« 天橋立への旅行【写真】 | トップページ | 夏休み最後のイベント、難しそうな法務局ツアー »

2012年8月28日 (火)

高校生のレッスンはこんなふうに。

夏休みの特別クラスとして高校1年生の

英語レッスンをしています。

これが楽しくてhappy01

(教えられる生徒さんがどう思っているかは??ですがcoldsweats01

 

高校生ですから、ふだんの小学生相手のレッスンとは

(当然ですが)教材も教え方も全然違います。

文法や文の構造を「論理的に」説明できるし

ホワイトボードに英文を書けば理解も早まります。

(小学生には、下手なイラストで対応。

下手さがウケて盛り上がるときもあります)

 

さらに高校生相手だと、一つの教材を深く勉強できます。

英文読解のための速読・精読・文法の確認はもちろん、

音読も何パターンか使って練習したり、通訳訓練のような

高度な練習方法ができたりします。

(小学生クラスでは、飽きないようにいろんな教材を広く浅く使ったり、

小道具で目先を変えたりしなくてはいけません)

 

ちなみに今使っているのは

「英語長文ハイパートレーニング」という本。

スラッシュ・リーディングや音読を推奨していて

とても良い本だと思います。

一人で勉強できるように丁寧な解説付き。

もちろんCDも(ゆっくり・早めの2バージョンで)ついてます。

 

さて今来てくれている高校生の子は、

文法など知識はしっかりと持っているので

それを復習しながら理解を深め、実際の使われ方を知ることを

目標にしています。

なので、前半は精読、後半は耳と口の練習をメインにやってます。

 

後半はいろんなパターンで……

 

  1. 短めに区切ってリピート(テキストを見ながらor見ないで)。
  2. 長めに区切ってリピート(テキストを見ながらor見ないで)。
  3. シャドウイング(ノンストップで音声をかけ、聞こえた端からリピートしていく。途中でついていけなくなっても、聞こえたところからまた真似をする)
  4. サイトレの音読版(聞こえてきた音声分を訳す。テキストを見ずに)
  5. ディクテーション(書き取り)

 

前半で精読をしているので、シャドウイングやディクテーションのような

難しい練習も割とうまくこなせます。

今日は時間があまったので、やさしめの内容の文章を

精読なしにいきなり聞いてテーマを聞き取る練習もしました。

 

 

教える私にとっても良い刺激となっています♪

 

 

 

« 天橋立への旅行【写真】 | トップページ | 夏休み最後のイベント、難しそうな法務局ツアー »

子ども英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天橋立への旅行【写真】 | トップページ | 夏休み最後のイベント、難しそうな法務局ツアー »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ