« | トップページ | 「黄金の仕組み」 読書と思考の日。 »

2011年7月 1日 (金)

音声入力を試してみたよ (翻訳)

翻訳の近況を。
というか、昨日から始めた翻訳の方法をご紹介。
紹介するほどいい方法じゃないかもしれないけど
やってみて面白いと思ったのでhappy01

先週買ったパソコン(TOSHIBA dynabook)に、
Lala Voiceという音声入力ソフトがついていました。
試してみましたよ~~♪

うまくいけば、今までやっていたテープ起こしの作業が
不要になります!

やり方としては、英文を見ながらマイクに向かって
日本語に訳していくだけです。
そうしたら画面に私の訳した文章が入力されていくのです。

……でも、ネックは認識の不正確さ。
はぁ???と思う言葉が出てきてまったく意味不明の文章に
なることが多いんですcoldsweats01
(「愛を ママより」と言ったら、「海洋の最寄り」と出たsweat02

私の読み上げ方が悪いのかもしれないですが、
なんせ英文見ながらの翻訳で、
普通の朗読とは違うので、機械にとっては
間の取り方が不自然だったりするんでしょうね。

具体例として、
この直前の記事の冒頭を朗読して入力してみます。
(これは単なる朗読なので、翻訳よりは
だいぶ正確に入力されています)

元の文:

今日は息子の12回目の誕生日です。
おめでとうhappy01
パパが帰省していた週末に家族みんなでお祝いしました。
スペシャルディナーとして
ピザのデリバリ(え?)を頼み、
超人気のお店でフルーツタルトのデコレーションを注文。

音声入力した文:

今日は息子の12回目の誕生日です。
黄金のなる
パパが規制していた週末に家族みんなでお祝いしました。
スペシャルディナーとして
皆のデリバリー(へ?)を頼み、
超人気のお店ではフルーツタルトのデコレーションを注文。

「黄金のなる」ってなんやねんcoldsweats02
皆のデリバリーって……gawk

Lalavoice_3

で、不正確なところはもちろん訂正できますが
間違った箇所は自分で見つけなければいけません。
翻訳した文だと単語単位で本当に?????な内容で、
理解しようとして何度か読むと、本来の意味を忘れてしまうので、
入力が終わったらすぐに訂正するようにしています。

そうは言っても、全体的な作業時間は短縮されるように思います。

今までは

「英文見て口頭で翻訳、録音 → キーボードで入力 → 訂正、修正」

これからは

「英文見て口頭で翻訳、同時に自動入力 → 訂正、修正」

このソフトになれたら、もっと正確に入力できるようになるかな。
もうちょっと実験がてら使ってみまーす♪

« | トップページ | 「黄金の仕組み」 読書と思考の日。 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

「黄金のなる」って、思わずPCの前で笑ってしまいましたhappy01

でも、作業の手間が省けるのはいいですね。新しい方法での進捗具合もまたUPして下さいね。

改行の仕方もわからなかったので「黄金のなるパパ」。
いいよね~(笑)

少しずつ慣れてきました。
また使い勝手報告しますね~♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 「黄金の仕組み」 読書と思考の日。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ