« 来賓出席 for 卒業式 | トップページ | お願いです。これ見てください。 »

2011年3月17日 (木)

卒業式祝辞の裏話

卒業式の出席、三日目です。
今日は小学校で、私はP会長なので祝辞を言い、
記念品を贈呈することになっています。

来賓席から舞台まで歩くのに、スリッパだと
シートに足を引っ掛ける危険性アリ、しかも
舞台に上ったときにカツン!カツン!と
ヒールの音が響くのはいただけない、との校長先生からのご助言で
低めのヒールの、足の甲まですっぽり入る黒い靴を買いました。

祝辞は、私が考えたものを先生に見ていただき、
少し内容を調整しました。
原稿をPCで打ち、本番ではほとんど暗記してアドリブを交えながら
スピーチしようと思っていたら、
「できれば式辞用紙に筆ペンで書いて学校に残しておく」
のが良いとなcoldsweats02

ふ、筆ペンですか。

筆ペン、毛筆の類はまったくもって超ドへたくそで大大嫌いなワタクシ。
幼稚園P会長をやったときは式辞を書き残すなんてことをしなかったので
今回もすっかりそのつもりでおりましたのに……

P仲間に代筆を頼もうか、それとも
ペン習字を昔習っていた実妹に頼もうかと考えたのですが、
「上手下手なんて気にしなくていいよ、
自分で読みやすいように書けばいいんだから」
という周りの声に、悪あがきはあきらめました。

書き損じると書き直しにキリがなくなるので、
全神経を集中して一発勝負の清書。

Photo

ま~お世辞にもきれいではありませんが
丁寧に書いたことは伝わる……?かな。
そんなに字に自信がないのに写真を撮って載せるなんて、でしょう?
もはや開き直りです。ブログネタにしてしまえ~ってね。

さていよいよ本番がやってきまして、
低めのヒールのすっぽりした靴のおかげで
スムーズに舞台に上がることができました。
そして式辞用紙を出し、
「お祝いのことば
梅の香り漂う今日の良き日……」と読み始めました。

なるべく児童や保護者の方々を見ながら、ときどきこの紙に目を落とす
という感じでゆっくりめに読みました。
が、スピーチが進むにつれてがくがく両手がふるえて
紙がかなりゆれるのが分かりました。
緊張のせいで口が渇き、舌を噛みそうでした。
こんな症状を自覚したのは初めてです。
いつもは、安心のために原稿を手に持っていますが
読まずにアドリブ交じりでしゃべります。
緊張はしますが、意外とアドリブと笑顔で何とかなりました。
でも今日は卒業式なので、できるだけカッチリと、
厳粛なムードをこわさないように気をつけたつもりです。

式終了後、「みんなの顔を見ながらしゃべれるなんてスゴイ」とか
「声のトーンが良かった」「来賓のあの人がいちいちうなずいて聞いていた」
などとP仲間はもちろん来賓のご年配の方からも
ほめていただけて、すごくすごーーく嬉しかったですhappy02
緊張した甲斐がありました。

これで卒業式ラッシュは終了。
今日はもう、ぐったりするぞーー!

« 来賓出席 for 卒業式 | トップページ | お願いです。これ見てください。 »

小学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来賓出席 for 卒業式 | トップページ | お願いです。これ見てください。 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ