2

↓スクールの後は、雪山遊び♪

5

甥っ子・姪っ子も含めて子どもたちはみんなスキーは初めて。
スクールに入ってすぐ音をあげるかな~と思いきや
「難しいけど楽しかった♪」だそうで、午後もスクールに。
親子とも雪と遊びまくった一日でした。

 

……筋肉痛がコワイcoldsweats01
 

 

2011年1月14日 (金)

もうすぐ役員の公募結果が…

もうすぐ学校へ行ってきます。
今日は、次期本部役員候補の公募結果が分かる日。
ひゃー、めっちゃドキドキよ。
数日前、選考委員さんが公募のお手紙を配布してくださり、
自薦・他薦の返信締め切り日が今日なのよね。
その返信結果を、本部役員立ち会いのもと、
選考委員さんが受け取るんです。
なんか落ち着かないな~。
お、時間だ。行ってきまーす!

2011年1月13日 (木)

ほんの少し、前進。

年が明けてしばらくたったころ、ある出版社に
翻訳出版の企画書とサンプル訳をお送りしました。
そしたら先日、これからいろいろと調べてみますとの
ご連絡をいただきましたhappy02
うまくいくといいな~clover 
版権、あいててほしいな~clover
ホントに毎回ドキドキですsweat01

物思いにふける……40代だからこそ

私が中学生のころの卒業式の定番ソングは
海援隊の「贈る言葉」でした。
吹奏楽部で演奏したこともあって
歌詞よりメロディをよく覚えていたのですが、
このトシになって初めて、次の一節の深い意味がちょっと理解でき、
実感するようになりました。

  

「信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷つくほうがいい」

  

続きの 「求めないで優しさなんか 臆病者の言い訳だから」

この意味がイマイチわからなかったのですが、
調べていくうちに(ヒマ人と言わないで^^;)
ちょっと分かった気がします。

傷つきたくないから、相手から何も求めずにいる
(積極的に相手を愛さずにいる、信じないでいる)。
それが優しさの表れ、というのは臆病者の言い訳だ

……考えをめぐらすうちに、歌を聞きたくなって
Youtubeで探しました。

歌詞を見ながら聞いていると涙がじわ~んweep
……ハ、ハズカシ。なんて涙もろくなったんだろう。

2011年1月12日 (水)

PTA本部会、久々にMM(もどき)が大活躍。

今日は年が明けて初のPTA本部会でした。
3学期の大きな行事といえば卒業式くらいなので、
そんなに忙しくないかな~と思いきや、
小さな行事の段取りや作業で、
やっぱりちょくちょく学校に来ることになりそうです。

会議をするときは、時間を無駄にしないよう議題をしっかりと決めていきます。
レジュメを作るのですが、今日はだいぶ細かく議題を書き出したので
かなりめんどくさそうに見えましたcoldsweats01
でも、その甲斐あってあやふやな点がなくなり、中身の濃い会議になりましたヨ。

久々にマインドマップ(もどき)が大活躍しました。
レジュメを作るときにノートに書いたマインドマップに、
会議の話し合いの内容をどんどん書き加えていきます。
たくさん書いて見にくくなったので、帰ってから、
行事ごとに改めてマップに書きました。
これでスッキリ~♪
複雑で分かりにくいと思った情報も、マップにすると意外と単純だったりします。



Mindmap_2

           ↓

Mindmap2_3 

 

2011年1月11日 (火)

英語レッスンの時間割…調整難航(汗)

我が家の英語レッスンは、火曜日の夕方に2コマあります。
最初が2・3年生、次が4・5年生です。

今の3年生が4年になったら、学校が6時間になり、
今のスケジュールでは時間があわなくなります。
そのためいろいろと調整をしたのですが、
みんな英語以外にもお稽古ごとがあり、なかなかうまくいきませんbearing

やむを得ず、人数の多い2・3年のクラスを二つに分けることにしました。
レッスンを開始した当初からずっと一緒に通ってくれていた
お友達同士が離れてしまいましたが、しかたありませんthink

だんだんみんな成長して、忙しくなっていくんだなーー……
私も時間のやりくりに真剣に取り組まなくっちゃ。
今まではかなり、本能の赴くまま、やりたいことをやりたいときにやってたもんなcoldsweats01

自治会の班長も回ってくるし、Pもまだ続きそうだし。
ちょっとゆるみまくった頭のネジを締めていかなくちゃね。
って4月からだけど~note

2011年1月 9日 (日)

スキー場、激混み!

来週末、近場に実家の家族とスキーに行く予定です。
それで今日は、その下見に連れて行ってもらいました。

今日は3連休の真ん中とあって、激混みのゲレンデでした。
車も駐車場から、はみ出しまくりで
路上駐車の列が延々と続いていました。
そばをパトカーが通って行ったのですが、
取り締まりきれない感じでしたねcoldsweats01

山頂に着いたころ、ちょうど曇ってきて吹雪になりました。
食堂には人があふれ、なんと
「申し訳ありませんが、ただいまより30分間
食券の販売を中止させていただきます」とのアナウンス。
厨房が回り切れていない様子でした。

……正直、来週こんなスゲー混んでるゲレンデ、来たくないよ、
と思ってしまったワタシ。
でもインフォメーションセンターのお姉さんいわく、
今日の混み具合は異例中の異例らしく、
普段の週末はもっと楽とのことでした。
その言葉通りであることを願おうshine

子どもたちは初めて、あこがれの「一面の銀世界」なるものを見ました。
感動して、はしゃいでほしかったのですが、
吹雪の中ではそうもいかず、ヨタつく足元に気を取られながら
ゴンドラ乗り場に戻りました。

来週はどうかいいお天気になりますようにsun

ゴンドラから一枚。

From_gondola

帰りに寄ったレストランで「つかれたー」 by 息子

Tired2

2011年1月 8日 (土)

小5の算数、もう母にはお手上げ(涙)

小5の息子のサブ問題集に、久々に付き合いました。
算数なのですが、息子一人でやっていても間違ってばかりで、
機嫌が悪くなるわ文句を言うわで先に進みません。
そんな態度に私もムカムカ来たのですが、
応用編だし、受験向けの問題も一つあって
確かに難しそうでした。

仕方なく、ちょっと見てやることにしました。
といっても5年生の算数です。
4年くらいならまだしも、5年ともなると
文章問題の苦手な私は正直、自信ありませんcoldsweats01

ま、それでもとにかく見るだけは見てみよう……

  

  

むむむcoldsweats02

  

 

 

やっぱり難しいよう~~bearing
もう「教える」ことは不可能で、「一緒に考えよう」って感じです。
なんか二人でプロジェクトでもやっている気分。
裏紙をたくさん持ってきて、あれこれ式を書いたり、計算したり。
私の言葉がヒントになって息子がひらめいたりその逆だったり。
でもそうして15分でやるべき問題を30分くらいかけてあーだこーだと
思考錯誤して、ようやく解答にこぎつけました。
ドキドキしながら答えを見ると……

 

 

せいかーいnotesnotes

 

 

二人でハイタッチして勝利(!?)を喜び合いました。
(細かいことを言えば、ちょっと考え方が答えのとは違うのだけど
まぁ受験するわけじゃなし、結果オーライということでcoldsweats01

普段の問題集は自分でマルつけすることになっているので
私はチェックしないし、どんな問題をやってるかも知らないのだけれど、
今日は久しぶりに見て、こんなに難しくなってるのかと驚きました。
もうダメだわ~。理科の問題はもっと前にあきらめてるし。
(「理科は、もうお母さんは助けてあげられないから、
先生に質問するなりして自分でしっかり理解してね。
分からなくてもおかーさんも分からんから」と宣言済みcoldsweats01

いやー、勉強って大変だわ!
好きな科目ならまだしも、子どものうちは選んでられないもんね。
ガンバレ息子clover

  

2011年1月 7日 (金)

3学期開始。子どもも私も。

3学期開始ですflair
子どもたちも張り切って学校へ行きました。

私は昨日から活動開始。
というのも、昨日はPTAがらみで地域組織の活動で
校区内の巡回パトロールに行ってきたのでした。
1時間だけだけど、知ってる人はほとんどいないし、
冬休みもまだ終わってないのに(だからこそのパトロールなのですが^^;)
正直……

めっちゃ、いや

でした。
でも行ったら、息子つながりで知っているお母さんが
おられて、中学生のお母さんもいっしょに
いろいろとおしゃべりしながらパトロールできました。
意外とこれが楽しかったhappy01

でもって、今朝はその組織がらみで、登校指導。
45分間、横断歩道付近に立って
「黄色いおばさん」(緑のおばさん、だっけ?)やりました。
これは来週いっぱい続きますcoldsweats01
寒いよーーー。
でもこれも、先輩ママさんといろいろとおしゃべりができて
楽しかったりします。
中高校生の話は面白いし、参考になります♪

そしてその登校指導の後、今朝はPTA本部メンバーで
さっそくミーティング。
といってもちょっと聞いてもらいたいことがあったので
近くのカフェに集まってもらったのでした。

来週は次期役員の選考活動が本格開始します。
うひゃーー、しばらく落ち着かないな~。
すんなり決まりますようにshine

2011年1月 6日 (木)

甥っ子が香港マクドで英語を使った♪

甥っ子家族(私の実妹家族)が冬休みに香港へ行きました。
小2の甥っ子は私の英語教室に来てくれているので
張り切って(?)英語を使ったみたいですhappy01
といってもほんの少しだけですが、こんな話をしてくれました。

マクドナルドで(たぶんママが)コーンを注文したら
スプーンがついてなかった。
なので甥っ子がレジに行って Spoon please と言った。
レジの人は耳に手を当てて「は?」という顔をしたので
もう一度 Spoon please と言ってみた。
そうしたら分かってくれてスプーンをゲットできたscissors

パパがコーヒーを注文したらミルク入りで出てきた。
ブラックが良かったので、パパが No milk. と言ったら
More milk と勘違いされたらしく、もうひとつミルクをもらってしまったcoldsweats02

ふふふ。ちょっとしたシーンでも甥っ子には
excitingだったのではないかな~。
それにしても、大人でも英語を使うなんて尻込みするのに
小2の甥っ子は肝っ玉が座ってるなぁ~。
がんばったねscissors
教える私としても、そうやってチャレンジしてくれるのは嬉しいですhappy01
我が子たちにもこういう機会を与えてやりたいもんだわshine

2011年1月 4日 (火)

翻訳企画~行け行け~♪

なんとなく早く通常生活に戻りたくて
昨夜から翻訳企画書の練り直しを開始。

いったん仕上げした内容なのであまり手を入れるところはないはず、
と思いきや、意外とあちこち書き直してしまいましたcoldsweats01
でもま、しばらく寝かせたおかげで、より納得のいく企画になった気がします。
サンプル訳も少し手直しをして、明日は「各章の概要」も読み直す予定。

発送は、出版社の仕事初めのバタバタが落ち着きそうなころ……
3連休明けあたりに着くように送るぞrock

単身赴任はつらいよ by 妻

2週間の冬休み帰省を終えて、夫は夕方、千葉へ帰りました。
どっぷりと私たちと過ごして、
しっかりとまた自宅に根付いてしまったようで
帰りたくないなぁと朝からテンションが上がらず。
でもそう言っても仕方ないですね。
夕飯におせちのお弁当を持っていきました。

私もあんまりテンションが上がりません。
「夫がいない、子どもがいる、学校も習い事も休み」
ってのが一番キツイです(^^;)
子どもがヒマを持て余しますからね……
兄妹げんかも増えるし(夫が帰省して思ったけど、
お父さんの存在ってケンカの抑止力になりますね~。
お父さんがいるだけでケンカが激減しました!)

学校は7日からです。
行ったと思ったらまた3連休。やれやれsweat02

2011年1月 3日 (月)

そろそろ宿題の仕上げを……

お正月も三日目。
書き初めの宿題に着手する息子。
「友情」と書いてます。

Kakizome

最初は手っ取り早くやってしまおうと思っていたみたいだけど、
いざ書き始めると「友」が大きくなりすぎたとか
「情」が下がりすぎたとか、いろいろ不満があるみたいで
結構な枚数を書いています。
ガンバレ~happy01

2011年1月 2日 (日)

奈良へ初詣…シカ+αの写真

奈良の春日大社へ初詣へ行きました。
一眼レフをおともに♪
混雑は思ったほどひどくなく、お散歩も楽しめましたhappy01

↓トイレの標識ごときに、こんな立派な石が!

Stone_3 

↓シカにご注意(左は本物、ロウ人形じゃないよ)

Warning_3

  

  

2011年1月 1日 (土)

今年の抱負には、気合が入ってます

あけましておめでとうございますfuji

2011年がご訪問くださるみなさんにとって、
我が家にとって、幸せで実り多い一年となりますようにshine

  

今年の抱負は、昨年11月くらいから決めていました。
それは、

「気持ちをすばやく切り替えること」

  

昨年はPTA会長となって、幼稚園時代のPTAとは
全然違う世界に飛び込み、いろんなことを経験しました。
嬉しいことも辛いこともたくさんあって、
そのたびに気持ちのアップダウンが激しくなり、
なかなか気持ちが切り替えられませんでした。

午前中PTAの集まりに行って帰ってきたら、
その余韻が午後にも残り、なかなかそこから抜けられず
やるべきことが思うようにはかどりませんでした。
もちろん差し迫ってやらねばならない仕事が
あまりなかったから、という理由もあるのですが、
今年は差し迫った仕事を作れるように、
そのためにもまずは気持ちを上手に切り替えて、やるべきことを
納得できるように進めていけるようになりたいと思います。

では!
今年も(ストレスをためないで)頑張るぞーrock  

みなさま、今年もよろしくお願いしますsign03

  

  

↓夫の実家に、お節を持って新年のごあいさつ。 

Osechi2011_2

毎年参考にしてるのは、結婚1か月目に買った本
『おせちと正月のごちそう 簡単でおいしい家庭の味』。
「簡単で」なんて、ウソつき~(ToT)
97年度版。ふるっcoldsweats01

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ