« な・が~~い「待ち」…… | トップページ | 起業したいけど、自分の強みって…… »

2012年10月 3日 (水)

『いじめない、いじめられない育て方』

新しい自己PR文をフェイスブックやブログに公開したことで

ちょっと気持ちが焦っている私。

そこに書いた目標に向かって、本を読みました。

いじめない、いじめられない育て方―三つの愛の言葉がわが子を救う (PHP文庫)

 

アマゾンの子育て部門で「いじめ」で検索すると

トップに出てきたんです。

親向けに書いてはあるのですが、

結構、いやかなり奥が深いです。

 

心理学的な考察や説明がたくさんあって、

素人にはサラッと読めません。

それにやけに「男らしさ」「女らしさ」という言葉が出てきます。

性差による同一化(男の子は父親に、女の子は母親に同一化)が

繰り返し言及されているので、

なんか時代錯誤してるなと思ったら、

1986年刊行の書『元気な子はこうして育つ』を

改題したものだと分かりました。

な~るほどね。

 

時間をおいてじっくりと精読したいと思いました。

まず母性本能は愛情とは違うという指摘に至極納得。

赤ちゃんのうちは母性で本能的に愛せますが、

そのままの愛し方を幼児や小学生、中学生の子どもに

当てはめてもうまくいかない、とわかったときは目からうろこでした。

母親から見れば、おなかを炒めて、いや、痛めて(誤変換ってコワイ~coldsweats01

産んだ子なのだから愛おしいのは当たり前ですが、

子どもから見れば、「この人から生まれた」なんて記憶はないだろうし、

「大好きよ」なんて言葉は大きくなるにつれて言われなくなるし、

逆に怒られたり命令されたりってのは増える一方だし……。

ホントに僕は愛されてるんだろうか?という不安を

感じてもちっともおかしくありません。

 

だから血縁的につながっているから子どもに愛情が伝わっている、と

思い込むのは危険なんですって。

「わが子に対する愛情を疑うのです」(P23)

 

大丈夫とは思うけど、なんか心配になってきたcoldsweats01

とくに息子。

 

この本を読んでからは、今まで以上に

愛情を表現しようと意識しています。

とはいえ「だいすきよ~heart04」とは中1の男の子に向かっては

言いにくいので、ひたすらハグとコチョコチョ。

それから怒鳴らない。話を聞く。

 

心がけて頑張ってます。

 

あと、いじめっ子もいじめられっ子も、他者に依存する、

感情の活動を停止している(感情を押し殺す)などの

指摘は、以前読んだ洋書と共通していました。

ほかにもいくつか、興味深い箇所がありました。

これからは積極的にいじめに関する洋書を読んでいこうと

思っているので、この本は私にとって

ちょうどいい入門書になりそうです。

 

 

 

 

« な・が~~い「待ち」…… | トップページ | 起業したいけど、自分の強みって…… »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
去年、4年生のわが息子がずいぶんいじめっ子のことで
悩んでいたので身につまされました。
今年はすっかり落ち着いたので
良かったのですが、あの時分は家も大荒れで
「親子心中」ってこうやって起こるのねと思ったくらい。
また上の子が下の子に八つ当たりでいじめるんですよね。
今は下の子が女の子なのに妙に強くなって、おいおいって感じです。

中学生の息子さんに愛情を示すのって
確かに難しいかも。
コチョコチョとハグ、可愛いですね。
参考にさせて頂きます。


コメントをありがとうございます。
ずいぶん大変な一年を過ごされたのですね…
うちも長男のほうで「もしかしていじめられてる?」
とひやっとしたことがありました。
私自身、気にしすぎ?と思うこともよくあるのですが
やっぱり気になりますよね。

兄妹喧嘩も、私にとっても頭痛の種ですsweat02
まだ先は長いですよね。
お互いがんばりましょうclover

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« な・が~~い「待ち」…… | トップページ | 起業したいけど、自分の強みって…… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ