« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

ウチの学校はすごい\(◎o◎)/!

今日は学校で校内音楽会がありました。

会場の体育館は、土曜日とあってものすごい人。

お父さんお母さんだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも

見えました。

各学年で合唱と合奏を披露してくれたのですが、

それぞれの発達段階が目と耳で感じられてとても楽しかったです。

子どもたちが恥ずかしがらずに口を大きく開けて歌っている姿は

純粋で素敵ですね。

心洗われる気がしました。

 

最後は貫録の6年生。

毎年6年生の演奏は、迫力といい完成度といい素晴らしく、

別の学年の保護者の方々も楽しみにしています。

今年は「ブリッジ」を合唱し、「センチュリア序曲」を合奏しました。

 

本当に、素晴らしいの一言に尽きます。

特に合奏。

センチュリア序曲は、吹奏楽のコンクールに出される曲です。

小学校にある楽器で、これほどレベルの高い演奏ができるのかと

心底驚きました。

スピードの変化があったし音の強弱もしっかりついていて、

メリハリがきいていました。

感動で涙、涙です、ほんとに。

アンコールしたかったわ!

ここまで子どもたちを引っ張ってきた先生方のご努力はいかほどか。

頭が下がる思いです。

 

子どもたちにとっても貴重な経験になったと思います。

みんなで何か難しいことをなしとげた爽快感と

力を合わせることの素晴らしさを忘れずに

成長の糧としていってほしいです。

 

 

●おまけ●

……私はPTA会長なので評議員も兼ねていて、

音楽会終了後、校長室でお茶をいただきながら

感想を書かねばなりませんでした(^^;)

突然感想をと言われてもうまい言葉も浮かばず、

走り書きで汚い文字で、書き間違いを黒く塗りつぶしたりして、

ほんとに恥ずかしかったです(ToT)

音楽会では最前列の席で見せていただき、感動しきりでした。

一般の保護者の方は長く並び、混雑を我慢しておられる中、

後から入ってきて最前列に座るというのは

どうも気が引けたのですが、仕事の一部として

ありがたく座らせていただきました……

子どもの顔がよく見えたよ~happy02

写真やビデオは撮れなかったけどsweat02

 

 

2011年10月28日 (金)

嫌な奴は、いる。でも。

どっぷりと物思いにふけるこの頃……思考の秋!?

最近、身に染みて感じています。

生きている限りは、人間関係ってついてまわるし、

ついてまわるなら人間関係をうまくやっていかなきゃ

人生って面白くないしつらいだけだよな~って。

 

学校や地域、子どもがらみ、仕事や趣味などで私も

いろんな人と接する機会があって、

めっちゃくちゃ尊敬してやまない人から、どうにも理解不能で不愉快な人まで

本当にいろんな人に出会います。

 

でも考え方をちょっと変えれば、嫌な人に出会ったときは

その人を反面教師として

「こんな言い方をされたらすごく傷つくし、腹が立つ。

言い方ってものすごく大事!」と学べるし、

そのおかげで私も一つ、賢くなれると思います。

腹が立つたびにそうやって学んでいけたら

私はどんどん賢くなって、人間関係に振り回されず

幸せな人生を送れそうな気がします。

そう考えたら、嫌な人は、

私の人生を豊かにするための種まきをしてくれているんだわ、

なんて思ったりして。

飛躍しすぎ? 案外そうでもないかも!

嫌な人でも、出会ってよかったんだな、きっと。

 

先日、愚痴を知り合いにぶちまけた後

そういう結論に達して、妙にすっきりしました♪

 

2011年10月27日 (木)

マイカフェ

マイカフェ
Pや自治会その他で
午前は文書作成やメールのやり取りに追われました

久しぶりにマイカフェで飲むコーヒーの美味しいこと!

いやされます……

2011年10月23日 (日)

買い物中の悲劇(ToT)

買い物に行って米5キロを2袋買いました。

……カートに入れようと持ち上げたときにグキ!とあの嫌な感覚。

また腰が、かなりアブナイshock

そろりそろりと車に乗って無事帰宅して、即コルセット装着。

今も座ったり立ったりがゆっくりしかできず、

バクダンを抱えてる心境です……

 

ほんとは、スーパーの中のケーキ屋さんでおいしいスイーツを

おやつに買って帰ろうと思ったんだけど、

そんなことできる余裕もなく、仕方なく帰ってきました。

 

 

で、暇を持て余してる子どもたち。

おいしいおやつを買ってきて~と、その店へおつかいに行ってもらいました。

目指すは「ぽにょぽにょぽんにょ」という

ちょっともっちりした、シュークリームみたいなの。

もうすぐ帰ってくると思います。

うふふ、腰痛いけど楽しみだわ~♪

ムギューの思いがけない効果

昨日も、兄妹でWiiの野球ゲームをしていました。

私は別室にでパソコンを触っていて二人のやりとりが聞こえてきたのですが、

またもや妹が大差で負けている様子。

前回は妹が80点差(!)くらいで負けているのに腹を立て、

いきなりプチンと画面の電源を切ってしまい、

兄が抗議をして私も雷を落としました。

今日もそうなるか?と耳をダンボにしていたのですが……

 

この日は、娘は大号泣の一歩手前でなんとか我慢できたみたい。

息子も、「負けてるからってウダウダ言うな!」のようなことは

あまり言わなかったようです。

結局、そのまま大差(あとで聞いたら20点差くらい)で妹が負けました。

いつもなら、娘は私のところへ直行して泣きつくのですが、

この日はなんとすぐに2階へ行ってしまいました。無言で。

 

代わりに息子が「ムギューして」とやってきました。

(デカい6年生ですが、いまだに甘えてきますcoldsweats01

兄妹喧嘩にはならなかったけど

あまり気持ちのいい終わり方じゃなかったので

私はあまりムギューする気分じゃない……かといって

ダメとも言えず、「はいはい、しゃーないなあ」って感じでムギュー。

しばらくしたら息子は気が済んだようで、二階へ行きました。

 

驚いたのはこの後です。

20分くらいして息子が下りてきて、

「今、○○を慰めてきた。

ゲームしてたとき、泣きかけてたから」

 

 

えーーっ!!

慰めてきたってsign02

2階に行ったのは、そのためだったの!

すごーーい、いつもはゲームが原因で大喧嘩になるのに!

 

 

 

……と、心底ビックリすると同時に、とてもうれしくなりました。

そうかぁ、そんな優しいことしてたんだぁhappy02

娘の大好きなチワワの人形を使って慰めてきたのだそう。

おかげで娘も機嫌が直り、リビングに戻って

何もなかったかのように、兄とTVを見始めました。

 

 

息子は、私にムギューしてもらったから、

そういう気持ちになれたのかな~happy01

だってあのとき「ムギューはだめ」と拒んでいたら

きっと息子は、妹を慰めてあげようなんて

優しい気持ちにはならなかっただろうから。

(と、どこまでも自分に都合よく解釈する私bleah

うひょnote

 

 

2011年10月21日 (金)

ふっそとふ は難しい!?【写真】

夕べ娘(小3)が

「明日は学校でフットソフがあるから、

歯ブラシを忘れないようにメモを書いておこう!」

と言いました。

「フットソフじゃなくて、”フッ素塗布”だよ」

「ふっそとふ? そうか、反対だね! ふっそとふ、ふっそとふ……」

 

 

 

後で私がお風呂に入ろうと洗面所に行くと、

そのメモが置いてありました。

 

 

 

 

Photo


だから、「フッソ トフ」だってばcoldsweats01

 

2011年10月20日 (木)

ブログ開設、6周年

今日で、ブログを開設して丸6年がたちました。

すごーーい、よくこんなに続いたよな~。

 

翻訳書が出たときの宣伝ツールにするつもりで始めたのだけど、

どんどんはまってしまって、

宣伝ツールどころかもう生活の一部になってしまいました。

 

ブログのおかげでいろんなところにアンテナを張り、

自分の気持ちや考えを振り返ったりまとめたりするようになりました。

今になって、そういう時間って意外と大事なんだなと思います。

ブログに書くことで、ある程度気持ちや考えがはっきりして、

嫌なことがあっても早めに立ち直ったり、前向きになれたりするみたい。

今のところ、それが対人関係に良いように影響している気がします。

(特に昨年、今年はPTAにふかーくかかわってるので、

ブログの恩恵をつよーーく感じていますsmile

 

これからも好きな時に好きなことを書いていこうと思います。

7年目のブログライフはどんな風になるのでしょうか……shine

 

夜になって「絵の具がない」なんて言うな!

夕べ8時半ころになって息子がボソッと言いました。

「あのさ、絵の具がもう使えないんだ~」

そういえば朝、絵の具セットを持っていくのを見て、

私は、まあ久しぶりに絵の具使うのねと思ったのでした。

この日、図工が2時間あって「模写」に取り組んだのだけれど

絵の具が固まってしまっていてほぼ全色が使えず、

パレットも汚れが取れずにほとんど使えなかった……とのことでした。

 

あ~の~な~

そんなの前に点検しとけよ!

パレットもちゃんと洗っとけよ!

……と、言いそうになったけれど、パレットは

「残ったら次に使えるからそのままにしておきなさい」と指導されたらしく

結果的にそのまま長いこと放置、となったらしいcoldsweats01

 

で、困ったことに明日も二時間、図工があるとのこと。

だから、冒頭の言葉がぼそっと出てきたのだけど。

 

 

なんで今頃になって、言う!?

もう夜の8時半でっせ。

晩御飯はすんであとはお風呂入って寝なさいっていう、

そして私もやっとほっとできるっていう、

「夜のホッとタイム」モードに入りかかっているタイミングじゃんか!

そーゆーときに、絵の具がない、でも明日授業があるって……

買いに行ってほしいっての、ミエミエ。

 

だからといって、「しょうがないわねぇ」なんて言いながら

すぐに買い物に出るほど私は甘くありませんよぅ。

 

事前に点検をしなくて私に言い忘れてた息子には、

その結果をちゃんと経験してもらわないと困ります。

学校の用意は自分の責任。

買う必要のあるものは、ノートであれ絵の具であれ

余裕をもって事前に言っておくのが当然です。

 

「なんで今頃になって言うの~angry

もっと早く言わないとダメでしょう! どーすんの? 

明日図工あるんなら、自分でどうしたらいいか考えなさい」

というと、息子は

「どうしたらいいかなんてわかんないよ~……」と

言いながら半ばあきらめ状態でゴロゴロしていました。

 

自分でどうしようもできないから観念して

私に買ってきてほしいと頼むかな、と思ってそう言ったのですが

息子は、そんなこととても口には出せなかったみたい。

「それなら妹に借りる」なんてことは、思いつきもしなかったようだし。

 

じりじりと息子の反応を待ってるうちに9時になってしまいます。

近くのスーパーは10時ころまで開いているけど、

どうせ行くなら早く行ってしまいたい。

なのでしばらくたって誘導尋問開始。

「明日図工なのに絵の具がなくて困ってるんでしょ?」

「自分でどうにもできないんでしょ?」

「だったら今、お母さんの助けが必要なんじゃないの?」

「それならちゃんとそれを言いなさい」

「人に何かを頼むときは、ゴロゴロしないでちゃんと座って」

 

そして息子が押し殺した声で「……絵の具を買ってください」

「買ってください、じゃなくて買ってきてください、でしょ? 明日必要なんだから」

「買ってきてください……」

「わかった、じゃあ今から行ってくるから、お風呂入って寝る準備しときなさい」

 

なんか意地悪な母……かもしれないけど、

こういう失敗は子どもも自分の責任を学ぶチャンスですよね。

ほんとなら「自分で買いに行ってきなさい」と言いたいところだけど

夜だし、そういうわけにはいきません。

せめて「言いにくいけど、ちゃんと丁寧に頼む」

ことくらいはしてもらわないとね。

 

……なんて、私が小学生だったころを棚に上げています。

私も「~がない!」「明日体操服がいるのに洗濯に出し忘れてた!」

なんてことがしょっちゅうでした……

 

 

 

 

 

2011年10月18日 (火)

数人のケンカが、学級会に(小6)。

小学校の高学年にもなると、子どもの些細なケンカが大きくなって

学級会に持ち込まれ、クラス全体で考えることになって

授業がつぶれちゃった……ってこと、ありますよね。

息子(小6)がそんな話をしたとき、自分の4年のときの経験を思い出し、

あぁ青春だなぁshineとひとり、ほろ苦い感動に浸っておりました。

 

いやそれはさておき、最近、そういう

数人のケンカ→クラスで話し合う というパターンが増えました。

この前は修学旅行直前になって、いったん決まった部屋割りでもめました。

そうして昨日は、「全員遊び」の時間に数人でケンカが始まり、

その話し合いのために5時間目の授業はなくなったそうです。

で、息子は「全員遊び係」のリーダーだったので、

先生に指名されて話し合いの司会を務めることに。

 

本人はとても緊張して、みんなからは演壇で見えなかったけど

足ががくがく震えたと言っていました。

そりゃそうでしょうね。

大人でも、そんな重い雰囲気の話し合いの司会を

いきなりふられたら緊張します。

 

実はそこまで息子が私に話してくれて、私がドキドキしました。

だってこういうときって、親の普段の接し方が出そうな気がして。

うちでも兄妹喧嘩があって私に余裕があるときは

「話し合い」の場を設けますが、本当にときどき、です。

たいていは私が知らん顔したり一喝したりして終わらせてしまいます(猛省)。

なので息子がどのように司会をしたのかとても興味がありました。

 

あまり詳しくは教えてくれなかったのですが、

みんなの気持ちを聞いていった、とのこと。

そして自分の気持ちも言ったら、

先生に「司会は気持ちは言わなくていいんだよ」と

教えてもらったと。

うん確かに。

 

でも後で帰るときに、先生から司会ぶりをすごく褒められたそうです。

息子はクールを装って普通に「ほめられた」と言いましたが、

めちゃくちゃ嬉しかったみたいですhappy01

それを聞いて、私はいっそう息子の司会の様子を知りたくなりました。

私もその場にいたかったわ~。

 

でも、肝心の話し合いはその日のうちにまとまらず、

今日の1時間目にまた続きをすることになっているそうです。

今頃は話し合いの真っ最中だろうか……。

うまく仲直りできればいいのだけどね。

これも青春だなぁshine

 

 

ちなみに、私が小4の時のもめごとは、原因はわかりませんが

こんなふうに記憶しています。

男の子が二人、大喧嘩をして「出ていけ!」「出ていったるわ!」となり、

本当に帰りそうになったところをほかの子や先生が止めに入り……。

そして当事者の一人が泣いて(なぜか自ら)ロッカーに閉じこもり、

もう片方が荷物を全部まとめて廊下に出ているところを、

先生に説得されている……。

クラスのみんなは、隣の音楽室で待機、

女子たちは「○○くんたちが可哀想」と言って泣き始め……と

まぁ、かなり強烈な経験でした(^^;)

その男の子たちの名前は今でもはっきりと覚えてます。

腕白な彼らも、今はもうかなりのオジサンになっているのだろうな~。

 

さて、今日は息子はどんな話をしてくれるのでしょうか……。

 

2011年10月17日 (月)

今日は”マイカフェ”で reading

ウッドデッキに出したピクニックテーブルでリーディング。

道から見えないように、左側は「たてす」で目隠ししてます。

ちょっと曇ってますが体感的にはちょうどいいです。

午前中だと蚊も来ないしhappy01

Reading


別にNY大好きってわけじゃないけど

冷めにくいマグが外では活躍してますgood

2011年10月15日 (土)

たまったチャレンジ6年生、どうしようかねぇ。

6年生の息子は、塾に通わずチャレンジ6年生をやっています。

ここ2年ほどはぐんと要領がよくなったのか、

友達と遊ぶ時間を確保しつつ、ちょちょっとやって「終わった!」と言って

TVやWiiもちゃっかりやっています。

英語に関しては私がしっかり見ていますが

チャレンジの勉強については本人に任せっぱなし。

 

で、今日ちょっと点検してみました。

いっしょに息子の部屋に行き、今やっている教材を全部見せて、と言いました。

机の上に並べたら……sweat02

 

今やってる教材:メインテキスト9月号。作文チャレンジ6・7月号

手つかずの教材:サブテキスト6,8,9月号、10月号はメイン・サブとも未開封。

           作文チャレンジ8・9月号、10・11月号。

 

やっぱり……かなり残ってるじゃないですかgawk

「カレンダー持っておいで」と私。

「この教材全部、いつまでに終わらせる? 

その目標日に向かって、何日にどれをどのくらいやるのか

考えてカレンダーに書き込んで」

「習い事とか、友達と遊ぶ時間もちゃんと考えて計画するんだよ」

 

 

と、口をはさみながら、息子があれこれ考えながら

カレンダーに書き込むのを見ていました。

そうしてなんと2週間でやりきるという計画を立ててしまいました。

作文チャレンジの最新号は11月にかかってもOKにしましたが、

ほんとに2週間でできるのか??

 

でも本人は、自分で作った計画なので「やれる」気でいるみたいです。

「お母さんね、アンタみたいに計画立ててやりきるのって

苦手だから、○○(息子)は頑張ってやり切ってお母さんにお手本を見せてね。

そうしたらお母さんもがんばらなきゃって思うし♪」

と、手本は親が見せるもんだろと思いつつ、発破をかけておきました。

 

そのあと、息子が

「お母さん、怒らなかったね。

あんなに残ってるから怒られると思った」と言いました。

 

「怒られたかった? 怒ってもしょうがないでしょ。

あれをどうやってやるかを考えるほうが大事だからねwink」 と私。

すごい~♪ まるで子育て本に出てきそうなセリフ!?

 

実は、今朝息子が早々と英語をすませてTVを見ているのを見て、

「早くすませるのはいいけどチャレンジがいっぱい残ってるんだろうが! 

もっと焦って片付けろよ! 塾に行ってる子はもっと勉強してるのに!」

と、(口には出さなかったけれど)ムカムカ来たんですよね。

 

たぶん、このときにすぐに残っている教材を並べて……なんてやったら

ドッカン爆発していたと思います。

だけど幸い(?)自治会の会議があって1時間ほど出かけたので、

そのときのイライラは収まりました。

帰ってきてから↑のように話をして計画を立てたので

穏やかに接せられたのだと思います。

 

 

 

さて、これからが正念場。

本当に計画を実行できるかな?

がんばれ息子!

 

 

 

 

2011年10月13日 (木)

手をふりほどいた理由 (小3)

昨夜、用事があって娘(小3)と出かけ、手をつないで歩いていたら

向こうから幼稚園くらいの女の子とお母さんが

手をつないで歩いてきました。

すると娘が私の手をほどき、前から来る二人とすれ違いました。

「あんなに小さい子の前で、

お母さんと手をつないでるのは恥ずかしい」 と娘。

 

あら~、もうそんな風に言うようになったのね……。

なんだか寂しい気もしますが、成長を感じました。

でも、二人が通り過ぎた後は、

娘からまた手をつないできましたよwink

2011年10月10日 (月)

ドキドキするけど楽しい、家の外でPC。

「カフェにPCを持ち込んで仕事」に憧れて

ひと月ほど前、夫に手伝ってもらってモバイルPCを買い、

ネット契約をして環境を整えたワタシ。

 

が、いざPCを持ち込もうとするときはなんだかドキドキです。

この辺りはビジネス街と違って、主婦と子供が多い住宅街。

場所を選ばないと、知ってる人に会ってしまう可能性大です。

実は数日前、近くのモールのフードコートの窓際に座って

(PCは出さずに)洋書を読んでいたら、

「まままりもさん? やっぱり!」と

ママ友に声をかけられてちょい焦ったcoldsweats01

 

でもせっかくモバイル買ったのに、思う存分使えないのも悔しいので、

先日は同じフードコートの窓際のカウンター席に座りました。

ここだと後ろ向きになるから気づかれにくいかな。

そうして周りをちょっと気にしながらPCをあけ、作業開始。

このときは、メルマガ発行のための原稿作りをしました。

家でPC触っていると、あんなにブログの誘惑が強いのに、

外でPCすると、さすがにそういうサイトはなんか恥ずかしくて見られない。

なんか「あの主婦、こんなところにPCを持ち込んでまで

ネットサーフィンしてる!」と思われそうでsweat01

 

いや実際、見ている画面にかかわらずそう思われてるかもしれないけど

「仕事」なら「仕事だも~ん♪」と思えるもんね

(メルマガ発行も仕事のうちsmile)。

 

でもやっぱり、PCで作業するときは

もう少し遠くのカフェに行くことにしようsweat01

 

こんな記事書いてると、人に会って困るならなんで

PCを持ち歩いてわざわざ外で仕事するのか?と

あらためて思う……のですが、

やっぱり外だと集中力が全然違うんですよね。

家の中でも、せっぱつまったらすごく進むけど、

そうでないときはなかなか難しいです。

適度に変化を入れないとね。

だから、とりあえず外に出てみています。

今のところ、ドキドキしながらも楽しくやってます♪

 

 

そうそう、メルマガは無事発行でき、同じ内容の

洋書情報ブログの更新もしました。

今回取り上げたのは『心の知能指数を上げる方法』です。

 

 

2011年10月 8日 (土)

”マイカフェ” コーナーできました♪

モバイルPCを買ってネットもできるようにしてからというもの、

カフェに「仕事」に出かけるのが楽しくて仕方ないワタシhappy01

でも気軽にPCを使えるカフェって、このあたりだと

スタバとかドトールとかで、大型ショッピングモールの中にあるのです。

そうなると駐車料金が、かかっちゃう。

2000円以上買えば3時間無料、とかになるけど

行くたびにそんなに買えないし(つまり、それほどしょっちゅう行きたいんだよね^^;)

駐車料金だけを払うのもなんか嫌だしな~。

 

そういう事情もあって、ちょっとひらめいた。

うち、せっかくウッドデッキがあるのに十分使ってない。

運動会用にピクニックテーブルも買ったけど、これも使ってない。

もったいなーい!ということで、ウッドデッキに

テーブルをひろげることにしました。

たてすも片付けずに、少し広めに設置し直して、

テーブルのスペースを確保。

1時間くらいあーだこーだやって、こんな風になりました♪

Wooden_deck

さっそく子どもたちが宿題をやっています。

 

私もここで本読んだりPC作業したりしようっと♪

カフェとは全然違うけど、こういうのも

また雰囲気が変わってイイかもhappy01

 

2011年10月 7日 (金)

翻訳のための本選び…かくかくシカジカ

引き続き、翻訳企画を作るために読書中です。

前の記事に書いた本は、

ざーっと全体の章や小見出しをチェックし、最初の数章を読んでみたけれど、

やっぱり好きになれずやめました。

切り口が独特で内容も面白いとは思うけど、

なんか独りよがりで自分のことばかりって感じ。

もっとコンパクトに客観的にしてくれたたらよかったのにな~

(と、あえて書名を出さずにエラそうに好きなことを言いまくる私smile

 

実は読み始めた本を途中でやめるのって、勇気がいるんですよね。

だってせっかく買って、時間と労力を費やしてここまで読んだのに、

それを無駄にするなんて、もったいない!と思ってしまいます。

読むのが洋書だからなおさらです。

以前、なんとなく内容にあやふや感があって、バシッと「この本は絶対に翻訳したい!!

絶対に役に立つ!!」という自信がないまま

ずるずると企画作成を進めて出版社に持ち込んだことがあります。

結果、ものの見事にダメでした。

やっぱりどっかで「?」と思うところがあったり、

「なんとなく」感が残っていたりするとそれが企画書に現れるんでしょうね。

親切な出版社は、こういう理由でダメです、と教えてくださり、

その鋭い指摘に自分の詰めの甘さをひしひしと感じました。

 

まあそういう経験があったので、

今回は、ちょっともったいないな~と思いつつも

早い段階であきらめました。

 

で、その次に読み始めた本ですが、こちらは今のところ

すごい気に入りそうな予感。

読んでいて、納得したり共感したりするのはもちろん、

なんかほっとします。

上述のあきらめた本は、「ほっとする」のは程遠く、

自分の中にとげとげした感覚がありました。

やっぱり翻訳するなら素直に読める本じゃないとなぁ、と

あらためて思いました。

本探しに妥協は禁物!なのかも。

うぅぅ、翻訳どころか本を探す段階で、

自分で自分の首を絞めてる気がする……sweat02

 

ちなみに先日、出版社に送った翻訳原稿の原書は、

私がいちばん、いっちばーーん大好きな著者の本です。

もう絶対に、私のバイブル!と思う同著者の本はこれとは別で、

残念ながら(?)邦訳が出ていて、私が翻訳することは叶わないのですが、

それ以前に出版された本を、今回訳させていただいています。

もう、その著者の本の翻訳に携われたなんて、本当に幸せheart01

しばらくたったら手入れ済み原稿が来る予定です。

どうなるか楽しみだわhappy01

 

 

 

2011年10月 6日 (木)

体験レッスンで大掃除(^^;)

今日は年長クラスの英語レッスン。

体験レッスンで一人女の子が入る予定。

当然お母さんにも見ていただく……ので、

朝から、玄関から英語部屋までの動線と

リビング、トイレの大掃除!

このごろPTAで忙しくて来客がなく、

ふだんの掃除はめっちゃテキトーだったのでかなり大仕事だったcoldsweats01

あと15分くらいで始まります。

なんか落ち着かないな~……

2011年10月 5日 (水)

息子よ、お帰り (ToT)

昨日の早朝、修学旅行に行った息子が今日の夕方

無事に帰ってきました♪

とっても楽しかったみたいでよかったわ。

心配していた「早寝」も、なんと今回は2時まで起きていた!と。

消灯時間は10:30だったけど、みんなとワイワイやってたのは

まぁ11時半とかそこらだったらしく、

そのあと息子は暑くて眠れなかったんだって。

なんだ、眠れなくて2時かcoldsweats01

 

息子がいないのはたった一晩でしたが、

家は私と娘の二人だけ。

「なんかさびしいね~」ってことで、

夕飯は近くのお好み焼き屋さんに食べに行き、

お風呂は久しぶりに一緒に入り、

寝るのも久しぶりに同じ部屋に布団を並べました。

ふだんは兄妹喧嘩でうんざりするのだけど、

やっぱりいないと、なんだかねぇ……

 

 

娘といっしょに学校に迎えに行くときは

雨降りなのになんだか二人して足取りが軽い~♪

そして感動の対面~(心の中で)!

息子は顔色一つ変えず(むしろ寝不足で疲れた顔してた)

ただいまと戻ってきました。

もっとあからさまに喜んでくれたらいいのに~……

ま、そんなのは無理な年頃ねcoldsweats01

 

お土産に、私にはきれいなブレスレットを買ってきてくれましたshine

娘には水族館でキーホルダーを買う予定だったのだけど

買うタイミングを逃し、ごめんと言いながら、

絶品と噂のもみじまんじゅうを買ってきてくれました。

 

明日は通常通り、6時間授業。

ぐっすり寝ろよ~。

 

 

2011年10月 4日 (火)

翻訳企画作成に向けて、読書開始♪

今日2つめの記事ですhappy01

先月末に翻訳原稿を編集者の方に送信してから

次の企画作成に向けて本読みを始めています。

買いためていた数冊の中から一冊をピックアップ。

米国アマゾンでは長い間よく売れていて読者レビューも100以上あって

高評価を得ている、期待度MAXの一冊。

 

買った時から読みたいと思っていたけれどちょうど

子どもを上手に叱っていますか?―しあわせな親子関係を作るコツ教えます

の作業中で、ほかの本に手を出す余裕がありませんでした。

満を持しての読書開始!

 

今回は、効率よく内容を把握できるように

マーカーでマーキングをしながら読み進めました。

時には場所を変え、カフェで読書♪

(読書段階ではPCは特に必要ないのだけど、例によって持ち込むsmile

 

……

 

……むむ。

 

いまいち内容がつかみにくいな。

マインドマップにキーワードを書いてみたら

まぁ分かるような、分からないような。

私の読解力が足らないからかもしれないし、

もしそうならもっと丁寧に調べながら読み込めば

もっと理解は深まるはず。

なのでそれはあまり心配しないのだけれど、

 

私……この著者、あまり好きじゃないsweat02

 

 

子育ての本なのに、あまり優しさとか思いやりを感じられない。

これだけ本も名前も売れてる専門家なのに、

素直に従いたいと思うアドバイスがあまりない。

それどころか、そんな風に接していいの?とツッコミたくなるところもあります。

きっと生のセミナーとかで話を聞いたらそうは思わないかもしれないけど、

本を読んだ限りでは、ダメだbearing

実はアマゾンの数少ない辛口のレビューを見たら、似たような感想が出てました。

 

そういうわけで、2年半も本棚に眠っていてやっと日の目を見たのに、

わずか数日の読書(しかも前半と後半パラパラ)で

企画化の可能性はなくなりました。

 

ちぇっ、これでまたイチからやり直しだーー。

 

で、実は最近買った一冊があって、

今朝からそれを読み始めました。

が、それは↑と同じ著者。

上の本が気に入らないので本当はこの本もあまり気が進まないのですが、

まあ、切り口が全然違うし、企画検討するための本が

今はそれしか手元にないからという理由で読書開始です。

でももしかしたらこれも気に入らないかもしれないので、

また三冊、注文しました。

 

企画化への道のりはまだ遠そうだわ~……ふぅ。

 

 

修学旅行、母のアタフタ

今日明日と、息子は修学旅行です。

今朝私は5時半起きでお弁当を作りました。眠い……sleepy

 

なんとか無事に行ってくれてヤレヤレです。

初めての修学旅行とあって、分からないことだらけ。

 

今の修学旅行カバンってどんなの?

パジャマでもジャージでもいいってあるけど、みんなどうするの?

手荷物用のナップザックってどれくらいの大きさ? 家庭科で作った巾着でもいいのか?

季節的にTシャツは長袖OR半袖? 

長ズボンは持たせる? 短めズボンでも大丈夫?

上着はどんなの? 起毛? それともウィンドブレーカー?

 

などなど。

「バッグも寝間着も、家にあるもんでいいやん!」 と思いつつ、

持ち物で友達にからかわれたら……と思うと、何かと気になります。

で結局、旅行鞄は大きな黒いスポーツバッグ、

寝間着は150センチのパジャマを買いました。

息子に見せると、

「バッグ、もしかしたら僕が一番大きいかも……」と苦笑し、

「寝間着はね、ジャージのほうがいいんだけど……」と。

5年のときにいった一泊の野外活動では、ほとんどがジャージで、

パジャマの子は二人くらいだったと(うちひとりが息子ね^^;)。

まーね、最初に確認しなかった私が悪いんだけど、

でもそれほどジャージ派が多いのならジャージにしてやるか……。

 

そういうわけで、私が数年前、フィットネスに行くつもりで買って

数回しかはかなかったジャージをあげました。

でも息子がはくと、どうもかっこよくない……

ジャージひとつでナヨッとした印象になってしまう。

いじめの原因になっては困る!と思い、旅行前日の昨日、

男児用のジャージを買ってきました。

 

おうそうだ、

旅行二日前の昨日、登校前になって「名札がない!」と大騒ぎ。

探す時間もなかったので、仕方なく息子に名札代を渡し、

念のため新しいのを一つ買っておくように言いました。

帰ってからもう一度探させるけれど、もし見つからなかったら

修学旅行は名札なしで行かなきゃいけないことになる……

それはさすがにまずいだろう、と思って。

 

そして昨日、帰宅してすぐ探し回りました。

なかなか見つからず、修学旅行前日というのに暗い顔の息子。

でもやっと、上着のポケットに入っているのを発見し、

急に重荷が取れたようにおしゃべりになり、

娘にもちょっかいを出し始めましたcoldsweats01

やれやれ、人騒がせな……。

 

 

そうだ、うちの子はどうも友達より早く眠くなってしまうようで、

去年の野外活動では、せっかくみんな夜におしゃべりで大いに盛り上がったのに

うちの子だけ10時には眠ってしまったそうです。

寝間着姿でコイバナとかいちばん盛り上がるときに寝ちゃうなんて

もったいない!ってことで、今回の旅行の1週間くらい前から

10時半まで起きておく練習をしてきました。

(普段は9時~9時半に布団に入るのです)

10時半でも、修学旅行では寝るのは早い気がしますが

練習の甲斐あって今夜は夜更かしできるかな?

 

一生に一度の小学校の修学旅行、

めいっぱい楽しんできますように。

(そして母の影の苦労が報われますようにbleah

 

 

 

 

2011年10月 2日 (日)

秋です。芋ほり、いやトンネルほり?

裏庭でお芋ほり♪

おじいちゃんが育ててくれました。

が、去年に比べて収穫量はちょっと少なめ。

Photo


  

小6の息子はいつの間にかトンネル堀りに夢中coldsweats01

Photo_2


   

終わって家に入るなり

「トンネル開通したけど最終的につぶれた!」

「今日はお芋ほりよりトンネル掘りの日だった」

と、トンネル堀りを楽しんだようでした。

(こんな子が反抗期だなんて、やっぱり思えないcoldsweats01……こちら参照)

2011年10月 1日 (土)

怒らず冷静に「三日間Wiiは禁止」

暇な土曜日、兄妹でWiiの野球ゲームをしていました。

いつものことですが、圧倒的に兄が有利で、妹は大差で負けている感じ。

洗い物していると、画面の効果音が聞こえてくるのですが、

カキーン!とホームランを打つ音、

それに沸き立つ観衆の声、

実況アナウンサーの興奮した叫び……「9点の差で云々!」

 

そして娘を見ると……うなだれて、今にも泣きそうな顔。

 

あーあ、娘が泣き出すのも、

息子が「ゲームに負けたからって泣くなよ!」とイラつくのも

時間の問題だなあ……と思っていると、

突然プチンと画面が消えました。

一瞬、シーン……

 

「あれ?? ……○○(妹)、お前わざと消したやろ!」

「……わざとじゃないもん、消えたんだもん」

「うそや、絶対わざとや……!」

文句を言いつつまた電源をONにする息子。

 

これは、ぜったい娘の仕業。

分かり切っているのに、息子は、私が見ているせいか

かなり怒りを抑えているのが分かります。  

これではいくらなんでも息子がかわいそうだし

娘もやりすぎ。

負けてるからっていきなり画面を消すって……かなり強硬だよなcoldsweats01

なので娘に、きつめの口調で言いました。

「○○、そのゲームが終わったら三日間、Wiiは禁止。いいね!」

 

娘はすでに観念していて「……はい」と。

「おかーさん、僕は?」

「あんたは別にいいよ」

それを聞いて娘はますます面白くない。

でも仕方ないね。

そういうズルイことをすると、こういうことになるんだよ~。

 

本当は、娘に対して、

何やってんの! そんなズルイことしたらあかん!

負けてるからって突然消すなんて、自分が同じことされたらどう思う?

一緒に遊ぶって決めたんなら、ちゃんと最後まで遊びなさい!

……などいろいろ言いたかったのですが、

 

「三日間Wiiは禁止」

 

この一言でガツンと来たことでしょう。

自分のやったことがまずかったってことも十分わかってるはず。

だから、↑のことは言わなくていいんだし、

言ったら、また余計な怒りのタネをまいていたと思います。

ちょっとうまく対応できたかな~♪と自画自賛。えへへ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ