« 朝バトル。ため息とナミダが出るぜ。 | トップページ | コーチングの宿題「3年後のイメージ」 »

2012年11月20日 (火)

娘の勉強を見て、しみじみ感じたこと。

小4の娘が、めずらしく宿題に手間取って半泣き。

算数ドリルで面積を求める問題です。

「めんせき、にがて~……」と娘。

 

そこへ、いつもケンカしている中1の兄が

なんと「教えたる」と、張り切って説明を始めました(!)。

娘は兄に言われるがまま数字や数式を書いているだけの様子。

一通り説明が終わり、満足気に机を離れる兄(オイオイcoldsweats01

 

兄に教わったものの、娘はすぐに行き詰り、

「わからない~……」と、ついに涙がweep

私が教えてあげると、泣きながら計算式を書きました。

違うよ、ここはこうだから、こうなるんだよ、書き直して……と

間違いを指摘すると、娘はすんなり従いました。

落ち込んで観念しているのか、やけに素直。

 

息子のときと全然違うcoldsweats01

息子もちょうど4年生くらいからつまずくことが増えて

そのたびに私が教えていたのだけれど

間違いを書き直すよう言うと、必ず

怒り泣きして消しゴムを荒っぽくゴシ!ゴシ!とこすってました

(だからほとんど消えず、紙が破れる)。

私もすぐにイライラが爆発して

お互いしんどかったな~。

 

これって男女の差なんやろか?

それとも第一子、第二子の違い?

性格の違いも大きいだろうね。

娘は、息子が勉強しながら怒られているのを

見ていたから学んでたのかもしれないな~。

 

息子の勉強は、英語を除いて

もう私が教えられるレベルではございましぇん。

通信教材に頼っていたけれどそろそろ限界かも。

さきほど塾の冬期講習の問い合わせをしました。

期末試験が終わったら、レベル分けテストを受けに行ってきます。

 

息子も娘も、がんばってねん。

 

 

 

 

 

 

« 朝バトル。ため息とナミダが出るぜ。 | トップページ | コーチングの宿題「3年後のイメージ」 »

子育て」カテゴリの記事

家庭学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝バトル。ため息とナミダが出るぜ。 | トップページ | コーチングの宿題「3年後のイメージ」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ