« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

脱ダラダラ。オーソドックスながら私には画期的…かも。

前にも反省の記事を書いたと思うのですが……

自宅で細々と翻訳をやっていて何が大変って、

「時間管理」ですわよ、まったく。

結局は自分は「自律」できてないんやなぁと

自分の意志の弱さをひしひしと感じております。

 

時間があればそれで安心してしまって

恐ろしいほど無駄に過ごしてしまっている……

のではないか、と思って

ためしに私の典型的な一日の動きを

「なんちゃってマインドマップ」に書いてみました。

 

あまりに恥ずかしいのでここには載せませぬsweat01

視覚化すると、いかに無駄に時間をつぶしていたか

一目瞭然で、結構、衝撃を受けますねcoldsweats01

無駄に過ごす原因はなんとな~く思い当たることがあったのですが、

マップにすると、まさにそれが

「この紋所が目に入らぬか~~!」の勢いで

しかも紙面上大きな面積を占めて、目に飛び込んできます。

 

昔からこのブログに来てくださっている方や

FBを見てくださっている方は、「まままりもってまめに更新するよな」と

思っておられるかもしれませんが、

そーです、やっぱりそれがいちばんの原因です。

それだけでなく、ブログやFBから派生して、

いろんなサイトやツールを見たり触ったり……。

 

 

そういうわけで、今日は朝からスケジュール帳に

一日の予定を書きました。

時間が決まっているのは5-6時の英語レッスンと、

朝ドラの梅ちゃん先生くらい。

あとはまったNO PLAN なのですが

それがダメなのですねsweat01

 

で、翻訳の時間を50分を一コマとして5コマ入れてみました。

続けて2コマするのは(たとえ10分休憩しても)集中力が落ちるので避け、

各コマの間には身体を動かす別の作業を組み込みました。

ダラダラと机に座りっぱなしだとネット遊びの誘惑に負けるし、

何より腰や肩に悪いしね。

 

そうして今日一日を過ごしてみましたら……

なかなか快適です。

あと17分したら、5コマ目の翻訳作業開始です。

予定通り、台所の片付けも終わっています。

多少、予定より早く作業が終わって翻訳とブログタイムが

前後したりしているのですが、まぁそういう変更は許容範囲。

 

これが三日坊主にならないよう、

まずは次の翻訳、そして明日もちゃんと過ごしますrock

 

 

2012年7月30日 (月)

ちょっと感慨深い おひとり様時間

今日は思いがけずおひとり様時間を満喫しています。

息子は部活、娘はお友達とプール&その他いろいろ。

このお友達というのが、私の子どものころからの親友の娘ちゃんで、

毎年夏か冬に、奈良に遊びにくるんです。

第二の親戚みたいな感じで、娘も会えるのを楽しみにしています。

 

 

兄同士も同い年なので、去年くらいまでは

家族ぐるみで再会していたのだけど

この夏はお互い息子の部活で会えませんsweat02

 

 

それでもこうやって世代をこえて(血縁関係もないのに)

つながっていられるって嬉しいな~♪

考えてみれば、私たちが幼稚園の頃に出会ってからずっとなので、

私たち母親世代、祖母世代、子ども世代、のつきあいだもんね。

祖母同士も仲良しだし~♪

こういう関係ってあんまり聞かないし、幸せなことだよねheart04

 

 

2012年7月28日 (土)

いじめ問題と子育てに思う

陰湿ないじめがない社会になってほしい。

いじめがない社会を作るためには、加害者を作らないような子育てが必要。

加害者を作らない子育てをするためには、

思いやりの心を子どもに根付かせる子育てが必要。

思いやりを子どもに根付かせるためには、

親が思いやりをもって子どもに接することが必要。

 

反抗期に突入した息子や

それこそ意地悪な兄妹喧嘩に毎日直面していると、

そんな理想はふっとびそうになる。

けれど、いじめはなくしたい。

大津の事件やほかのいじめのニュースで

その実態の一部を知るたびに、やるせない気持ちになる。

いじめられている子はきっと、学校にいても家にいても、

常に恐怖と緊張にさらされて、いっときも気が休まらないのだと思う。

絶望さえしてるかもしれない。

 

グループの子に無視され、お弁当のときも教室移動のときも

そうじのときもいつも一人ぼっちで、放課後呼び出されて

「あんた心臓に毛ぇ生えてるんちゃうか! よう口答えするな!」

と言われ、授業中だけが唯一ホッとできる時間だった。

私へのいじめはその程度のものだったけれど、

それでも毎日学校に行くのが嫌で嫌で仕方なかったし、

やっぱり 「もし自殺したら……」 なんて考えたこともあった。

 

微力ながら、身近なところで努力を続けたい。

 

 

 

 

2012年7月27日 (金)

喜ばせたくて連れてったけど逆効果だった……

朝から娘は山のほうへアウトドア遊びに行き、

息子は部活が休みで久しぶりにのんびりしています。

ついでに私も、久しぶりにお弁当を作らなくてよいので

気分的にゆったりしています。

(部活と娘のバスケが春から本格化してから

週末も試合でお弁当作ってます……

平日も週末も早起きって結構ツライsweat02

 

で、息子と二人の時間ってのもなかなか持てないので、

お昼にケンタッキーKFCに行こう♪と誘いました。

実は先日乳がん検診に行ったとき、娘と二人でケンタッキーに行っていて

なんとなく「娘だけ」ってのが引っかかっていて、

チャンスを見つけて息子もつれてってやりたかったんですよね。

 

息子は、幼いころにケンタッキーに行ったことがあるのですが

本人は覚えておらず、私の誘いに、

クールな表情で笑顔を見せないけれど、喜んでいるのが分かりました。

(だって誘ってからは口数が増えたもん♪)

 

 

おいしくランチセットを食べた後は、

久しぶりにゲームセンターへ。

以前やっていたようにメダルゲームでボロ勝ちを狙います。

私はその間、買い物を済ませ、フードコートに行って読書タイム。

でも本を開いてすぐに息子がやってきて、

「久しぶりにやったせいか、全然アカンsad

もうメダルなくなった」

と元気なく言いました。

 

もう一度100円でメダルを買ってリベンジする気も

起こらないようなので、そのまま帰りました。

今もテンションがひくーーいまま、リビングで大人しくしています。

 

やれやれ……

まぁ、今は娘がいないので兄妹喧嘩がない分すごく平和です。

なので、ま、いっかcoldsweats01

 

 

2012年7月24日 (火)

乳がん検診、行ってきたよ

今日は市からのハガキを持って
乳がん検診に行ってきました。

雇われの身ではないので、つい健康診断も
怠りがちで、乳がん検診は2年ぶり。

マンモグラフィと触診をしてもらって
いちおう異常なしだったのだけれど、
私は超音波検査(エコー)でも見たほうがいいと言われ、
オプションで4000円もするのだけど
エコーもお願いしました。

結果、やはり異常なしでホッ。
でも毎年エコーも含めて検診したほうがいいよと
先生に言われたので、また来年も来ます。

来年のこの時期になったら、希望者には
検診のお知らせのハガキを出してくれると言うので
お願いしました。

すでに官製はがきが用意してあり、
宛名に住所と名前を書いてきました。
これを1年間保管して投函するんだって。
何も一年前から用意しなくても……と思ったのですが(^^;)

2年ぶりのマンモ、やっぱり痛かったweep

2012年7月22日 (日)

我が家の夏休みの始まりはコレ!

毎年この時期の我が家の恒例行事……

それは虫取り!

暗くなる7時ごろ出発して、カブトムシやクワガタのいる林へと

車で出かけていきます。

もちろん私じゃないですよcoldsweats01、子どもたちとパパです。

ここ数年は、娘と同い年(小4)のおいっこも一緒で、

今年は小1のめいっこも虫取りデビュー!

中1の息子もいつのまにやら頼る側から頼られる側になり、

めでたく「副隊長」に就任しましたsmile

ではでは、パパ隊長の言うことをしっかり聞いて

行ってきまーす!

Musitori

今年もうまく捕まえられるといいね~。

(後の虫の世話は、もちろん子どもたちの仕事です)

 

 

妹夫婦から、お礼にと……。

Donatu

私がおいしくドーナツをいただけるのもパパのおかげですわheart04

うふふ、パパありがと~うsmile

 

 

 

2012年7月16日 (月)

あぢ~~ぃ……息子が心配

娘は午前中、バスケの練習で学校の体育館に。

風が通る屋内なのでまだ涼しいのですが、

この炎天下、息子は野球の試合に行っています。

ここまで暑いと、アクエリアス2Lだけで

大丈夫だろうかと心配になりますshock

何もこんな酷暑の日に試合しなくても……

と思うけど、そんなのその日にならないと分からないもんねぇ……

 

↓娘を迎えに行ったときの校庭で。

ひまわりも暑そうsweat02

552304_2330832046865_1766411861_n

2012年7月14日 (土)

作文コンプレックス

朝から娘はバスケ、息子は野球で試合に出かけ、

私ひとり、し~ずか~な時を過ごしておりますhappy01

 

ところで最近入会した出版業界のネットワークは、

出版ネッツという団体です。

入会にあたり、フリーランサーズガイド(会員を紹介するプロフィール冊子)に

掲載する自己紹介文を提出することになっているのですが、

結構、その作文で悩んでますcoldsweats01

なんか妙に緊張しちゃってsweat01

 

というのも、メンバーさんはみなさん出版関係者ですし、

プロのライターさんや編集者さんたちが

たくさんいらっしゃるわけです。

そういう方々に読まれる(と思う)文章を書くのは

やっぱり緊張します。

短い文なのにね。

(てか、私も翻訳やっている以上、文章のプロでなくちゃいかんのだが、

子どものころからの作文コンプレックスってのは厄介ダsweat01

 

自己紹介に限らず、考えてみれば

出版社に企画書を送るなんてこともやってるわけで、

それこそ、稚拙な文章なんか書けません。

翻訳文を見ていただく以前に、

企画書の文とか、それに添えるカバーレターの文とかで

きっと文章レベルが分かっちゃうのだろうなぁ。

 

そういえば、この緊張の最たるものが、

この会主催のセミナーに行った感想文でした。

先週はじめて参加したこのセミナーは、文字化けがテーマで

完全文系の私にとっては???な内容だったのですが、

初参加ということで、会員誌への寄稿を依頼されてしまったのです。

セミナー中、”なんちゃってマインドマップ”で必死でメモを取り、

帰宅してすぐ、とりあえずわかる範囲でまとめて、

あとは時間をかけて、ネットで調べて補足して……

それでなんとか書き終えました。

とはいえあれが会員誌に出るなんて、ワタシ、大丈夫なんやろか。

どなたさまもスルーしてくださいますように……coldsweats01

 

 

2012年7月13日 (金)

この一ヶ月で自分の世界が広がった気がする\(^o^)/

先月、コンデジのフォトセミナーに参加したのですが

その時に知り合った方がご近所さんとわかり、ご一緒にランチしましたrestaurant

 

フリーランスのイラストレーターをされていて、

翻訳とはまったく仕事も分野も違うのですが

フリーという立場は同じ。

自分を売り込みに行ったり、

ネットワークを通じてお仕事をもらったりという

話はとても興味深いものでした。

フリーの方から生のお話が聴けるのは、今までになかったこと。

自分に置き換えたらどうなるか……とっても参考になりました。

 

ところで、6月のあの日を境に、私の環境はがらりと変わったように思います。

そもそも、あの日がなければ、フォトセミナーも行かなかっただろうし、

イラストレーターの方とは出会わなかったはず。

あの日に古い友達と再会して前向きな刺激をたっぷりと受け、

いてもたってもいられなくてネットであれこれ調べたから……

 

●フォトセミナー見っけ、参加→上記のイラストレーターさんや

 その他出版関係の方と知り合う

●面白そうなcafe見っけ、出かける→ママ向け起業セミナーの情報ゲット

 →申し込み・参加→Facebookの世界が広がる

●英語プレゼンの会にも申込み・見学参加→入会予定

●出版業界のネットワークに申し込み→セミナーに参加、ヒストリーカードを配る→

 ご連絡をいただき、いったんはあきらめた翻訳企画が

 息を吹き返そうとしているところ

 

分からないことがいっぱいあって不安が大きいけれど、

少しずつ道が見え始めてきてこれから先がとても楽しみです。

平たんではないだろうけれど、頑張っていきたいshine

 

 

2012年7月11日 (水)

期末テストで落ち込んだ息子と私

中1の息子の期末テストがぞくぞくと返ってきて

頑張ったわりに……bearing

本人は頑張ったのにと言うけれど、親の私から見て

あれが頑張ったと言えるか……なんて超辛口な気持ちも。

いやいや、そんなのはチョビっとだけで、言いませんでしたよもちろん。

それより、「あら~……アンタがっかりしたでしょう、頑張ってたもんね」

と言うと「うん、点数見た瞬間、泣きそうになった」と。

表面的には息子に寄り添ったつもりだったけれど

息子はひねくれた受け止め方をして(というかズバリ見抜いてcoldsweats01

「お母さんの言う『残念』は僕が思う『残念』とは違うでしょ」

と意味深な鋭い指摘にドッキリ。

 

まぁそんなこんなで、パパもいないし、

数学をもちょっと頑張ろうね~というコメント以外は

特に何も言いませんでした。

 

それでですね、つい最近、クラスの平均点が書かれた

個人用のテスト記録が渡されたんです。

それを見てビックリ。

な~んだ、みんな難しかったんだ~~~coldsweats01

いや確かに苦手科目は頑張らんといかんけれど、

5教科全体で見たら、そんなに落ち込むこともなかったよね。

そんな話を今朝息子として、息子はホッとしていたようでした。

 

それにしても、こんなことで一喜一憂していては

いかんのだろうなぁ、きっと。

ただでさえ、勉強のプレッシャーを抱えているはずだから、

私はできるだけ肝っ玉をどーんとでかくしておかんと!

(でも、実際にテスト前だったり点数が出たりすると

肝っ玉母さんを演じるのは難しいsweat02

 

まーとにかく、これからもがんばろね、お互いに。

……。

……。

 

 

2012年7月10日 (火)

セカンドチャンス、生かせるか!?

いったんはあきらめた翻訳出版の企画を

ある方に見ていただけることになり、今がんばって手直し中。

サンプル訳も手直し中。

こんなに普通な口調でにココに書いてますが、

その話が出たときは、そりゃーもう、

跳び上がって喜びましたわよ。

(まだ見ていただくだけの段階なのだけれど、それでもね)

がんばりまっすrock

2012年7月 9日 (月)

英語プレゼンの会、奈良トーストマスターズ、見学。

このところ有意義な外出が続いているワタシhappy01

昨日は Nara Toastmasters Club に行ってきました。

先月に続いて2回目の見学です。

 

このクラブでは、プレゼンはもちろん、事務連絡も

基本的にすべて英語で行われます。

プレゼンの形式や内容はさまざまです。

前もって準備してきたスピーチ、即興スピーチ、

それぞれのスピーチの評価も「スピーチ」として発表します。

 

準備が必要なスピーチは、「やります」と自己申告した人が

優先されるらしく、毎回同じ人がやるわけではありません。

だからといって、ぼーっと座ってるだけの人がいるわけではなく、

全参加者が、即興スピーチやその他の発表で

前に出てしゃべりました。

私も、(見学者でしたが)即興スピーチしました

(お題を出す人が指名するので、当たるかどうかドキドキですcoldsweats01)。

お題は、「なんで日本人は年賀状を出し続けるのか」でした。

うまくいったかどうかは……うーむ。

 

 

今回は、メンバーの方から、2冊あるからと言って

会員誌を1冊いただきました。

Kaiinnshi

こういうの持ってるだけでインターナショナル~な感じがして、

ちょっとウキウキするワタシ。単純~smile

 

  

見学はあと1回(全部で3回、見学するルールになっています)。

それから入会するかどうかを決めます。

すでに入会する気満々です。

 

そうだ、Nara Toastmasters Club メンバー募集中とのことです。

興味がおありの方は、私までメールくださいね

(左欄上方の「メール送信」をクリック)happy01

クラブについていける英語のレベルの目安は、

中上級という印象です。

ウィキペディアのトーストマスターズの説明は こちら

奈良トーストスターズのHPはこちら

 

 

2012年7月 7日 (土)

出版関係のセミナーにて……

直前の記事の続き。

午前は、ママのためのプチ起業講座に参加して

新しいワクワク刺激をもらい、

午後は、子どもの夕飯用のお弁当作りと

自宅英語レッスンを一コマやって、

私は夕方から一人で外出しました。……というところまで書きました。

 

 

その外出先は、出版業界の人たちが集まるセミナーです。

フリーランスの人たちのネットワークが定期開催していて、

私もこの前、そのネットワークに入会したばかり。

入会のガイダンスが、このセミナー後、懇親会の始めに行われる

とのことで、参加しました。

 

このブログでもときどき書いてきましたが、

どうも一人で自宅で翻訳やってると、

不安になったり焦ったりするんですよね。

うまく企画が採用されて、原稿を待ってくださる編集者の方がいて

作業しているというときは

安心感や自信みたいなものがあるのですが、

そういう仕事が一通り終わり、仕事相手がいないとか、

誰ともつながっていないときって……bearing

 

そういう悶々とした状況から脱するために、

ここ最近、仕事に結びつきそうな人やイベントを探し、

実際に動いてそこに行ってみることにしたのです。

でもこれって正直、ものすごーく勇気がいるんですよね、私の場合。

当然知らない人ばかりだし、そういう場ってたぶん

「ビジネスビジネスしてる」だろうから、これまでずっと

家庭にこもって、在宅仕事しかしていない私には、

きっとものすごいカルチャーショックがあると思います。

それこそ名刺交換なんて何年もしてないし、

ヒストリーカードを作ったものの、大判すぎてやっぱり渡すのコワイし、

授受するときのマナーや、立ち居振る舞いにはまったく自信ないし。

 

 

きゃーーコワイよーーーーーー。

 

 

 

 

そんなら行かなきゃいいのにってツッコミはナシねsweat01

まっ、笑顔でいこう、笑顔でいたら何とかなるcoldsweats01

 

 

で、行ってきましたら……

最初から最後まで、緊張のしっぱなしでした。

きっと頼みの綱の笑顔もひきつってたと思うsweat02

 

セミナーの内容は難しかったのでさておき、

参加者の何人かの方から、名刺をいただくことができました。

私からは例のヒストリーカードを(めっちゃドキドキしながら)

差し出したのですが、案の定、カードの大きさや

文字の小ささに苦笑されつつも……

 

「へぇ!」と(たぶん良い意味での)インパクトがあったり。

「よくある名刺だと、いっぱいもらったら誰のか分からなくなるから、

こういうの、いいですね」

と褒めていただいたりしました。

 

いちばんこのカードのすごさを実感したのは、

初対面にもかかわらずある程度の時間、会話が続くこと。

その場でパッと目についた言葉をきっかけに

質問をしてくださったり、共通点を見つけて話をしてくださったり。

セミナー会場から懇親会のお店まで歩いていく間、

私の好きな子育て方法や、日本でよく売れている子育ての本など

私の得意分野の話ができたのはとても嬉しかったです。  

そして懇親会の席でも、カードをきかっけにまた別の方と

話ができました。

 

それに何より、こうやって話をしている方が、

今まではなかなか出会えなかった出版関係の方だというのが

なんか嬉しいです。

と同時に、今まであんなにつながりを持ちたくても

なかなか持てなかった人たちが

こんなにたくさん目の前にいるというのが

ちょっと不思議な気さえしました。

このセミナーは、とにかく時間が遅いのがネックなのだけど

出来る範囲で参加して顔つなぎしておきたいなーと思います。

(まだ勇気はいるけどsweat01

 

あ、それとやっぱり名刺も作ろうと思いましたflair

 

2012年7月 6日 (金)

ママ向けプチ起業講座、行ってきたよ~♪

昨日は朝から晩まで、新しい刺激で

頭も心もパンパン!でしたcoldsweats01

 

まずは午前中、一か月前から楽しみにしていた

ママ向けプチ起業講座の一回目に行ってきました!

テーマは自己紹介とFacebookの使い方。

託児もOKだったので、お子さんが小さい方が多いのかと

思ったら、意外と大きいお子さんのママさんも

半分近く?いらっしゃり、なんか心強かったです(^^)

それに、すでにご自宅でお仕事をされている方もおられ、

「子育て中なのにみんな頑張ってるんだ~!」と

大いに励まされました。

5回シリーズのこの講座で、これからこういう方々と、

いろいろお仕事や起業に向けて

「ママ業」以外のことを遠慮せずに話していけると思うと

すごく嬉しいですhappy01

 

で、興味津々のfacebook。

実は私、登録歴はながーーいのですが、

使い方がわからず、ながーーく放置しておりました。

ここ1ヶ月くらいかな、あれこれ触って少しわかり始めてきたのは。

このセミナーで、全体的な使い方をはじめ、

グループ内での使い方や「いいね!」と「シェア」の違い、

「~と一緒にいます」の入れ方など、

あやふやだった知識がクリアになりました。

一カ月後の第2回までの宿題は、受講生の方々と

「友達」になってfacebook上でやり取りすること。

はい、やってみますpaper

次回が楽しみheart04

 

 

で、このセミナーがお昼頃終わり、

急いで帰宅して今度は子どもたちの夕飯用お弁当作り。

そう、この日はなんと夕方から夜おそーくまで

出かける予定があったのです。

それについては次の記事に。

 

でもって、お弁当を作ったら次は自宅英語レッスンを一コマ。

それが終わったら身支度を整えて、いざ出発!

2012年7月 4日 (水)

クリエイターEXPO東京に……すごーい\(◎o◎)/!

明日から4日間、東京ビッグサイトで

「東京国際ブックフェア」が開催されます。

出版関係者がいっぱい来るらしくて魅力的だけど、

東京だし、そんな大規模なブックフェアなんて

自宅でほそぼそと翻訳をしている私には関係ないわ、

行ったところで場違いなだけだわ~

と、思っていました。

 

で、この国際ブックフェアに加え、

「クリエイターEXPO」が同じ会場で同時開催されるそうです。

クリエイターには作家、ライター、イラストレーター、写真家など

さまざまなジャンルがあるのですが、実はこのクリエイターEXPOに

つい最近知り合ったライターの方が出展されると知り、

急にこの展示会に興味がわきました。

 

出展して何するんだろう?と思ったら、商談するんですね(^^;)

そうか~、クリエイターの方々は自分の作品を用意して、

来場者である出版関係の方にプレゼンしたり売り込んだり

するみたい。

すごいなーーーー。

 

で、サイトの出展者検索で調べたら、

なーんと翻訳者もクリエイターに入っていて、

翻訳者として出展される方もおられました。

 

ほ、ほーう、そうか……

翻訳者も出展できるのか……

わ、わたしも、来年……は無理でも3年後ぐらいには

出展してみたいな。

そのためには、実績として翻訳書を並べられるように頑張らないと。

場違いと思わないですむように実績と自信をつけなくちゃ!  

 

 

まずは今読んでる本のまとめだ!

 

 

がんばりまっすhappy01scissors

 

2012年7月 3日 (火)

洋書情報ブログをいじって、ふー。

ふーーっ、久しぶりに根詰めてブログいじりました。

このブログじゃなくて、洋書情報のブログです。

ほんとにおっそ~い、ゆっる~い更新で、

内容もワンパターン化してきてるので

ちょっと立て直しをはかっているところ。

できれば仕事に結び付けられるようにしたいので

(てか、もともとそのつもりで開設したはずcoldsweats01

洋書の情報だけでなく、もっと工夫が必要だなぁ。

このブログと重なる内容も出てくるかも。

 

タイトルとテンプレートを変えました。

それと、今までに取り上げた洋書が全部わかるように、

タイトルリストのページを作りました。

 

それから、今日も一冊取り上げて記事にしました。

いつもとちょっとジャンルが違って、

ワーキングマザーの生き方みたいな感じの本です。

メルマガも送りました。

「洋書情報」というマニアックな内容ですが

ご興味のあるかたはちょっと覗きにいらっしゃいませ~

2012年7月 2日 (月)

期末テスト勉強…ちょっとお手伝い

今日から三日間、期末テストです。

昨日の日曜日、中1の息子は午前中はしっかりと

集中して勉強していたものの、

昼過ぎに電池が切れたようで、休憩と言いながら

だらだらと過ごしていました。

気が付くともう5時。

 

私はなるべく言わないように言わないように、と

思っていたけれど、さすがに2時間も3時間も

休憩されてちゃ黙っていられません。

 

「ちょっと~明日からテストなのにいいの、そんなんで。

明日は社会、理科、保健体育だったっけ?

ちゃんと覚えたんかいな」

「だいたい覚えた」

「ほんま? じゃあテストしたるから教科書見せて」

「教科書より、こっちの問題集を使って」

 

で、Q&A開始。

面白かったのが、タイのバンコクを流れる「チャオプラヤ」川の

名前がなかなか覚えられなかったこと。

「チャオ!とプラモデル屋(プラモ屋)さんが言っていると覚えようflair

チャオプラモ屋とか言ったらあかんで~」とか

「チャオプラヤを5回続けて早く言ってみよう!」とかやってると

かなり笑えて、楽しい時間をすごせました。

(ちなみにチャオプラヤを5回早口は、なかなか難かしいですsmile

 

最近は娘のバスケの付き添いで、「娘と私」の時間は多いのだけれど

「息子と私」はあまりなかったので、ちょうどよかったです。

勉強だったけど、楽しめたし。  

で、最後に「意外と覚えてたね。おかーさん安心したわ」

とコメントしたら機嫌よく寝てくれました。

 

そして今日、学校から帰ってきて、

チャオプラヤ川は問題に出てて、ばっちり書けたscissors

言ってましたsmile

中間テストよりは高得点が取れそう、とのことです。

明日明後日もその調子でがんばっておくれ~~happy01

 

 

2012年7月 1日 (日)

バスケの試合(=カメラの練習)【写真アリ】

昨日は、娘のミニバスケットに試合でした。

私は送迎係だったので、朝7時過ぎに家をでて

子どもたちを乗せて1時間半近くかかる県南部の体育館へ。

車で市外に出ることはほとんどなく、

昨日も時間までに到着できるか心配でしたが

まぁ何とか無事に到着。

帰りも、渋滞に巻き込まれながら無事帰宅。

 

試合は、アンダー10という10歳以下の子たちが

出る試合で、2試合やったのですが、どちらも負けてしまいました。

しかも1試合目は45対0という……sweat02

2試合目は何点か得点できましたがcoldsweats01

どちらも(特に最初は大差で)負けたのに、

悔し泣きする子がいませんでした。

それを娘に言うと、1試合目の後「次、頑張って点を入れよう!」と

みんなで言っていたそうです。

すばらしい気持ちの切り替えようだcoldsweats01

 

さてさて今回も、写真の練習してきましたよ。

↓こんなに広い体育館。緊張する~と言ってました。

Photo


↓あの子たち、うま~い……

Basuke

 

↓7番が娘です。

Basuke2_3

↓あぁ~入れられちゃった

Basuke3

 

↓10歳以下の試合ではよくこういうボールの取り合いが起こるらしいcoldsweats01

Basuke4

 

↓行け~っ!  

Basuke5_3

 

↓周りがぼけて娘がクローズアップ♪

拡大するとボケボケなんだけど、このサイズなら

かっこよく撮れたように見える?自画自賛の一枚。
  

Basuke6_2

  

いや~、写真はおもしろい。

 

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ