マインドマップ

2012年9月 7日 (金)

行き詰ってたマインドマップ、ちょっと気が楽に。

クリエイターの労働組合、出版ネッツの

定期セミナーに行ってきました。

7月に入会して3回目の参加ですが、

メンバーの方と早くお近づきになれるよう、

受付係をさせていただきましたhappy01

 

今回のテーマは……

じゃじゃーん!

 

マインドマップです!!

 

前からすごく興味があって、講座に参加したり

自分で描いてみたりしたけれど、

マップを描くときのルールが面倒であっさり挫折。

そのくせ、気になっていました。

だから今回の定期セミナーのテーマに取り上げられて

行く気満々、期待度MAXで参加しました。

 

で、私は数年前に基礎講座を受けたので

概要や描き方は知っていて特に新しい情報はなかったのですが、

すごくホッとしたのが、ネット上でよく目にする

美しいアートなマップはほとんどが「人に見せる用」だということ。

人に見せる必要がなければあんなに美しくなくてもよい、

マインドマップは「計算用紙」なのだから

イラストの上手下手や見栄えは気にしなくてもよいとのことでした。

 

ここから先は私が勝手に解釈したこと。

私がよく描くのはいわゆるミニマップで、たいてい黒一色で、

イラストも、記号程度のものが1,2個ある、というもの。

とにかくアイディアを出したいのならそれでいいし、

もっと整理したければ2枚目のミニマップを描けばいい。

必要に応じてカラーを使ったり、ブランチの太さを変えたり、

グループ分けや関連性の記号を入れたりすれば、

「(他人ではなく)自分にとって」分かりやすくなるし、

アイディアももっと出やすくなると思う。

 

……そう思ったら、気が楽になりました。

ミニマップで止めておいてもいいんだ~。

「イラストの上手下手なんて関係ない」なんて言いながら

ネットや本で発表されているものはそれはそれは美しいのだから、

そんな言葉はちっとも説得力がなかったんですよね。

でも今回のセミナーで直接、

カラー・イラスト付きだけどそんなに美しくないマップや、

黒一色のミニマップでも役立っていることを知って

見えない縛りが取れた気がします。

 

時間的に余裕のある場合や、

パッと見て分かりやすく人に何かを説明する必要があるときには

丁寧なフルマップを描けるようにすればいいんだな~。

そもそも、要は自分の仕事や考えの整理に役立てられるのなら

どんなマップでもいいはずなんですが、

せっかくやるなら「正規のマインドマップ」を描けるようになりたいと

欲張ってしまい、かえって描きにくくなってたんですね。

 

よし、これからは、ミニマップでもいいから臆せずがんがん描いていこう!

 

↓数年前、基礎講座を受けて頑張っていた頃。

頑張りすぎて、しばらくして挫折。

1


  

↓最近描いていたミニマップ(にもならないくらい粗末な図)

アイディア出しや整理にはイマイチだけど、これで事足りることもある。

どの程度のマップでヨシとするかは状況&必要次第だな~。

2_2

 

 

2011年11月 2日 (水)

我が家の、幸せいっぱいMM(by娘)

小3の娘が言いました。

「 ”マインドマップ” 書いたよ。でもあんまり見せたくないんだ~」

見せたくないと言われると、よけい見たくなるじゃんcoldsweats01

「えー、見せたくないの? 見せたくないなら別にいいよ」

そう言ったら見せてくれました。

 

Mmmusume


(↑クリックで拡大)

まー、うちの家族ってなんてシアワセhappy02heart01

(漢字間違ってるとか、この際気にしない気にしないsmile

2011年3月13日 (日)

地震を見て息子(小5)がマインドマップを。

今度は小5の息子がマインドマップ
(というかシンプルマップってやつ?)を描きました。
ペンの赤色は血や炎、青は水関係、茶色は地層、黒はその他、
として色分けしている、と説明してくれました。

寝室に火災報知機を設置しているのですが、
息子は、寝る前にそれが見えてしまい、
そのたびに地震や火事が起きたら……と考えてしまって
なかなか眠れないと言います。

昨夜は布団に入って1時間したころ
「眠れない」と起きてきました。

少しだけディズニーのDVDを見せ、
また一緒に二階へ行って布団に入り、
手をつないでやると10分もしないうちに寝入りました。

怖いとはいえ、こうやって普通に部屋で眠れることの
ありがたさが身にしみます。

Mmby_5

ところで先ほど、NZの地震救援で現地入りしている夫と
国際電話しました。

東北地震でめっきりNZの報道量が減ったと言いますと、
なるほどそれまでいた報道陣がすっかりいなくなった、とのこと。

せっかく夫から国際電話がかかってきているのに、
話す内容は東北地震、NZ地震のことばかり……
どちらにしても身内や知人が深刻な被害を受けたわけではないけれど、
夫の仕事に大きく関係がありますのでとても他人事とは思えません。
なんだか本当にやりきれない気持ちでいっぱいです。
自然相手だから仕方ないことなのかもしれませんが、
それにしても……ため息ばかりが出ます。

本当に、被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。
救助を待っておられる方は一刻も早く救助されますように。
被災地が一刻も早く復興されますように。

明日は月曜日、新しい週の始まり。
学校はいつも通りありますし、火曜日からは卒業式ラッシュ。
P会長の私は3日連続で式典に出席する予定です。
気持ちを切り替えていかなくちゃ。

地震を見て娘(小2)がマインドマップを。

こちらではありがたいことにいつも通りの生活。
でも被災地のことは気になって仕方なく、
TVをつけると何もできなくなります。
今朝はフィンランド在住の(日本人の)友達が
心配してメールをくれました。

昨日は私といっしょにずっとTVを見ていた娘。
寝る前に絵を描き始めました。
ショッキングな映像をたくさん見て、
その気持ちが出てるかもしれない、と思ったら……

確かに出てました。でも単なる絵ではなく、
マインドマップを描いていたのでした。
ビックリです。

Mmby_4

2010年8月 3日 (火)

マインドマップ、新聞作りで大活躍(小5)

昨日とけてしまった脳は少し回復したようですcoldsweats01

さきほど無事レッスンが終わりましたflair

  

さて息子(小5)の夏休みの宿題に新聞作りがあります。

テーマは自分で決めてよいらしく、息子はチャレンジ5年生の付録についてくる

顕微鏡を使って「ミクロの世界」にする、とずっと前から言っていました。

玉ねぎの薄皮を観察するのだそうです。

  

先日その顕微鏡が届き、一通り使った後、さっそく玉ねぎの薄皮を

プレパラートに挟んで観察を始めました。

(余談ながら、今の教材の付録ってすごい豪華!

毎回ビックリしますcoldsweats01

で、苦労して顕微画像の写真を撮り(なかなかピントが合わなくて大変でした)

一枚を用紙に貼り付けました。

ここまでは調子よく、張り切って進んだのですが、

ミクロ観察して写真を貼る以外、内容を考えていなかったらしく、

「何書こう~~~?」と、行き詰ってしまいましたcoldsweats01

  

私はここぞとばかり、

「マインドマップに書いてみたら?

いろんなアイディアが浮かんでくるかもよ♪」と言ってみました

でも息子は、そんなの手間がかかる、直接新聞に書き込んで

さっさと終わらせたいというのが本音。

予想通り「えー、マインドマップぅ……」としぶったので

私はそれ以上は言いませんでした。

  

しばらくたっても案が浮かんでこなかったみたい。

息子はちょっとイライラしながら

「やっぱり書くから手伝って」と。

「いいよ(だから言ったじゃ~ン♪)。じゃー真ん中にミクロって書いて……」

しぶしぶ書いたので字がミミズのようになってますねcoldsweats01

Photo

ホントはもっと絵を入れたり色を使ったりするのですが

しぶしぶ書いている息子にあれやこれや注文したら、

やめてしまうかもしれないのでそのあたりはスルーしました。

それでもこうやって書いていくと少しずつアイディアが出てきて

この次は手順もマインドマップに書いてみました。

Photo_2

とりあえずこれを土台にして書く項目を整理できたみたい。

観察(使用物、手順)、調べた内容、結果と三つの項目に分け、

思ったよりスムーズに文章化していきました。

でもマップがこれだけスカスカなので、内容もそれなりに簡潔で……coldsweats01

とはいえ、(親子バトルにならず)平和に仕上げることができたので良かったです。

Photo_3

  

  

2010年5月22日 (土)

マインドマップのすごさを実感!

マインドマップを使いこなせるようになりたくて

本を読んだり基礎講座を受けたりしましたが

イマイチ使い道を見つけられず、熱が冷めかけていました。

だけどPTA本部に入って、今はマインドマップなしには

やっていけない状況になってます^^;

きっと、いっぺんに何種類もの情報を整理して把握しなくちゃいけない場合に

こういう思考法は役に立つのでしょうね。

  

幼稚園のPTA本部のときは、マインドマップを知らず、

スケジュール帳や普通のノートにいろいろ書き込んだものの

全体の動きを把握しきれなくてすごく大変でした。

そのときに比べたら、今はだいぶちゃんと情報整理ができている気がします^^

  

Mindmap

  

イラストは少ないし、セントラルイメージも文字だけの

超手抜きマインドマップ(もどき)ですが、十分に助かっています。

どこに何を書いたかすぐ発見できるし、情報の追加も簡単だし。

昨日のミーティングでは本部仲間の人に

「いつもノート見てすごいと思ってたんだ~、分かりやすくて良さそう」と

言ってもらえました(^^)

ウレシイな~♪

  

いつか、ミーティングの場で模造紙広げて書き込みながら

話し合いをやってみたいな。

そうしたらみんなの共通理解が早まるし確実になるし。

今はまだ、そんな奇をてらうような(?)ことをする

勇気はないのだけど。

  

2010年4月27日 (火)

久々のマインドマップ。今年はPTAで使えるかな?

昨日は午前中、PTA部屋の掃除をしに行ってきました。

本部役員「候補」全員と、校長・教頭先生、ほかの先生も一緒に

今まであまり使っていなかった部屋をキレイにして模様替えまでしてしまいました。

おかげで、今までの「作業部屋」がすっかりりっぱな会議室にshine

ビフォー&アフターの写真撮っておけばよかった!

  

で、うちの学校の総会は来月半ばなので、これからは

それに向けて動かねばなりません。

校長先生からその段取りと、すべきことの大まかなスケジュールを聞くと、

急にせわしなくなってきました。

専門委員の決め事や委任状など、書記(候補)の方には早くも本格的な仕事が。

なんだか、短期間にやることがドバっときた感じがして

漠然と不安を感じたので、マインドマップにまとめてみました。

毎回のことながら、イラストをうまく描き入れられない^^;

でも描いてみて、さほど不安に思う必要もなさそうと分かり、ホッとしましたconfident

Photo_3

マインドマップは、これまで親子セミナー1回、基礎講座1回参加して

あとは独学で本を読んで一人でボソボソ描いていたのですが

(それさえも最近はとんとごぶさたで^^;)

今まで必要性をさほど感じず……というか生かし切れていませんでした。

でも今年はPTAで結構使えそうな予感。楽しみですhappy01

  

急に思い立って、無料ソフトでも描いてみました。

こちらは次回みなさんに配布する資料の下書きとして。

Photo_4

2010年2月20日 (土)

子どものマインドマップと即興スピーチ

またしてもパパのいない週末。

子どもたちはTV時間もきちんと守っていて、退屈気味。

なのでお使いに行ってもらうことにしました。

自転車で5分ほどのところにライフというスーパーがあるので

そこに二人に行くように言いました。

帰ってきて、「おつかい」についてマインドマップを描いてもらい、

それをもとに、ほぼ即興スピーチ。

マインドマップを見ながら一度練習した後、録音してみました。

よろしかったら聞いてやってください。

娘はお兄ちゃんのをお手本にしゃべってます。

よい退屈しのぎになりましたhappy01

  

(息子のマインドマップ)

Photo_3


[VOON] ゆうくん

  

(娘のマインドマップ)

Photo_4


[VOON] ゆづぴ

  

2009年9月24日 (木)

さらば、ダラダラよ!

やっと終わった、シルバーウィーク!

最初の二日は旅行で充実してたけど

あとの三日はひどかった!

特に昨日はダラダラのしっぱなしで体がだるくて

些細なことにイライラしたほど。

ならシャキッとすればいいのに、頭で分かってるのに

なかなか動けない。つーか動かない。

なんなんだこれは!!

 

……ということで、やっと連休も終わったことだし、

今日からはちゃんとしますよ!

夕べ寝る前に、今日の予定をマインドマップにしました。

ちゃんと5時に起きて今のところ予定どおりに進んでいます。

昨日までのだらだらよ、サヨウナラ!

mindmapsmall.jpg




2009年5月30日 (土)

MindMap: 読書へのアニマシオン for my lesson

アニマシオンって聞いたことありますか?

スペイン語で「活性化すること」という意味らしいですが、

スペインで生まれた読書教育法を

「読書へのアニマシオン」と言うそうです。

 

ウチの英語レッスンでは絵本も使っているのですが

使い方がワンパターンになってきて

もっと上手に絵本を活用するアイディアがほしいなぁと思っていました。

 

そんなとき、アニマシオン入門書ともいえそうな

ちょうど良い本を図書館で見つけ、借りてきたのです。

 

アニマシオン本.jpg

子どもと楽しく遊ぼう 読書へのアニマシオン―おすすめ事例と指導のコツ

 

分かったことをざっと説明すると、

教室では先生はアニマドールという役割を担い、

教えるというより絵本の世界に子どもたちをいざない、

子どもたちが存分に絵本を楽しめるよう、

そして能力を十分に伸ばせるようお手伝いをします。

具体的にどのように手伝うかは、

「作戦」と呼ばれる75個(!)のアイディアを使ってやります。

 

75個もあっても、どれを使ったらいいのかかえって混乱しますが、

この本で紹介しているアディアは27個。

多すぎず少なすぎず、子どもの該当年齢も示されているので

私にはとても参考になりました。

アニマシオン.jpg

27個に絞られているとはいえ、学習目標がまるでバラバラだとやっぱり混乱します。

でもマインドマップにまとめていくうちに、(選書の注意点に合わせて)

「聞くことに集中する」「登場人物に注目」「あらすじを追う」の

三つの目標に分けられました。

各アイディアはこのどれかに入るので、意外と頭の中で整理できます。

 

例えば「聞くことに集中する」ための読書なら

読み聞かせた後に、語句をわざと違えて再度読み聞かせ、

間違いを指摘してもらいます。

 

応用として、いくつかの文の一部をわざと違う言葉に変えてカードに書き、

子どもに配って音読させ、間違いに気づいてもらうというやり方もあります。

これだとかなり子どもが主体になれそう。

 

物語のあらすじを追うのなら、数枚のカードに文章を書き写し、

子どもにカードを配って順番に並べてもらうという方法もあります。

 

このアニマシオンの方法は母国語の本を読むことを

前提にしていると思うのですが、

アイディアによっては英語レッスンにも取り入れられます。

本に紹介されている方法を忠実にやるのは面倒な面もあると思うので、

自分なりに簡単にアレンジしてやるつもりです^^

 

 




2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ