« スキーで実感…体で覚えるってスゴイ! | トップページ | 息子が自ら、英語の本を読む、と! »

2011年1月18日 (火)

「もしドラ」をPに当てはめてみた

ぴーてーえーの次期役員の候補者が推薦されて
いよいよその人たちにアプローチする時期が近づいてきました。
実際に動くのは選考委員さんたちですが、
現役員の私たちもなんだか落ち着きません。

気持ちを落ち着けたくて、また「もしドラ」を引っ張ってきました。
昨夜から飛ばし読みしています。
(主人公のみなみちゃんは、ドラッカーの『マネジメント』を読むと
落ち着くらしいです。なんか分かる気がするcoldsweats01

でもって、ぴーてーえーに当てはめてみるとどうなるかなぁと
考えてみました。

PTAって「子どものために!」という動かしようのない大義名分があるので
いわゆる「顧客」は子ども、と思いがちだけど、それだけじゃなくて
保護者や教職員、地域も顧客になるのではないかなぁ。
特に保護者。
保護者が活動の中心になるし、保護者がいなけりゃPTAは成り立たないものね。

保護者を最重要顧客と考えたら、「事業の定義」は何になるんだろう?
分かりやすすぎる(当たり前すぎる)定義はたぶん違う、
と本には書いてあったので、規約の「児童の健全な育成」とか
「地域社会への参与」とかいうのはやっぱりたぶん違うのだろうな。

ここでマーケティングの必要が出てきた。
保護者に、Pに望むことや、どんな活動ならやる価値があるか
ということを聞いてみたい。
聞かないと、より具体的な定義付けができないもんね。

でも保護者の全員に希望だの価値だのを聞くと、あとでエライことになりそうcoldsweats02
どのみち年度末にはたぶん、P活動を振り返るアンケートを配るだろうから
そのときに「今後、希望することや活動」を書いてもらえたらいいかな?

で、まぁ今までの私の経験やママ友とのおしゃべりから、
「保護者がPに求めるもの」を勝手に想像してみた。

  • 子どものためになる活動(ベルマーク、見守り活動、その他学習面、生活面で)
  • 保護者同士の交流
  • 明るい雰囲気(楽しい、嬉しい)
  • 負担の軽減(てか、これ以上増えないこと……この要望がめっちゃ大きそう^^;)

みなみちゃんの野球部は、魅力がないから部員がさぼりがちとあったけど
Pも魅力がないから積極的な参加者がいない、という点で似てる気がします。
試合だとみんな出てくるけど練習には出てこないのは、
試合には練習にない魅力があるからだ、とみなみちゃんは分析。
それをもとに魅力的なメニューを考えます(みなみちゃんの「部下」に当たる子が)。

Pの場合、保護者が積極的に参加する活動と、しない活動との違いは何だろう?
積極的に参加するのは、「親子」で何かする活動。
学校の行事になるけど、入学式などの式典や運動会には
みんな当たり前のように参加するよね。
授業参観や親子掃除も、結構参加者が集まります。

それに対して、参観後の学級懇談に残る人数は極端に減ります。
子どもはその場にはいないけど、子どもの話のはずなのに、
みんな帰っちゃう。

前者にあって後者にないもの……「子どもの存在」だよな~。
確かに保護者を引きつけるには魅力的な要素かもしれないけど、
まさかPTAの活動のたびに子どもを呼んでくるわけにもいかないもんねcoldsweats01

他に魅力的な要素、ないかな。
そういえば、入学・卒業の式典や、子どもの頑張る姿を見られる運動会って、
感動があるよね。
それに、我が子の成長や他学年を見て何かを「発見」することもあるかも。

感動と発見かぁ……そんなの、P活動に組み入れられるかぁ????

  

  

……なんか、疲れた。
もっと気楽にやればいいのに、
こんなクソ真面目に考えこむ自分がイヤになるcoldsweats01

  

  

  

  

« スキーで実感…体で覚えるってスゴイ! | トップページ | 息子が自ら、英語の本を読む、と! »

小学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スキーで実感…体で覚えるってスゴイ! | トップページ | 息子が自ら、英語の本を読む、と! »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ