« 音声入力の思いがけない「副作用」 | トップページ | 洋書情報 blog 『ティーンエージャー語:親の「バイリンガル」への道』 »

2011年9月 6日 (火)

原稿の第一弾、一段落したので。

はうぅぅ~~っ……

 

やっと「おわりに」まで、たたき台の原稿ができました。

今回は第9章から最後まで。

丸一冊を訳すのに、三つに分けて

編集者にお送りしているのですが、

A4に訳出したページ数がこんな感じ。

 

oneはじめに~第5章  46ページ

two第6章~第8章   70ページ

three第9章~おわりに  96ページ

 

 

threeがめっちゃ長くなって、しんどかったっす。

でもこれはまだだ、たたき台。

これからこの分の手直しに入ります。

 

それにしても、やっぱり音声入力はありがたい!

threeのページ数がいちばん多いのに、

普通にキーボード入力したonetwoより早くできた気がする。

せっかく音声入力が楽しくなってきたのに、

手直しの段階では使わないんだよね。

なんかつまんなーい……けど、ここで足踏みしてられません。

次々と進まなくっちゃ。

« 音声入力の思いがけない「副作用」 | トップページ | 洋書情報 blog 『ティーンエージャー語:親の「バイリンガル」への道』 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音声入力の思いがけない「副作用」 | トップページ | 洋書情報 blog 『ティーンエージャー語:親の「バイリンガル」への道』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ