« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

誕生日だけど「なんかさびしい」(中1息子)

昨日は息子の13歳の誕生日でした。

そろそろ、大々的にお祝いするのは恥ずかしがるかな~と思ったのと、

パパが今年初めて誕生日前後に帰省できていないのとで

フツーの平日として始まった誕生日の朝……

 

でもプレゼントにおばあちゃんに買ってもらった運動靴は

当日から履いてもOKで、さっそく学校に履いて行ったし、

帰ってきてからは、(パパに買ってもらって

誕生日まではお預けだった)ゲームの攻略本も

解禁となり、待ってましたとばかりに読み始めました。

 

そして、その日のディナーはリクエストによりハンバーグ。

せっせと作っているときに、息子がふらりとキッチンにやってきて

「なんか今年の誕生日はさびしいなぁ」と言いました。

 

え、さびしい?

 

ドキッとしますよね、こんなこと言われたら。

なんで?お父さんがいないから?と言うと、

「それもあるけど、なんかこう、タイミングが違う」

 

タイミングって……

そういえばプレゼント開けるときはいつも

ディナーの直前だったし、写真撮って結構にぎやかだったよねえ。

(ちなみにパパは単身赴任中で、2週間ほど前に帰省した時に

息子と私の誕生日と父の日をひっくるめて

お祝い・前祝をしたのでした)

 

ゲーム攻略本は、早く読みたがってたから

学校から帰宅後すぐにあげたけど

それが裏目に出たかな……

「特別感」がなかったかな。

そういえば、ケーキも前祝で食べたから

今日はケーキじゃなくて、簡単なゼリーしかない……

(これでも気を使って買ってきたんだけどsweat01

 

 

そこでパッとひらめいてflair

ハンバーグに少し演出をすることにしました。

息子に気づかれないように、さりげなくPC部屋に戻り、

「ハッピーバースデー」の旗を作りました

(あんまり大したひらめきでもないかsweat02)。

お子様ランチについてくるアレのでっかい版ね。

 

 

 

Photo


 

息子は「ふふっ……」とわずかに笑っていました。

ちっとは「特別」を感じてもらえただろーかsweat01

 

 

 

2012年6月28日 (木)

新しい世界に入る前の、ドキドキ感

先週の記事にも書いたのですが、

コンデジのフォトセミナーに行ったとき、

フリーランスで仕事されている方のお話を聞いたり

出版関係のネットワークについて教えていただいたりしました。

それ以来、そのネットワークに加入しようかどうしようか迷っていて、

いえ本当は入りたいのですが

イマイチ加入申し込みする勇気がなくてうじうじしておりました。

勇気がないというのは、ワタシなんかには場違いなところじゃないかとか

みなさんバリバリ仕事されている(ように思える)のに

ワタシなんかいったら素人同然で恥かくだけかも……とか

思っていたからです。  

 

でも、やっぱり一人で家でやっていても

なかなか道は広がりませんし、

仕事してて人に会わないってのは、つまらない!

なにより、コンデジセミナーに行って話を聞いただけで

ワクワクした、あの嬉し楽しい感覚。

それが忘れられず、昨日の夜、ついに

ぽちっ……

申し込みボタンを押しちゃいました。

 

そうしたらさっそく加入手続きのメールが来ました。

入金をすませてから正式入会となりますが、

それにともなってガイダンスがあるそうです。

私は書類送付をもってガイダンスとするのかな?と思っていたら

実際に会っていろいろと教えていただけるとのこと。

そのことで電話連絡もいただきました。

うぉ~、ワクワクするよ~。

一つ気になるのは、

そのガイダンスは定期セミナーの後に行われるとのことで、

帰宅時間がかなり遅くなりそうなこと。

なので子どもたちの晩御飯はお弁当を作りおき、

おばあちゃんに夜、様子を見に来てもらえるよう頼みました。

 

ガイダンスでは、ネットワークメンバーの方々と

顔合わせができるそうです。

こないだ作ったヒストリーカード、渡せるかな~。

なんか今からドキドキするわhappy02sweat01

 

2012年6月26日 (火)

友達とちょっと…凹んだ小4娘

4年生の娘が唐突に尋ねました。

「お母さんだったら、自分が出るピアノの発表会と海外旅行が重なったら、

どっちを取る?」

なんでそんなことを?と思いながら

「発表会の日程はあらかじめ分かってるはずだから

その日には旅行を入れないと思うよ」と言いました。

 

でもそうは言うものの、去年は実際に娘の発表会と重なってしまい、

シンガポールへの家族旅行を取りました。

もともとピアノはやめるつもりだったし、息子も中学に入ったら

部活で旅行に行きにくくなるから今のうちに、という理由でした。

 

なので今日、娘と数人の友達の間で「ピアノの発表会と海外旅行の

どっちを取るか」という話になったとき、

娘は海外旅行だと言いました。

するとほかの子たちはこぞって反対したそうです。

ピアノの発表会を休んだらほかの人に迷惑がかかるやん、

旅行のために発表会を休むなんて、ズル休みみたいや、と。

なんかけっこうな勢いで言われたようで、しかも自分に

賛同してくれる子は誰もおらず……

 

私にそう話す娘は今にも泣きそうでした。

「おいで」とムギューしてあげたら涙がハラハラ……。

 

4年生の女の子だもんなぁ。

こういう女子同士のやり取りが難しくなってくる年頃で、

親としては気がかりです。

とりあえずは「そんな言い方されたら嫌だよねえ」と言って

むぎゅーしながら気持ちが落ち着くのを待ちました。

それからお話タイム。

 

「○○(娘)は、発表会を休んで旅行に行ったけど、

楽しかったし、よかったと思ってるんでしょ?

だったらそれでいいんだよ。

お母さんもみんなで行けてすごい楽しかった。

お友達は、違う考えを持っているんだね。

みんなひとりひとり違う人間なんだから、

考えが違うこともあるんだよ。

今度そんな風に言われたら、『違うよ!』とか言うんじゃなくて、

『ふ~ん、そうなんだ~』って聞いといたらいいよ」

 

まあこの日はこの程度のことですんだけど、

これからどんなトラブルがあるやら……

ちょっとしたことでも、ちょっとしたことと

思わないようにしないとダメだわね。

 

 

 

2012年6月24日 (日)

本読んで気分が…↓

例によって洋書を読んでいますが……

今はイジメの章で……

なんか……30年前の自分がよみがえり

胸が詰まります。

いじめっ子がいる学校に

毎日行かなくちゃいけない子にとったら

学校は本当に地獄だろうなぁ……

 

2012年6月23日 (土)

な、中山マコト氏からコメントが!!

夕べ、寝る前にこのブログを見たら

な、なんと、中山マコト氏からコメントが入ってるではないですかcoldsweats02!!

二つ前の記事にも書きましたが、

中山氏はビジネス界ではすごく著名な方で

本もたくさん出版されていて、私は何冊か拝読しているのですが

まさかその著者の方が拙ブログにお越しくださるとは……

半分寝かけてた頭が急に興奮状態になって

しばらく寝付けませんでしたcoldsweats01

 

 

で、コメントをくださった記事は、氏が考案されたヒストリーカードを

私なりに作っているところ、という内容でした(こちら)。

コメントには、できあがったら見せてくださいなと書かれていたので

緊張しつつ(また来ていただけるか分からないけれど)

改めて載せることにしました。

個人情報は念のためカバーしときますsweat01

002_3

2012年6月19日 (火)

フォトセミナーとフリーランスの方々

今日初めて、フォトセミナーに行ってきました!

一眼レフを買ってから、いつかはちゃんとレッスンを受けたいと

思っていたので、朝からワクワク。

といっても、今日のレッスンは一眼レフではなくコンデジがメイン。

でもスキルの基本はコンデジも一眼レフも同じかな~と思って

申し込みました。

 

……それともう一つ、申し込んだ大きな理由。

それは、フリーランスの方が集まりそうなイベントだったから。

実際、編集者さんやライターさんにもおススメ、と書いてありました。

フリーランスで働く人ってどんな感じなのでしょう?

フリーで働くことについてはいろいろネットや本で

調べたりしているのですが、どうにもく敷居が高い気がして

めちゃくちゃ気おくれしています。

だからこそ、一度そういう場所に(緊張するけど)行ってみてたいと

思うようになりました。

それが、写真講座とセットで体験できるかもしれないと

勝手に解釈し、ドキドキしながらも行ってきたというわけです。

 

でね、行ってみたら……

まず、フォトレッスンについては、独学で本やら雑誌やら

読みまくったので知識としては知っていることが多かったのですが、

実際にカメラを触りながらいろんな角度やモードを比較でき、

目からうろこが落ちました。

あぁやっぱりカメラって楽しいなぁ。

 

2時間のセミナーの後は、プチランチ会。

カメラマン、ライター、イラストレーター……

いろんな業種の方がおられます。

写真の話だけでなく、フリーで働いておられる様子を

何人かの方から聞けて、とてもとても

貴重な時間を過ごせました。

それから私が今すごく興味を持っている

出版業界のネットワークについても話を聞けたし、

なんかほんとに新しい世界を体験した感じです。

わくわくします!

 

そうそう、直前の記事で書いたヒストリーカードができたので

5,6人の方にお渡ししました。

名刺とは違って細かく書いてあるので

会話が広がってよかったですhappy01

 

こういう感じのイベント、できるだけ都合をつけて

また参加したいなぁ~shine

 

↓MYヒストリーカード(ハガキ大、表と裏)

Historycard3_2

2012年6月17日 (日)

ヒストリーカードを作りたい。

今、仕事のやり方をもっとよくしようとあれこれ考えています。

前に読んだ中山マコト氏の

うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み 』を再読して、

真剣に「ヒストリーカード」を作っているところ。

ヒストリーカードとは、中山氏の造語で、

大型詳細名刺といったところでしょうか。

(氏は、キャッチフレーズプロデューサー、ネーミングライター、

コンセプトライターで、その業界ではすごく有名な方です)

名前や会社名だけでなく、自分の得意分野とか

自分のやってきた仕事内容とかが小さい字でびっしり

書かれた、自分のチラシのようなもの。

 

在宅翻訳を不定期にやっているワタシには、

そんなビジネスアイテム、あっても配るところもないし、

そういうものはビジネスパーソンが持つもので

ワタシが持つなんて図々しいし、なんか恥ずかしいし……

とか思ってたんですがやっぱり興味津々だし、

私が翻訳してるってことは

宣伝しないよりはしといたほうがいいし……と思い直し、

(てか、その辺をいったり来たりしつつ)

とりあえず作ってみるぞ!ってな感じです。

 

そのために、まずは自分のやってきたことを整理してみました。

本に書いてあるように、自分の棚卸をするのです。

私の「強み」を探すのです……が、これが結構難しいsweat02

翻訳者として自分を売り込みたいのに

翻訳経験となるとあまり自信がないというか……

どういうところを強みにしたらいいのか……

大学院での勉強、1~2年のビジネス翻訳、

翻訳書の出版1冊(2冊目は今頑張り中。

これが果たしてアピール材料になるんだろうかsweat02

 

……自信っていつごろからつくものなんだろう?

 

ためしに、今まで作ったシノプシス(企画書)と

原本を並べてみました。

Sino2

大学院の卒業論文にあたる修了作品を入れると、

全部で7冊の企画書を作成して出版社に送りました。

うち、2冊が版権の関係でダメになり、

別の2冊が採用されました。

残りの3冊は、検討していただいたけれどダメだったか、

検討さえしていただけなかったもの。

まー、こうして並べると少しは気休めになるかな。

ワタシ、亀の歩みながらよく続けてるよ、うん。

 

さて、何をアピール材料にしようかなぁ……

もうしばらく悩みそうです。

 

2012年6月16日 (土)

ねむ~いネムイ眠いZZZZ…

ただいま土曜日の朝6:23……めっちゃ、眠いです。

さきほど野球部の息子が市総体に出かけていきました。

私はお弁当作りのために5時起きですsleepy

まだ眠いのだけど布団に戻るのは

なんだかもったいない気もするので

濃いめのコーヒー入れてブログ更新。

 

出かける前からまともに雨降りなのに、

一応集合しなくちゃいけないんだって。

行った先で中止となれば、学校に戻って練習だそうで。

「中止やったら家に帰らせてくれたらいいのに~……」と

ぼやいていた息子。

だよねぇ~……

でも1年からそんな根性ナシじゃダメだじょ。

 

さてワタシは今から本でも読もうかな。

いつもの洋書じゃなくて、フ・フ・フ……

 

2012年6月15日 (金)

ちょっとはプロフェショナルに見える!?

単身赴任のパパさんが帰省中です。

海外出張のお土産に、こんなバッグを買ってきてくれましたheart04

Img_6028


TUMIのパソコンバッグです。

カフェにPC持ち込んで作業してるから、ということで選んでくれました。

今使ってる普通のファッションバッグよりうーんと使い勝手がよさそうで

すごくうれしいです♪

思わず、わざわざ大阪まで出てみようかな~なんて気にも、

一瞬だけなりました。

我ながらおめでたいヤツだcoldsweats01

 

2012年6月14日 (木)

ここんとこ、朝の親子喧嘩が少なくなりました。

ちょうどひと月前は、ゴミ出し当番や洗濯物の片付け、

そして兄妹喧嘩(チクチクした言い合い)に

心底ウンザリし、特に息子に対してイライラ・ピリピリしていました。

一つ一つは些細なことでも、短時間に些細なことが重なり、

それがほぼ毎日繰り返されるので結構つらかったです。

さらりと流せばいいのに、と頭では分かっているのに。

 

だけど例によって、また子育ての本を読んでいて

ふっと肩の力が抜けたように、さらりと流せるようになりました。

その本には、子どもの反抗心について書いてあって、

端折って言えば、こんな感じ。

 

子どもは相手の要求を拒むことで、自分の意思がどこまで許されるか試している。

たとえて言えば、自分の考えを大事にしたいからその周りをフェンスで囲む。

親がああしろこうしろと言うのは、そのフェンスを壊して

ずかずかと自分の領域に入ってきているみたいな感じ。

だからNO!と言って自分の考えや気持ちを守ろうとする。

 

こうして文章だけを読めば、そんなの分かってるよと思うけど、

実際に、些細なケンカや小競り合いを一つ一つ思い出しては

「あのときああ言ったのは、心の中ではきっとこう思っていて、

それを大事にしたかったからなんだな。

きっと私の反応を見て、この言い方はまずいのだという

データが一つ蓄積されたはずだ。

こういうデータがある程度たまったら、

反抗的な態度はおさまるだろう」

と思えるようになったんです。

 

いったんそういう思考回路ができると、

目の前で息子が妹にちくちく言っていても、いつもより冷静に

距離をおいて見ることができます。

まぁいわゆる反抗期なのでしょうが、

「反抗期なんだから仕方がない、終わるのを待ちましょう」

と頭では分かっていても、毎日直面している私としては、

発想を変えるとかしてみないことには

とてもじゃないけど、笑顔にはなれません。

これはたぶん私の

 

 

2012年6月11日 (月)

英語プレゼンの会、行ってみました!

勢いで申し込んだという英語プレゼン会の体験、

行ってきました!

その名も奈良トーストマスターズクラブ。

HPの写真を見て、

用意されたプレゼンを聞くだけかな~、

だったらちょっとつまんないかも、

なんて思っていら、トンデモナイ、

知的刺激をいっぱい受けた2時間半でした。

 

まず参加者やグループの印象。

やはり私より年齢的に(てか世代的に)上の人が

多数で、ほとんどの方が海外駐在をされていたのかな、と思いました。

そして休憩時間以外はすべて英語で、事務連絡も英語。

たまたまこの日は役員交代の日で、就任式と思しき儀式がありました。

参加者は15人くらいでしたが、小規模ながら

きっちりした組織で、一つ一つの作業(プレゼンにしても就任式にしても)

適度な重みがあっていいな~と思いました。

 

そしてプログラムやプレゼンについて。

用意されたプレゼンを聞くだけかと思っていたら

なんと即興スピーチの時間があり、

担当者が5つのお題を出してその場で指名された人が

前に出てスピーチしました。

制限時間は……2分半いや3分だったかな。

私は体験者だから当てられないだろう~と

タカをくくってたら、最後のお題で当てられちゃったじゃんcoldsweats02

お題は

What is something important you forgot in your life?

「大事なのに忘れてしまったことは何ですか」

 

えーーーと……

前に出て行くまでにとっさに思い浮かんだのは

自宅の英語レッスンで、園児のレッスン日を忘れていたことsweat01

(実はこれについてはブログにも書いていたので

詳しい内容も覚えていました。

ブログ書いててよかったわcoldsweats01

 

で、それから休憩をはさんで5人の方による

プレゼンテーション。

それぞれテキストに書かれている課題や目標

(言葉の言い方やテーマのリサーチ、聞き手を納得させるなど)

があり、それを反映させて発表します。

これはなかなかやりがいがありそうです。

 

資料を見ながらみなさんのスピーチを聞いていると

留学時代を思い出しました。

私はスピーチコミュニケーションを専攻していたので、

そういう目的をもったスピーチ課題がたくさんありました。

帰国後ビジネスカレッジでスピーチのクラスを担当した時も、

似たような内容を入門テキストで易しく教え(そして自分も学び)ました。

 

でもトーストマスターズ(TM)のプレゼンは、

すべて英語の大判のテキストに基づいて行われていて、すごく本格的。

それもそのはず、TMって由緒正しい

国際組織のようで、ウィキペディアにも載っています(こちら)。

YMCAが発端だと知り、その規模の大きさに納得。

ちなみに日本のTMクラブのHPはこちら

私が参加した奈良TMクラブはこちら

 

おっと話が脱線しました。

みなさんのプレゼンが終了したら、次は評価タイム。

ビックリしたのは、5人のプレゼンを評価する人をひとりずつ決め、

この評価タイムのときに、その評価を英語でコメントするのです。

そのときもちゃんと時間制限があります。

プレゼン者が緊張するのはもちろんですが

評価者もきっと緊張しますよね。

(評価者でない、一般参加者は個々に感想を書きますので

やはりこちらもぼーっと聞いていられません^^;)

 

で、評価タイムの後は表彰タイム。

この5人のプレゼンと、最初の5つの即興スピーチの

各部門で特によかった人を一人ずつ、

参加者全員の投票により選ぶのです。

すごい~、そんなことまでするんだ!

まるでプレゼンのMVPだわ。

でもって、なんと私、体験者にもかかわらず

Best Table Topics Award(即興スピーチ賞)をいただきました!

うれしーい♪

Award


最後に、初参加してみての感想をやはり英語で言ったのですが、

つい嬉しくて「入会したいです!」と宣言してしまいました。

……でも、正式に入会するにはあと2回、出席しなきゃいけないんですって。

そして合計3回目から正式に会員となるそうです。

なるほど~、内容が濃いからしっかりと体験で

本当に入会したいかどうか考えてくださいってことかな?

いずれにせよ、月一回のこの集まり、

これからも行ってみたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

2012年6月10日 (日)

娘がバスケ試合でがんばってるよ~(^^;)【写真】

息子の野球、娘のバスケで

日曜の今日も朝からバタバタでした。

息子は市総体へ、娘は練習試合で

私はそれぞれを駅やら体育館やらへ送り迎え。

でもって今日初めて、娘が試合に出るのを見ました。

今月に正式入部したばかりなので

勝利に貢献……なんてのはまだまだですが

ガッツだけは、みなさんにほめていただいてますhappy01

29番が娘……あれボールはどこだ?

Basuke1

走りまくり。
Basuke2

(躍動感が出るように流し撮りに挑戦したつもりだけど、

これじゃ単なるピンボケだわcoldsweats01

2012年6月 8日 (金)

ほほぅ、私って意外と行動力あるじゃん♪

直前の記事の続きです。

cafe wakakusaは、クレープで有名らしく

いろんな種類がありました。

私はランチクレープに抹茶ラテを注文。

Photo


(ランチクレープは撮り損ねたsweat01

 

あまり広くない1階では、主婦っぽい女性が4人、

テーブルを囲んで何やら打ち合わせをしてる様子。

2階もあるようで、上から子連れのママさんたちや

カップルが下りてきました。

 

アンティーク調の世界地図や地球儀があって

ペチャクチャナイトの冊子もミニイーゼルに飾ってあり、

その他いろんなチラシが置いてあって

好奇心がムクムク。ワクワクしますhappy02

 

で、肝心のコワーキングのこと、どのタイミングで聞こうかな……。

いきなりそういうこと聞いたら「ハァ?」とか思われそう……

なんてアレコレ考えていたら、笑顔が素敵な奥さんに

注文を聞かれ、「あの~コワーキングって……やってらっしゃいますか?

ちょっといろいろお聞きしたくて」と口から出てしまいました。

 

で、おいしいクレープをいただいたあと、

マスターと奥さんからお話をお聞きすることができました。

私は情報をネットでかき集めた印象から、

なんとなくこのカフェに来ればPC広げて仕事してる人がいるもんだと

思っていたのですが、奈良だとやはり

コワーキングスペースとしての利用者はまだ少ないそうです。

時間をかけてゆっくりとコワーキングを目指すとおっしゃっていました。

私としては、コワーキング!と(自分一人でcoldsweats01)盛り上がっている今のうちに

人に出会うきっかけがほしいと思っていたので、ちょっと残念です。

 

でも積極的にママさんの起業を応援しようというママグループがあるらしく、

プチ起業セミナーのチラシをいただきました。

少し前の私なら、起業なんてそんな大それたことを、と

何の興味も持たなかったと思いますが、

今はなぜかめっちゃくちゃ気持ちが外に向いています。

翻訳の仕事に少しでも役立ちそうな情報や

人に出会える可能性があるなら、行ってみたいと

思えるようになりました。

というわけで、さっそく家に帰って申し込みました♪

 

それから1年くらい前にネットで見つけた

英語プレゼン会の集まりも、ずっと行きたかったので、

勢いで体験に申し込みました。

 

セミナーや体験の申し込み、それにこのカフェにわざわざ来ること自体、

ほんの1週間前の自分なら、「いいな~」と思ってるだけで

きっと行動には起こさなかったと思います。

我ながら自分の変化にちょっとビックリhappy02

 

2012年6月 7日 (木)

面白そうでワクワクする情報を見つけた!

直前の記事で、10年ぶりに友達に会って

いろんな刺激を受けたことを書きました。

それからいろいろ自分の仕事や生き方のことを考えていたら

止まらなくなって、何のキーワードから始めたか忘れたけれど

ネットで調べていたらいくつか面白そうなキーワードにたどり着きました。

 

”ペチャクチャナイト”

”cafe wakakusa”

”コワーキング”

 

ペチャクチャナイトとは pecha kucha night と

英語にもなっていて、

ウィキペディアにも載っていてびっくりです。

一言でいうと、有志のプレゼン会。

自分の好きなテーマを、20枚のスライドを使って

1枚につき20秒の時間でしゃべる、という会のようです。

しかもいろんな国でpecha kucha night が展開されているらしく、

日本でも東京などでは外人さんも参加して英語メインで

行われているみたい。

 

基本的にプレゼン好きな私にとっては

とっても興味津々な情報です。

プレゼン・英語・国際的……20代のころだったら

迷わず飛びついたイベントですbleah

 

そういうイベント、まさかここ奈良ではないだろうなぁ、

と思ってググったら、あーるじゃないですか!!

びっくりです!

その開催場所となったのが、cafe wakakusa という

奈良市の中心部にあるカフェでした。

行ったことはないけれど、実はお店の名前はなにかと

ネットで目にしていて、なんとな~く覚えていました。

 

そんなイベントをやるカフェって、

単なるカフェじゃなさそうと思っていろいろ調べていたら、

今度はコワーキングとかいう言葉を見つけました。

「怖ーキング」?? 何がコワイのだろう?と思ったのですが

co-working だそうでcoldsweats01sweat02 いやオハズカシイ。

 

コワーキングとはどうやらフリーランスのビジネスパーソンや

企業家たちが、カフェやコワーキングスペースと言われるところに

行って自分の仕事をしたり、そこに集まる異業種の人たちと

情報交換をしたりするワーキングスタイルのことのようです。

 

 

それって、すっごい!と単純に思いました。

実際、私の場合、家で企画書作ったり翻訳したりしようとしても

よほど自律できないとすぐにダレてしまいます。

振り返れば翻訳大学院入学からずっと家でPCに向かって勉強とか、

卒業後は仕事とかしていたわけですが、

締切に追われない限り、自分の好きなように予定が組めるわけです。

でもいったん予定を立ててもいろんな予期せぬ出来事が入って

すぐ崩れてしまいます。

何より緊張感がなさすぎ。

あくまで私の場合、「誰かに見られてる」感覚があったら

もっとお尻に火がつくのではないかと思うようになりました。

会社勤めをしている人から見たらきっと

甘ったれの極致だろうなぁと思いつつ

どうせ自分一人で努力しても程度が知れてると思い、

外に出ることにしました。

特にPTA役員が終わってからは午前中自由に動けるので

近くのカフェに出かけてはPC広げたり読書したりしています。

 

これが、やっぱりいい。

別に誰かに注目されているわけじゃないけれど

周りに人がいるだけでちょっと緊張感があります。

それに子どもが帰ってくるまでに買い物と帰る時間も考えて

作業するので集中できます。

 

おっとずいぶん話がそれましたが、

そういう状況の中、知った「コワーキング」。

カフェで作業するスタイルは今のところ私は気に入っていますが

それだけでは人と出会って情報交換ってのは難しいです。

コワーキングだとそれができるというのです。

ちょっとコワイsmileけれどやってみたい気がします。

 

しかも、さっきのcafe wakakusaでは、

そのコワーキングもできるらしく、

利用の仕方がHPに書いてありました。

これは、ぜひとも行って情報収集したい!

このカフェでは、ペチャクチャナイトをするし

コワーキングもやってるのか!

なんかほかにも企業家精神をもったママさんたちの

集まりもここでやってるみたいだし、

なんか、おもしろそうな、前向きな匂いがぷんぷん。

 

というわけで、いてもたってもいられらなくなり、

昨日の朝、行ってきました!

実は一人でさっそうと……とカッコよく行きたいところだったのだけど、

中の様子が分からない初めてのカフェに一人で入るのは

ちょっとコワかったので、実妹に一緒に来てもらいましたcoldsweats01

 

 

この続きは、次の記事で。   

 

 

2012年6月 4日 (月)

キラキラする友達に憧れます★彡

先日、久しぶりに再会した友達とランチに行ってきました。

初めて出会ったきのは、10年くらい前に始めた英会話サークル。

趣味で知り合ったので、いわゆるママ友とはちょっと感覚が違います。

 

子どもの年齢が同じなので子どもの話もしたのですが、

メインな話題はそれぞれのこれまでの生活や仕事、

生き方や年齢、将来のこととかいろいろ!

そういう話ってママ友同士じゃなかなかできないから

とにかくすごく新鮮で、刺激をもらいました。

 

 

彼女は、仕事関係で人に出会って「楽しい!」と言い切ります。

人と話をしていると、(仕事柄という理由もあるけれど)

数年後の自分がどうなっているかが

すごく楽しみになるそうです。

仕事をして、人と出会って「楽しい!」と言い切れるってすごい。

私もだいぶ楽観的に考えられるようになってきたけれど、

人と出会って無邪気に「楽しい!」と言える経験なんて、

なかなかないような気がします。

若いころにはそれなりにあった……と思うけど。

 

それだけでなく、「時間が過ぎるのがあまりに早いから

何かやりたいことがあっても結局やらないうちに人生終わってしまう、

だからやりたいことはやろうと決めた!」とも。

それでピアノも始めたそうです。

そういう潔さ、いいなぁ。

私も、アレンジピアノや写真を習いたい。

セミナー系の資格も取りたい……。

 

まぁそれはさておき、とにかく彼女の明るい

笑顔と生き生きとした話にぐいぐい引き込まれ、

3時間のランチアワーはあっというまに過ぎ去りました。

 

なんというか、少し前までは私自身どっぷりとPにつかって

後ろ向き発言に慣れてしまっていたり、

年齢的に「嬉しい!楽しい!」という気持ちが

だいぶ穏やかになっていたこともあって、

彼女の話はキラキラ輝いて見えて、心が弾みました。

 

10年前の彼女も素敵だと思ったけど、

彼女自身は自分が嫌で変わりたくて仕方がなかったそうです。

今は自信に満ち溢れていて外見もきれいだし

話も面白いし、憧れます。

「この人すごい」と感心する人はときどきいるけど、

憧れる人に出会えるなんてめったにないです。

これをきっかけに私も輝ける人になりたいデスshine

2012年6月 2日 (土)

週末はバスケに野球……のお世話。

小4の娘が正式にバスケ部に入部しました。

校内のクラブじゃなく、野球でいえばリトルリーグみたいな感じです。

スポーツの習い事と言えばスイミングだけだったので、

こういう「保護者も協力してださい」的なのはPTA以外初めて。

野球をやらせていたというママさんたちの話からは

お茶当番とか配車とかのお世話が大変!と聞いていたので

ドキドキです。

今日さっそく、朝練のついでに保護者が集まり、

夏の大会についての話し合いが始まりました。

いろいろと大変そうですcoldsweats02

 

そしてその話し合いの途中で私は失礼し、

今度は息子の中学の、野球部保護者会に行ってきました。

部活なので保護者の出番はないかなとおもいきや、

お茶当番があるとのことcoldsweats01

ま、お茶当番くらいなら大丈夫か。

それより毎週土日も部活があるので親のほうも

平日通り起きなきゃいけないし、

試合の日はお弁当を作らなきゃいけないし、

(それに娘のバスケも土日ビッチリあるし)、

なんだか急に、週末にバタバタするようになりました。

 

もっとも、二人とも家にずーーっといて

ダラダラしながらケンカするよりずっと健康的でいいわねnote

私も早起きはちょっとシンドイけど、

昼間のイライラが減るのは大歓迎smile

早く今のリズムになれてすがすがしく過ごしたいものだわ。

2012年6月 1日 (金)

洋書情報メルマガの更新

拙メルマガ

ママ翻訳者から、子育て・コミュニケーションの洋書情報

更新しました~。

発行当初は月2回の予定だったのに、月1回→不定期 になってしまい、

今回は2か月以上ぶりの更新sweat01

ま、ぼちぼちと行きましょか~coldsweats01

今回ピックアップしたのは、

「ママ友や先生とうまくやっていくコツ」について

書かれた本です。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ