« とりとめもなく、読心術の本のレビュー | トップページ | 急に掃除をする娘 »

2011年2月 9日 (水)

小2娘がクラスの代表に「なってしまった…」(泣)

小2の娘が、「6年生を送る会」のクラス代表になりました。
それはすごい!ガンバレ~happy01 と言おうとしたら、
娘の目から涙がポロポロ……

娘は、大きな声で何かをしゃべる(たぶんスピーチ?)か、
笛を吹くか、どちらかをするそうなのですが、
まだ具体的には何も決まっていないみたい。

何をするか分からないけど、ただ不安ばかりが大きくなって
「上手にできなさそう」「怖い」「緊張する」
「やめたい、けどもう決まっちゃってるからやめられない……」
と、後ろ向き発言を連発coldsweats01

ここは、うまく対応したいところです。
だってせっかく代表になったんだも~ん、
親としては、前向きに頑張って責務を全うしてほしいもんです。
まちがっても「嫌だ、やめたい!できない!」
「もう決まったんだからダメ、やりなさい!」
のようなバトルにはしたくありません。

なので、私も慎重に対応しました。
まずは、気持ちを受け止める。
そうだよね、こわいよね、不安だよね、分かるよ~
お母さんも同じ気持ちになったこと、あるよ~……と。

あれは中2のとき。
生徒会の学年代表に立候補したクラスメートのために
誰かが「応援演説」をしなくちゃいけなくて、
それをする人をくじで決めることになりました。
で、なんと運悪く、私に決まってしまい……
今でこそP会長なんてしてますが、当時は
人前でしゃべるなんてとーーんでもないことで、
すぐさま、その場で「嫌だ、いや! 絶対やらない!!!」と
ものすごいダダをこねたのでした。
中2です。当然、大ひんしゅくをかい、選挙管理委員の子に
「くじで当たったくせに! もういいわ!」と
さじを投げられ、そこでようやく観念して、しぶしぶ引き受けたのでした……

そんなことを、娘に話して聞かせたのですが
果たしてそれで慰めになったのかどうか(^^;)

とりあえず、気持ちを受け入れて、ムギューしたり髪をなでたり。
連絡帳に不安な気持ちを書いてあげる、そうしたら
先生も気持ちを分かってくれるよ、と言ったり。
とにかく優しくするように心がけました。

「今日は一緒の部屋で寝てもいい?」
「いいよ、お布団持っておいで」

寝付く前にも少しおしゃべり。
そうしているうちに少し笑顔が戻ってきて、ちらっと前向き発言が。
「全部で代表は4人。
2人ずつに分かれていっしょにやるから、できるかもしれない」

そうそう、その調子!
また近々、Pで学校へ行くから
担任の先生に様子を聞いてみよう。
「送る会」でどんなことをするかを教えてもらって、
家でも一緒に練習しようっと。
娘よ、がんばれ~~happy01

「送る会」、私も見にいけたらいいのになぁ……

 

 

 

« とりとめもなく、読心術の本のレビュー | トップページ | 急に掃除をする娘 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とりとめもなく、読心術の本のレビュー | トップページ | 急に掃除をする娘 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ