« 体験レッスンで大掃除(^^;) | トップページ | ”マイカフェ” コーナーできました♪ »

2011年10月 7日 (金)

翻訳のための本選び…かくかくシカジカ

引き続き、翻訳企画を作るために読書中です。

前の記事に書いた本は、

ざーっと全体の章や小見出しをチェックし、最初の数章を読んでみたけれど、

やっぱり好きになれずやめました。

切り口が独特で内容も面白いとは思うけど、

なんか独りよがりで自分のことばかりって感じ。

もっとコンパクトに客観的にしてくれたたらよかったのにな~

(と、あえて書名を出さずにエラそうに好きなことを言いまくる私smile

 

実は読み始めた本を途中でやめるのって、勇気がいるんですよね。

だってせっかく買って、時間と労力を費やしてここまで読んだのに、

それを無駄にするなんて、もったいない!と思ってしまいます。

読むのが洋書だからなおさらです。

以前、なんとなく内容にあやふや感があって、バシッと「この本は絶対に翻訳したい!!

絶対に役に立つ!!」という自信がないまま

ずるずると企画作成を進めて出版社に持ち込んだことがあります。

結果、ものの見事にダメでした。

やっぱりどっかで「?」と思うところがあったり、

「なんとなく」感が残っていたりするとそれが企画書に現れるんでしょうね。

親切な出版社は、こういう理由でダメです、と教えてくださり、

その鋭い指摘に自分の詰めの甘さをひしひしと感じました。

 

まあそういう経験があったので、

今回は、ちょっともったいないな~と思いつつも

早い段階であきらめました。

 

で、その次に読み始めた本ですが、こちらは今のところ

すごい気に入りそうな予感。

読んでいて、納得したり共感したりするのはもちろん、

なんかほっとします。

上述のあきらめた本は、「ほっとする」のは程遠く、

自分の中にとげとげした感覚がありました。

やっぱり翻訳するなら素直に読める本じゃないとなぁ、と

あらためて思いました。

本探しに妥協は禁物!なのかも。

うぅぅ、翻訳どころか本を探す段階で、

自分で自分の首を絞めてる気がする……sweat02

 

ちなみに先日、出版社に送った翻訳原稿の原書は、

私がいちばん、いっちばーーん大好きな著者の本です。

もう絶対に、私のバイブル!と思う同著者の本はこれとは別で、

残念ながら(?)邦訳が出ていて、私が翻訳することは叶わないのですが、

それ以前に出版された本を、今回訳させていただいています。

もう、その著者の本の翻訳に携われたなんて、本当に幸せheart01

しばらくたったら手入れ済み原稿が来る予定です。

どうなるか楽しみだわhappy01

 

 

 

« 体験レッスンで大掃除(^^;) | トップページ | ”マイカフェ” コーナーできました♪ »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
翻訳のための本選び、とても興味深い内容でした。
これからも、頑張ってください!

ありがとうございます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体験レッスンで大掃除(^^;) | トップページ | ”マイカフェ” コーナーできました♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ