« 息子が自ら、英語の本を読む、と! | トップページ | ぎゃーっ、アラームが鳴らんかった!子どもは!? »

2011年1月19日 (水)

思春期の本を読んでビビった

次の翻訳企画を考えるために、思春期の子育ての本を読んでみました。
ティーンの親の意見や経験談が出てきたのですが、
なじみのない子育ての悩みがいろいろあって、
変な言い方ですが、新鮮でした。

ウチの息子は11歳。まだ思春期には遠いのか、堂々と甘えてきます。
本を読んでいると、煙草、酒、10代の妊娠、薬物、
出会い系サイト、巧みなウソなどが出てきて、
今の自分の子育てとはあまりに次元が違いすぎてビックリしました。
大学生ならまだしも、中高校生だよ!
(そう考える私が甘いのか?)

まぁアメリカの本だし、アメリカならではの問題かな~と思いつつ、
知り合いの中高校生のママさんにちょっと聞いてみましたら、
「うーん、このあたりではあまり聞かない……
いや、タバコとかは、あるねぇ。
有害サイトのことは親向けの話でも出たし。
そのほかの問題も、中心部の学校のほうではあるって聞くよ」

そうか~
息子は再来年、中学生になるけど
そういう問題にハラハラする日もそう遠くないってことか……
なんか、思春期の問題を急に身近に感じてしまいましたcoldsweats02

もともと翻訳向けに読み始めた本だけど、
我が子が問題に巻き込まれたらどうしよう……とか、
いろいろ考えてしまいます。
その本で教えてくれるスキルを、今から勉強して
息子が思春期に入ったら使いこなせるように練習しとかなくっちゃ。

……企画にするかどうかは、またあらためて考えよ♪

« 息子が自ら、英語の本を読む、と! | トップページ | ぎゃーっ、アラームが鳴らんかった!子どもは!? »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子が自ら、英語の本を読む、と! | トップページ | ぎゃーっ、アラームが鳴らんかった!子どもは!? »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ