« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

夏休み、ハハとして嬉しかったこと

ついに夏休みも今日で終わり!
わーいわーい(という全国のママさん、多いんじゃないでしょうかbleah

ずっと書こうと思って忘れていたんですが、
夏休みのまとめとして書いておきます。

今年も自由課題の宿題があったのですが、
小6の息子は迷わず読書感想文を選びました。
これには私、超ビックリ!

一昨年は私にうまく乗せられてイチローの自伝を読み、
作文をしましたが、去年はいちばん簡単なお習字ですませました。
今年は「自分から」読書感想文を選びました。
私の小学生時代には考えられない選択。

で、課題図書の作文じゃなくて、自由図書がいいということで、
「ロビンソン漂流記」に決めました。
なぜかって?
実は私も、何を選んでいいかわからず、とりあえず
(基本、読書嫌いだった)私でさえ聞いたことがあるタイトルなら
大丈夫だろう、といういいかげんな理由です。
文字は小さ目だし世界名作シリーズに入ってるし。

当の息子は、読書教室のおかげで、
「自分は早く読める」と妙に自信を持っているみたいで、
「何でもいいよ~」と言い、(300ページ以上あるのに!)二日で読了。

で、問題の作文に取り掛かったのですが、
まぁこれはそう簡単にはいきませんわね。

マインドマップ(もどき)で書く内容を考えたけれど
案の定、あらすじばかり。
自分の経験と合わせて感想を書きなさい、と一応言ってみたものの
無人島でサバイバルした経験を、
どう自分の経験とあわせればいいっちゅうねん!
というのが本音でしょう……(ワタシもそう思うし)

そうしたら、息子が去年の夏、
夫の単身赴任先の千葉で、迷子になったことを思い出し、
それについて書くことにしました。
(そのときの記事はこちら。めっちゃ怖かったよ)

無人島でのサバイバル体験と、見知らぬ土地での迷子なんて、
全然スケールが違うし、書き方も唐突で
「こじつけ」感がぬぐえないのですが、
息子は息子なりに、
ものすごい孤独感と恐怖感に共通点(?)を見出したようでした。

まぁ作文の出来はどうであれ、
息子が自分から何のためらいもなく
「読書感想文」を選ぶようになったことが、
長い間読書嫌いで困っていた私にとっては
とてもとてもうれしかったのでした。

娘は……来年あたりから誘ってみようかな~♪

 

 

2011年8月29日 (月)

PCのしすぎで腰痛。整体院で恥。

きのう初めて、カイロプラクティック整体院に行ってきました。
ここんとこ軽い腰痛がずっと続いて念のためコルセットしてるのですが、
根本的にちゃんと治したい(治るのかなsweat02)と、
加えて、肩こり首こりの改善と、
骨盤矯正のダイエットと、リラクゼーションshineのために。

ここ数年、既製服のサイズ(特にパンツ)がぴったりこなくなったのは、
絶対に、骨盤がガーンと開いてるせいだ!と思い、
それさえ治ればぐっとサイズダウンするはず、と思っていたのに、
意外と体のゆがみや骨盤の広がりは少なく、
それよりも腰の筋肉がもんのすごーく張っていて
ドクターもビックリ、な状態でした。

施術してもらいながらいろいろ質問されたのですが、
「パソコンでお仕事されるのは…朝昼くらいですか」
「いえ、朝昼晩……(仕事とは限らないケド)」
「運動とか、何かされてますか」
「いえ、特に何も……」
「買い物とかは?」
「あ、車で行くので……店内では歩きますが(当たり前じゃん!)」
「……」
「……(恥)」

なんか、いかに体を動かしていないかをここまでさらけ出すと
さすがに恥ずかしくなりましたcoldsweats01

で、私の症状にあったストレッチを教えていただき、
できればPC作業を1時間やったらそれをやりましょう、とのこと。
水も一日2リットルくらい飲んだほうがいいって。

まだ寝たら回復する、という状況じゃないので
2週間後にもう一度行こうと思っています。

そうそう、昔子どもの頃バレエを習ったり
学生時代にちょろっとジャズダンスを習ったりしていたせいか、
筋肉の張りがひどい割には体が柔らかいと言われました。
本当なら腰痛にはなりにくいはずだそうです。
「もったいない」ってsweat02
単に椅子に座ってるだけと思っても、
筋肉には相当負担がかかってたんですね。

ついでに少し猫背とも言われました。
確かに、正しい立ち方で立ってみると、少し違和感が。
昔は姿勢がいいとよく言われてたのでちょっとショック。
これもモニターをずっと見るからだろう、と。

 

 

翻訳の仕事を続けるためにも、
ちゃんと1時間ごとにストレッチして、
少しずつ運動を取り入れていこう。

健康は何をするにしても絶対条件だもんね。

2011年8月27日 (土)

( 出てけば? お母さんの子じゃないから )

今日も兄妹ゲンカがありまして、
息子が言葉の勢いもあってか
「一人っ子だったらよかったのに」と小声で言いました。
このアタシがそんなセリフを聞き逃すわけがありません。

それまでもさんざんイラつくことを聞いていたんでもう限界。
怒りが大爆発……腹ン中で。

そんなこと言うならあんたが出てったら?
ひとりになれるし。

そんなこと言う子はおかーさんの子じゃない。
どこでも好きなとこへ行きなさい。

あんたなんか生まなきゃよかった。

 

なんてセリフが頭をよぎりました。
でもかろうじて口には出しませんでした。

勢いで言って本当に出ていかれたら困るし。
生まなきゃよかった、なんて言葉が一生の傷になったら困るし。
修復不可能な関係になったら困るし。

実は翻訳中の本で、ちょっと前に
こういうのに似たシーンを訳したところだったのです。
その母親は「あんたなんか私の子じゃない!」のほか、
ひどく息子を罵倒しまして、あとで
私はなんてひどい母親だろう、とものすごい罪悪感に悩まされました……

私は、目の前で息子が妹の文句を言っているときに
このシーンを思い出し、その母のように、なんとなく自分も
「あんたなんかお母さんの子じゃない」と言いたくなるときが
くるような予感がしていました。

で、予感的中。
でも本のシーンも同時に頭の中にあったので、
口に出さずにすみました。

翻訳していて助けられたことは何度かありますが、
ほんとに毎回、綱渡りって感じです。

昨日の記事のエイミー・チュア女史
インタビューで言ってたことを思い出しました。

欧米人マザーは、厳しく接して子どもの自尊心を傷つけることを
とても心配しているけれど、
中国人マザーは、子どもには強さがあるものと思って接する、
だから厳しくしても大丈夫なのだ、と。
もちろん愛情ありきの話です。

確かにそうかも。
こんなこと言ったら傷つくかも、と恐れてばかりいては
本当に打たれ弱い子になってしまうかもしれない。
一回や二回、あんたなんか……と言われても
すぐに立ち直れるくらいのタフさも必要だし、
実際、それぐらいタフだと思って接することも大事かも。

もちろんそれ以上に愛情をたっぷりと伝えなければいけないよね。
最近は息子も体がデカくなってきたし、
気持ち的にもムギューはしにくくなったなぁ……

……あぁ今日もとりとめもなく書いてしまった。

明日はハッピーな記事を書きたいよ~

 

 

 

●追伸●

息子の名誉のために書いとかなくちゃ(^^;)
息子は上のつぶやきを反省したらしく、
失意のうちに30分ほど寝て、
起きたらしおらしく「ごめんなさい」と言ってきました……

2011年8月26日 (金)

読んだ! 『タイガー・マザー』

読み終えました。
今年初めに欧米で大子育て論争を引き起こした
タイガー・マザー。

著者のエイミー・チュア女史は
中国系2世のアメリカ人。
移民してものすごい苦労した両親に、
ものすごい厳しく(そして愛情たっぷりに……インタビュー談)育てられ、
経済的・社会的地位を得ることができ、
現在イェール大学法科大学院の教授、という人です。

この本が話題になったのは、
彼女のやり方が(欧米の一般的な子育てから見たら)
超スパルタ方式で、しかも記事になった
新聞の見出しにはにはあたかも中国式が欧米式より優れている、
と書かれていたからのようです。

中国式VS欧米式で大激論になったときに
必ずと言っていいほど話題に上るのが、娘二人への禁止事項のリスト。

・「お泊り会」に行ってはいけない
・友達と遊びに行ってはいけない
・学芸会の芝居に出てはいけない
・学芸会の芝居に出ないことに文句を言ってはいけない
・テレビを見てはいけないし、コンピューターゲームもしてはいけない
・課外活動の内容を自分で選んではいけない
・成績は全教科でA以上をとること
・演劇と体育以外の全教科で常に一位の成績を取ること
・ピアノとバイオリン以外の楽器を演奏してはならない
・ピアノとバイオリンは必ず練習すること

(『タイガー・マザー』P11より引用)

これだけでもすごいのですが、
読み進むにつれ、ピアノとバイオリンのすさまじい練習ぶりや、
チュア女史の徹底した「監視」ぶりも、ものすごいです。

私も長年ピアノをやっていましたが、母にあと5回弾きなさいと
「正」マークをつけられながら、(たった5回なのに)嫌々
練習していたことを思うと、
チュア女史の娘たちはどんなにつらかったろう、
と勝手に想像し胸が苦しくなりました。

それに、チュア女史は、よく「中国式vs欧米式」という形で二つを比較し、
中国式がとても優れていることを強調しています。
私は欧米の子育て本を探して翻訳するという
仕事をしているので、自然と読む子育て本は欧米式が多くなり、
私自身の子育ても欧米式にかなり影響されていると思います。
だから、それを真っ向から否定されているような気がして
なんだか釈然としませんでした。

でも結局、著者は、ティーンエージになった次女の反抗に
どうにも対応できなくなり、
それまでは絶対的に中国式の子育てに自信を持っていたけれど、
欧米式のやり方にも目を向けるべきで、
中国式と欧米式のやり方のよいバランスを保つべきだ、
ということに気づきます。

そのあたりの著者の変わっていく様はとっても面白いのですが、
前半のスパルタが強烈過ぎて、後半の謙虚になる部分の
印象が薄くなっている感じ。
それが残念です。

とにかく、この本を読み終えたときは
なんという恐ろしい母親だ、というのが正直な感想でした。
そして、長女は今大学生だと思いますが、(次女は高校生かな?)
これから先、今までのプレッシャーが
精神面でマイナスに出てきたりしないだろうか、
と他人事ながら気になりました。
そして、私がこんな人の子どもじゃなくてよかった、とまでcoldsweats01

でも!
怖いもの見たさか、ここまで徹底してスパルタを貫く人って
どんな人だろう?と思い、YouTubeで検索をしてみました。
そうしたら、いっぱい出てきましたよ~、
ニュースやトーク番組の出演の映像が!
アメリカ国内はもちろん、イギリスの番組にも出ていて、
イギリスの母親ネットワークの代表者(つまりは欧米式マザー)との
ガチンコ対決(……を番組ではもくろんでいたのかもしれないけど
意外と穏やかに終わりました)もありました。

興味深かったのは、中国語の翻訳版が著者の手に渡ったときの話。
原書のタイトルBattle Hymn of the Tiger Mother
(直訳すると「虎母の闘争賛美歌」)が、
中国語では「イェール大学教授の子育て」に
なっていて、著者もドン引き(^^;)だったとか。

もう一つ、この本が出版されたとき、Wall Street Journalに
「Why Chinese Mothers Are Superior 」
(なぜ中国人マザーのほうが優れているのか)
という見出しで記事が出たのですが、
著者はこんな見出しになるのを知らなくて、これまたビックリしたと。
最初は中国式に絶対の自信を持っていたけれど、
次女に反抗されて自分の間違いに気づいて
欧米式からも学ぼう、と自分が変わったのに、
こんな見出しになっていたので困った、という話でした。
しかも記事には、上記の禁止リストが引用されていたので、
バッシングもあってちょっとつらかったみたい。

YouTubeで著者を見ていると、(イギリス番組の司会者?も言ってたけど)
読んだときとしゃべるのを見たときの印象が全然違って、
しゃべってるときのほうが良かったです。
なんだ、愛情たっぷりの、芯が「超」しっかりしたお母さんじゃんって感じ。

どの番組でも、著者が力説していた(せざるを得なかった)のは
この本は、子育てのハウツー本じゃなくて、自分の子育て史、
子育ての思い出本なのだ、ということ。
特に前半のように極端にやるのは、ハウツーどころか
やらないほうがいいよって感じ、と言ってました。

あ~書いてたらキリがないわ、
もう終わります。
長々と駄文を読んでくださってありがとうございました!

あっ、ちなみに私が読んだのは和訳本です。
原書で読む気力は今はありましぇん(^^;)
翻訳の観点からみると、音楽史はもちろん、
ピアノとバイオリンの演奏技術や、白血病の治療方法、
犬の種類や特徴まで知らなくてはいけなくて、
幅広い調査が必要そうな、すごく大変そうな本だと思いました。
さすがは齋藤孝先生です!

ではほんとに終わります。
ありがとうございましたhappy01heart04
(最後まで読んでくださった方、おられるんだろーか……)

2011年8月25日 (木)

洋書情報ブログの更新

7月末に始めた、子育て・コミュニケーションの
洋書情報をまとめたメルマガ&ブログ。
昨夜、4つ目の記事を更新しました。

今回取り上げたのは
Making Brothers and Sisters Best Friends という本。
普段ケンカの絶えないきょうだいが
どうすれば大の仲良しになったのか、
Mally家の3人の子どもが書いています。
家族のハプニングやパパのイラストなど
ほのぼの感たっぷりの一冊……のようです。
(本そのものは読んでないので^^;)

ブログ記事はこちら

メルマガで読んでくださる方はこちらから登録をどうぞ。

2011年8月24日 (水)

山岡洋一さん

記事にしようか迷ったのですが
翻訳に携わる者として
少なからず衝撃を受けたので……

翻訳の大家 山岡洋一さんが20日、お亡くなりになりました。
全然つながりはないのですが
何年か前、まだ翻訳を勉強中のころ
偶然山岡さんのインタビュー記事を読んだことがあります。

そのときは、すごく厳しくて辛口で怖い人、
とにかくお名前を口にするもの恐れ多い、
雲の上の上の上の上の人、というイメージを持ちました。

それ以来、偶然またそのサイトに飛んでしまって
その記事を目にするということがたびたびあったのですが、
ちゃんと最後まで読めませんでした。
というのも、
「翻訳を甘く見るな、お前のような奴に翻訳ができるわけない」と
バッサリ切り捨てられそうな気がしたからです。
(最初に読んだときにそういう印象をもったので)

でも今回、訃報を知り、またそのサイトを読んでみましたら
一つ一つ、身に染みることばかりでした。
そんな風に感じること自体おこがましいのかもしれませんが
お仕事として翻訳をやってみて、難しさを私なりに感じています。

学習中の自分は甘かったです。
山岡さんのインタビュー記事も、
昨日新たに見つけたこの記事も、
当時だけでなく今の自分にも言われている気がします。

決して自分の力を過信せず、でも過小評価もせず、
謙虚に勉強を続けていかなければ、と思いました。

翻訳界の大黒柱がいなくなってさびしい気がします。
どうか安らかに。

2011年8月22日 (月)

ビミョーな天気で、合歓の郷

めずらしくちょっと日にちがあいてしまいました。
金曜日から昨日まで、実家と妹家族とで
伊勢志摩へ旅行に行っていました。

志摩スペイン村と合歓の郷という、
外遊びメインの旅行だったのですが
曇り&雨で、天気に振り回された三日間でしたbearing
ちゃんと雨用の日程も考えておけばよかったわ。

でもまぁスペイン村は曇りでもったし
最終日もなんとか外で遊べたので結果オーライ。

一泊目のホテルのレストランから
スペイン村の花火が見えました。
5分もなかったと思うけど、何発も同時に上がったりして
とってもきれいでした。

合歓の郷は、ホントに晴れの日に限る!!!
雨でもできる遊びを、ということで
屋根のあるアーチェリーに初挑戦。
子どもたち、雨降りでテンションが下がり気味だったのですが、
やり始めると結構楽しかったみたい。
翌日もやったのですが、
小6の息子はかなりの確率で的に当てていましたsign01
(私は全くこーゆー類のセンスはなく……^^;)

Photo_5

三日目、朝から雨が上がっていたので宝探しゲームしました。
ちょっとその辺を歩いて探す程度と思っていたのですが、
受付の人に所要時間を聞いたら
「カートに乗って、スムーズに見つける大人でも1時間か1時間半くらい」
と言われ、びっくり。
カートのレンタルも完売ぎりぎりのところで2台借りて、
お宝の地図とヒントの「書」をもらって、
ゲームスタート!

うちのパパは青少年にリーダーシップを教える仕事を
していたので、子どもたちをまとめるのは大得意。
今回も「じゃ、行くぞ!」「おーーっ!!rock
ってな具合で子どもたちを楽しませてくれましたhappy01

裏話ですが、探検中、宝探しを作ったというおじさんに出会いました。
何でも宝探しが大好きなお客さんがいて、プログラムが変わるたびに
はるばる遠方から来てくれるんだそうです。
なるほど確かに大人でもちょっと考えないと見つからない
ゲームになっていました。

Photo_3

Photo_4

↑お宝へのカギとなるビンを見つけた!……と思ったら
偽物でした(^^;)

2011年8月17日 (水)

にわか旅行プランナー♪

もうすぐ実家の両親&妹家族とで旅行に行くのだけど、
昨日はその予定を細かく練っていたら
ほぼ空き時間がつぶれてしまった。

(つまり翻訳がワンパラしか進まなかったってことcoldsweats02

今日は気合入れて進めなくては!!
今月中に、打倒第12章!punch

……ところで旅行の予定を細かく考えるのって
意外と楽しい♪
予算内に収まるよう、
現地のグルメ情報とかテーマパークの割引券情報とか、
いろいろネットで調べてます。
時間配分も考えないとね。

去年は旅慣れしている夫が考えてくれたのだけど
今年は成り行き上私が宿を予約。
落ち度がないか心配だわ~。

 

 

では! 
訳文たたき台の音声入力始めます!

 

2011年8月16日 (火)

室外機に日よけ、その後。

昨日、室外機に日よけをつけた記事を書きまして、
さきほど、シャワーする前にエアコンをつけてみました。
出てくるころには部屋が涼しくなってることを願って……
(今日昼間は出かけていたので、
夜になるまでエアコンなしでOKでしたscissors

で、今……
むふふ~、いい感じ♪
28度に設定して扇風機を弱にして回しています。

室外機の日よけ、バンザイfuji

2011年8月15日 (月)

室外機に日よけ。我ながら力作(?)

エアコンはなるべくつけないように……と
頑張っていても日中はかなり厳しいですbearing
設定温度を上げて扇風機を併用していたのですが、
最近PC部屋の冷えが悪くなってきた気がします。
ゆうべは夫もそういっていました。

フィルターの掃除はしたけれど
業者に頼むような本格的な掃除はやったことありません。
買ってから10年近くなるし、
掃除を頼むのと買い替えるのとどっちがいいだろう?

……とその前に、効きが悪くなる原因を調べたら
室外機の温度が上がりすぎるというのを発見。
そうか~!
我が家の室外機はもろに直射日光を浴びます。
きっと、原因はこれに違いない!と思い、
さっそく日よけ対策を検討。

ネットで調べたら室外機の立派なラックから、
お手製の「すだれ巻き」までいろいろありました。
どうやら、室外機に密着させないように遮光するのがいいみたい。

ということで、こんなふうにしてみました。

Situgaiki1

Situgaiki2_3


上に空間を作るためにカゴを二つ置き、ひもで固定。
すだれを垂らして、前に空間を作るためにすそをブロックで広げました。
すだれを含め、ぜんぶ100均でそろえたので500円でできました♪
これで少しは効きがよくなったらいいのだけどな。

リコーダーの音に癒される~

小3の娘がリコーダーの練習中。
タンギングがうまくできず、小さく息継ぎしながら
吹くところがなんかカワイイheart01

「ちょうちょう」(途中から)

聞いみるnote

2011年8月14日 (日)

世間はお盆休み、ウチは…

世間ではお盆休みですよね~……
でも我が家では、長らく帰省していた夫が帰った今、
まるっきり普通の生活に戻っています。
(夫がいても普通の生活だったけど、
夕飯は今夜から手抜きです♪)

相変わらず、私はPCの前にへばりつき、
子どもは、パパがいなくなってさっそく兄妹ケンカ。
(勘弁してくれwobbly 今日は早めにカミナリを落とした)

よそ様はやっぱりお盆らしい生活をしてるのかな。
このブログ、ここ数日はがくんとアクセス数が減って
ちょっとさびしいワsweat02 ……ってそりゃそうか。

2011年8月13日 (土)

今日は大事な日だった!

(我が家にとって)大事なことを書き忘れてた!
今日は娘の9回目の誕生日でした~birthday

プレゼントはパパママから、例のきらきらペンケースと、
ワンタッチで飲める水筒、
親戚のおばさんからは図鑑、
両家のおじいちゃん・おばあちゃんからは、
お洋服いっぱいとお小遣い。
お兄ちゃんはポケモンカードをくれました!

Pencase

これが今の小学生に人気のペンケース(!)
キラキラ素材と取っ手がついてること、ポケットが多いのが
ポイントなのよね(^^;)

Cake


車で10分ほどの、超人気ケーキ屋さんでゲット。
お盆だというのに、かなり混んでいました。
てか、郊外の一ケーキ屋さんでこんなに混むなんて!
(車整理用に店前にはガードマンまでついてます)

でもそんなケーキ屋さんが近くにあるなんてラッキー♪
ちなみに、この混みようなのにちゃっちゃとお客様をさばき、
空いたショーケースにはすぐに新しいケーキが陳列され、
スペースにも動きにも無駄がなく見えました。
さすがです!

洋書情報のメルマガ・ブログ更新

洋書情報のメルマガ&ブログを発行・更新しました。
今回取り上げたのは 父と娘 の本。
疎遠になりそうな関係だけど、父親ってのは
娘の人生においてものすっごい大きな影響を与えているみたいです。
私の父も仕事人間だったけど(今も、かな)
きっとものすっごい影響を受けてるんだろうな。
気づいてないだけで。
洋書情報ブログはこちらです。

それにしても、こういう洋書情報メルマガ(ブログ)を始めて
三つ目の記事だけど、慣れるまではまとめるのが大変だわ(^^;)
それと、特にメルマガではフォーマットがなかなか定まらず、
いまだに試行錯誤を繰り返しています。
でもそれも楽しかったりする♪

ところで翻訳作業は、12章に突入だぁ~!
第9~11章の合計ページより、12章単独のほうが長いので、
途中ダレないよう、気を引き締めないと!
(と、自分に言い聞かせてるcoldsweats01)。

2011年8月12日 (金)

これぞ夏休み!な一日

備忘録として。

今日は盛りだくさんの一日でした。

実家のおばあちゃんや第2の”親戚”
(親友の子どもで帰省するたびに一緒に遊びます♪)
とプールへ行き、お昼を一緒に食べ、

そのあと買い物に行ってパパと合流し、

そのあと夫のほうのおじいちゃん・おばあちゃんと夕食に行き、

そのあと妹の家族と夏祭りへ。
子どもたちはいとこ同士でおおはしゃぎ。
自治会主催とは思えないほどにぎわっていて、
打ち上げ花火も100発以上あって見ごたえ十分。

で、先ほど帰ってきたのですが……
久しぶりにプールに入ったせいかぐったりですbearing
子どもたちは元気なのにねぇ。

2011年8月10日 (水)

大阪ATCに行ったはいいが……

実妹とその子どもたちといっしょに、大阪ATCの
「からだのひみつ大冒険」に行ってきました。
参加型の人体学習展示会とでも言いましょうか、
アメリカ発の、遊びながら人体の不思議を知るイベントです。

人体なのでキレイではない生理現象について
グロテスクなお姉さん人形が説明してくれたり
細かく展示してあったりするので
すいていてじっくりと見聞きできるならとてもいいだろうなあと思いました。

8/5付のスタッフブログには、「平日はとても空いています」と
あったので、たっぷり遊べるかなと期待していたのですが……
けっこう混んでいました。

並んでみてようやく順番が来たと思ったら
ボタンを押して何かを動かすだけとか
そんなアトラクション(と呼ぶのか?)もあったので
本当に面白そうなものだけ並びました。

Photo

↑体への入り口

Photo_2

↑「オペ」中。

Photo_3

↑ 小腸の中を通って……

Photo_5 

↑ 出た。何の形か分かります?……よね。

一通り回ったら、有料で遊べるコーナーがあって
6~7種類ぐらいブースやスペースが設けられていました。
プレイ券11枚つづりが1000円だったので、
せっかく来たし、と二人分買いました。

で、ちょろっとボール投げして3枚。
ちょろっとカーリング「もどき」をして3枚。
迷路に入ってこれも3枚。
のこったプレイ券は2枚なので、1枚ずつ買い足して
次で最後にしようかと思ったら、あとは全部無料でした。

無料ってpunchannoy

そんなら、最初にそう説明するか
掲示してくれていればいいのに。
そうしたら11枚つづりを二人で分けるなりできたのに。
甥っ子・姪っ子の分も余って、なんか損した気分sweat02
仕方なく、少し買い足して全部使い切りました。

そうして最後のショッピングコーナーを抜け、
どこかでお昼を食べよう、と言いながら
屋台が並んでいるミニフードコートにつきました。
そうしたらその入り口に、

「プレイ券が使えるよ!」

と書いてあるpunchannoy

なんだよ今さら! 無理して全部使ったのにーー!!
ますます、損した気分angry

  

   

……展示そのものよりも、こういうところに
目が行ってしまったワタシ。
ちょっとうるさいオバサンすぎますかねcoldsweats01

展示については、たぶんじっくりと見聞きできたら
すごくためになるし面白いのだと思います。
子どもたちはそれなりに楽しんでくれた……と思うけど。

あと、ATCのお店を15年ぶり?くらいに見て回ったけど
あまりの寂れようにびっくりしました。
アウトレットのフロアでさえほとんどお客さんもおらず……
むかしは若い人でごったがえってたイメージがあるのですがねえ。

2011年8月 9日 (火)

10年ぶりに、new洗濯機

10年と数か月前に買った洗濯機にガタがきて数か月。
叩いたり「買い替えるぞ!」と脅したりして
何とか使い続けてきたけれどついにサヨナラです。

さっき、ピカピカの洗濯機が来ました。
設置が終わり、記念すべき第一回目として
今はタオルを洗濯中。

……それにしても、あまりの静かさに夫も私もびっくり!
10年の間にものすごい技術革新が進んでたんだね~
と妙に感心しています。

Photo

  

2011年8月 6日 (土)

タイガー・マザーって虎のように怖い母?

昨日、メルマガの創刊号を配信しました~♪
記事としては、サンプル号に続き2つめになります。
今のところ、読者数は3人! うち、ひとりは私で~すcoldsweats01

子育て・コミュニケーションの洋書情報という
かなりマニアックな内容なので
どれほど読者数がついてくれるのか?なのですが
自分の翻訳企画のたたき台にもなるので
ゆっくりとながーく続けていけたらなぁと思います。

よかったら登録してみてくださいねぇ♪
こちらからどうぞflair

その創刊号の編集後記にも書いたことなんですが……
今日もシンガポールで見つけた本の話です。

三軒まわった本屋さんのすべてで、Familyのコーナーに
大々的に陳列されている本がありました。
これです。

Tiger_mother_2

こんな表紙が、縦横にずら~っと並んでいて
すごく目立ちました。

著者の名前から中国系の人かな、
中国人の多いシンガポールでは大ヒットしてるのかな、
と思っていました。
ぱらぱらめくってもあまり読みたいとは思わず
そのまま帰国。
一応タイトルだけはメモ。

で、帰ってネットで調べてみると……
アメリカで子育て論争を巻き起こした話題の書
だったのでした!
著者は中国系アメリカ人でイェール大学法科大学院の教授で、
二人の娘の母。

今年初めに出版されてからは、教育関係はもちろん
ニューズウィークやタイム誌にも取り上げられて
なんかすごかったみたいです。
だからあんなに、縦横に何列も陳列していたんだな~。

で、そんなに話題になったのなら訳してみたい!と
思ったのもつかの間、すでに邦訳が出ていました~やっぱりねcoldsweats01
しかも訳者は、あの「にほんごであそぼ」や
「声に出して読みたい日本語」の齋藤孝先生。

そんな先生が訳した本を訳したいなんて、
ワタクシ、なんと恐れ多いことをcoldsweats02

どうやらこの本は子育て書というより
著者の子育て記録、という位置づけのようで、
日本アマゾンの分類では「文学」に入ってます。
さっそく注文しました。
著者の子育てはかなりスパルタだったみたい。
それに耐えた子どもはすごいけど、
それを貫いた著者もすごいな。
早く読みたいわ~。

シンガポールで見つけた、図鑑みたいな子育て本

シンガポールの旅行中、三軒の本屋さんに行きました。
Timesという書店を二か所と、あとは紀伊国屋です。

紀伊国屋と言っても7割以上が洋書なので
見ごたえは十分。もちろん、子育て書をいろいろ探しました。
でも、日本の書店でも同じなのだけど、
リアル書店ではいまいち買う決心がつきません。
参考になるレビューとか売り上げ順位が分かりませんからね。

あっ、趣味で買う本はそんなの気にしないから
すぐに買いますが、翻訳を考えている場合は
そういう内容以外の情報はとても重要です。

……にもかかわらず、「せっかく来たのだから買わなきゃ損」
という何の根拠もない気持ちから買ってしまった本。

Teenager Manual (「十代の子育てマニュアル」)という、
なんとわかりやすいタイトルcoldsweats01
ティーンのカラー写真がいっぱいで、
近い将来のわが子と重ねるようにじっと見てしまいます。
ぱっと見た感じ、図鑑とかカラフルな教科書みたい。
子育て本には珍しいデザインで、
見た目で衝動買いしてしまいました。

リアルで扱ってるくらいだからネットでも売れてるかな~♪と
期待を大きくして、帰宅してさっそくアマゾンでチェック。

……が、しかし。
売れてる本だとレビュー数が100とか200なんてザラなのに、
この本は米国アマゾンのレビューはゼロ。
ゼロだよ、ゼロ!
しかも売り上げ順位も、部門に分類さえされていなくて
全ジャンルの売り上げ順位しか出てない。
しかも何百万位、とかそんな数字
(そこまで数字が出ること自体、オドロキ)。

で、よく見たらこの本はもとはイギリスで出版されていました。
なので英国アマゾンで見たら、
レビュー数は「1」coldsweats01 
でも評価は最高の星5です。
まぁ英国アマゾンのレビュー数は米国みたいに
多くないから、レビューがあるだけましなのかも(にしても少ないか^^;)。

それに、英国ではちゃんと「ティーンエージ」の子育て部門に
分類されていて、売上順位も、同部門の約4600冊中96位と大健闘。
初版が2007年でまだ100以内に入ってるってのは
たぶんすごくイイのだと思います。

でもな~
売れてる本でありますように、と願って買ったから
ちょっと残念(しかも日本アマゾンで買ったほうが安かったし)。
これで企画書を作ろうとしたらかなり難しいかも(><)
……だからたぶん作らないだろうなcoldsweats01

今日はかなりマニアックな記事になってしまった。
読んでくださった方、ありがとうございましたheart04

  

シンガポールの旅行中、三軒の本屋さんに行きました。
Timesという書店を二か所と、あとは紀伊国屋です。

紀伊国屋と言っても7割以上が洋書なので
見ごたえは十分。もちろん、子育て書をいろいろ探しました。
でも、日本の書店でも同じなのだけど、
リアル書店ではいまいち買う決心がつきません。
参考になるレビューとか売り上げ順位が分かりませんからね。

あっ、趣味で買う本はそんなの気にしないから
すぐに買いますが、翻訳を考えている場合は
そういう内容以外の情報はとても重要です。

……にもかかわらず、「せっかく来たのだから買わなきゃ損」
という何の根拠もない気持ちから買ってしまった本。

写真

Teenager Manual (「十代の子育てマニュアル」)という、
なんとわかりやすいタイトルcoldsweats01
ティーンのカラー写真がいっぱいで、
近い将来のわが子と重ねるようにじっと見てしまいます。
ぱっと見た感じ、図鑑とかカラフルな教科書みたい。
子育て本には珍しいデザインで、
見た目で衝動買いしてしまいました。

リアルで扱ってるくらいだからネットでも売れてるかjな~♪と
期待を大きくして、帰宅してさっそくアマゾンでチェック。

……が、しかし。
売れてる本だと100とか200なんてザラにレビューがあるのに、
この本は米国アマゾンのレビューはゼロ。
ゼロだよ、ゼロ!
しかも売り上げ順位も、部門に分類さえされていなくて
全ジャンルの売り上げ順位しか出てない。
しかも何百万位、とかそんな数字
(そこまで数字が出ること自体、オドロキ)。

で、よく見たらこの本はもとはイギリスで出版されていました。
なので英国アマゾンで見たら、
レビュー数は「1」coldsweats01 
でも評価は最高の星5です。
まぁ英国アマゾンのレビュー数は米国みたいに
多くないから、レビューがあるだけましなのかも。

それに、英国ではちゃんと「ティーンエージ」の子育て部門に
分類されていて、売上順位も、同部門の約4600冊中96位と大健闘。
初版が2007年でまだ100以内に入ってるってのは
たぶんすごくイイのだと思います。

でもな~
売れてる本でありますように、と願って買ったから
ちょっと残念。
これで企画書を作ろうとしたらかなり難しいかも(><)
……だからたぶん作らないだろうなcoldsweats01

今日はかなりマニアックな記事になってしまった。
読んでくださった方、ありがとうございましたheart04

  

2011年8月 4日 (木)

アジア初体験でシンガポールへ。

10年ぶりの海外旅行でシンガポールに行ってきました!
飛行機に乗るのも10年ぶり。
今の時代、エコノミークラスでも各座席にスクリーンが設置してあって
映画や音楽が自由に楽しめるなんてびっくりですhappy01

今年は息子が小学生最後の夏休み。
来年はもう部活で忙しくなって家族旅行は無理かもしれない、
ということでパパが頑張って海外旅行を計画してくれたのでした。

アジアはいいですね~♪
西洋ほど違和感を感じず
ほどよく異文化体験ができました。
定番の観光スポットを回ってお買い物も少しして
楽しい旅行でした♪

……それにしても、たまたまかもしれないけれど
免税店に行ったら中国人(台湾人?香港人?)ばかり。
しかも中学生くらいの子たちが修学旅行のような団体で来ていて、
一流化粧品やプラダやグッチのフロアに群がって
ワイワイ騒いでいるのにはびっくりです。
20年前は免税店と言えば日本人だらけだったのに……。

では写真いきます。

Baysuns

↑ 話題のマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル。泊まってないけど行ってみました。
カジノも遠目から初めて見ました!
「おお~Oceans13の世界だ!」と妙に感動。
Oceans13よりカジュアルな格好の人が多かったけどね^^;
右にたたずんでいるのは娘です。

Butterfly

↑ 大規模な昆虫館へ。チョウチョが本当にたくさん舞っていてきれいでした。
珍しいカブトムシやクワガタも、標本だけどたくさん展示してあって、
パパも息子も熱心に見入っていました。
かなり見ごたえある昆虫館でした!

Birds

↑ 昆虫館の続きで、鳥に餌付けできるところ。
餌(の水?)を手にもっているとご覧のとおりいっぱい飛んできました。
息子はこの後、耳をパクっとやられました(^^;)

Firedance

↑ ナイトサファリに行く前に見たファイヤーダンス。
昔、私が初めて海外に連れて行ってもらって初めてこういうのを見て
すごくびっくりしたのを覚えています。
子どもたちも、ものすごくびっくりして、娘は
「命がけでやってるの? 自分で(こういう危ないことを)やるって言ったのかなあ、
それともやりなさいって言われたのかなあ」と、不思議がっていました。
息子はこれを見て「やっと外国に来た感じがした」ですって。

Frombus

↑ バスの窓から。

Fountain

↑ ホテル近くの噴水で、毎晩20分ほど、無料で
こんな水と光のショーが行われていました。
音楽とレーザーを派手に使って華やかでした。

こんなのを毎晩無料でやるなんて、それにこの上の夜景を見ても思ったのですが、
シンガポールって不景気とは無縁のように見えました。
マリーナ・ベイ・サンズのような奇抜な建物を作ってしまうし、
昼間もハイヒールで闊歩する女性たちがたくさんいましたしね……。

Malion

↑ 高層ビルがいっぱいです。
下の中央がマーライオンくん。
「世界三大がっかり」の一つだそうですが、
そう思ってみたらさほどがっかりしませんでしたよ~♪
周辺は水しぶきがちってとても気持ち良かったしねhappy01

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ